宮本から君へ

劇場公開日

宮本から君へ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

テレビドラマ化もされた新井英樹の人気漫画を池松壮亮主演、 ヒロイン役を蒼井優のキャストで実写映画化。「ディストラクションベイビーズ」の真利子哲也監督がメガホンをとった。超不器用人間ながら誰よりも正義感の強い宮本浩は、文具メーカーで営業マンとして働いていた。会社の先輩である神保の仕事仲間、中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅に招かれるが、そこに靖子の元彼である裕二がやってくる。靖子は裕二を拒むために宮本と寝たことを伝えるが、激怒した裕二は靖子に手を挙げてしまう。そんな裕二に、宮本は「この女は俺が守る」と言い放ったことをきっかけに、宮本と靖子は心から結ばれるが……。宮本役を池松、靖子役を蒼井、神保役を松山ケンイチらドラマ版のキャストが顔をそろえるほか、裕二役を井浦新が演じる。

2019年製作/129分/R15+/日本
配給:スターサンズ、KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

映画レビュー

5.02人のあいは永遠に不滅です!

ガーコさん
2019年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

興奮

いや〜。
久しぶりに、映画観で大笑いしてしまった(笑)

多分一生忘れられない映画に出会ってしまったと思う(*^ω^*)

もう、全てがぶっ飛びすぎて、収集がつかない。

とにかく、池松壮亮さんが凄すぎ!!!!

血みどろで、顔面ボコボコでみているだけで痛々しいそのお姿。
それでも、何度でも立ち上がって、彼女のために戦いを挑む!
その男気に惚れました(*^ω^*)

こんな一生懸命な男、そうそういないんじゃないかしら?

始めはひ弱そうで、ぶつかったらヨロヨロと倒れてしまうんじゃないかと思うくらいひ弱だったけど…。
宮本が出会うクレイジーすぎる男たちのおかげ?で、どんどん宮本自身が変わっていく。

1人の女を守るためなら、どんなことだってやってやる!

その男気に私の心は持っていかれました!

前歯を3本折ってしまった時は、一体どうなることやらと凄く不安だったけど…。

前歯なんて物ともせず、愛する彼女のために、行動するところが凄い!

体格差がありすぎると分かっているのに、どこまでも好き進んでゆく姿…。

そのバイタリティはどこから湧いてくるのか?

そして、池松壮亮さんは、本当に前歯を折ってしまったのか?

映像で見る限り、前歯折ったんじゃないか説が浮上する…!
これからの演技に支障はないかしら?
凄く不安ばかりが募りますが、この映画の演技を見る限り、ここまでやることに意義はあったと思う!

それくらい完成度の高い作品でした。

対する蒼井優さん✨✨✨

宮本ー!!

み、や、も、と〜〜!!!!

と、戦力全身で叫ぶ蒼井優さん。

彼女の笑顔も泣き顔も怒り顔も全てが、演技を超えた、別の次元の神がかった世界を映し出していました!

彼女はもう、靖子そのもの。

靖子が蒼井優に取り付いたかのように、靖子になりきっていました。

中でも、宮本に対する鬼のような形相が頭から離れない…。

心の底から彼を憎むその表情!

観ているこっちもビビるという、恐悦至極の世界でした…。

この顔は、蒼井優さんじゃないと絶対できないと思いました。

叫び、転び、投げ捨て、全身全霊でこの真利子という役に挑んだ蒼井優さんに拍手!

山ちゃんとのラブラブな姿が嘘のような、殺伐とした世界を見事に感じさせてくれました!

そして、この映画の見所は何と言っても、ラストの乱闘シーン…。
詳しく書けないのがもどかしいけれど、とにかくラストのマンションでの乱闘が凄すぎ(笑)

笑っちゃいけないと思いつつ、笑ってしまった自分は一体なんなんでしょう(^^)

そして、乱闘、格闘といい、血みどろの連続だったこの映画は、好き嫌いがすごく別れそう…!

私はすごく好きですが、かなり癖の強い作品なので好き嫌いが分かれそう…。

あっという間に観終わることは必須ですが、観終わった後の後味が人によって違うんじゃないかなと思います。

こうやってみると、かなりのバイオレンス映画のように感じますが、たくさんの愛が感じられたことも事実。

宮本から靖子へ、そのたくさんの愛を受け止められるのは真利子しかいない!
2人の愛は永遠に不滅だと確信したラストでした(*^ω^*)

この興奮を感じたい人は是非映画館へ!

観終わった後、
最高!
と思える人が沢山いることを願います(笑)

そして、そして、最後に、またまたサプライズ✨✨✨✨

映画鑑賞後に豪華なキャストの方々がロビーに駆けつけて下さいました(*^ω^*)

なんと言っても!
池松壮亮さん!

池松壮亮さんに、間近で会える機会があるなんて感激!

彼が記念のプレゼントを手渡ししてくれた瞬間は、天にも登る気持ちでした(^^)
本当に心の底から感謝感激!

その他にも、一ノ瀬ワタルさん、古舘 寛治さん、ほっしゃんさんなどなど、とにかく豪華なキャストのお出迎えに、発狂しそうになったほど(^^)

しかも、一ノ瀬ワタルさんと握手出来るなんて…!

今日という日の思い出は一生消えることなる残る…。
夢にも出てきそうなほどの幸せです。

このサプライズは大切に心にしまっておきます(^^)

いつもいつも、素敵な試写会をありがとうございました(*^ω^*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

5.0熱い!エネルギッシュで情熱的…満足度100%!!!

minaizuさん
2019年9月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

一足お先に舞台挨拶付きの上映会で鑑賞してきました。
「宮本から君へ」今まで漫画もドラマも一切見たことなく、特報と公式サイトでの情報のみでの鑑賞で、男性誌だし、熱苦しそうだし、ストーリー知らないのに入っていけるかな?共感出来るのかな?

と思ってて、友人に声掛けてもらって上映会に行くまで、最初不安でしたが、いざ始まると非常に分かりやすく、入りやすく宮本と靖子の現在と過去を振り返っていくストーリー展開から始まります。映画だから変えるでなく、漫画に忠実に合わせるような作りなんでしょう。

実直な感想。
宮本が不器用だけど自分に素直で熱くて必死に生きてるざまが清々しい!!
同じ様にそう出来たらと思っている人は世の中にたくさんいても中々この人のような生き方って難しい。靖子がいい子過ぎて、でも上手くいかなくて…そこが悔しいくらい可哀そうなんだけど、一生懸命で二人の熱いぶつかり合い引力を感じました。

また池松壮亮くん&蒼井優さんの演技力が半端なく、顔の表情一つや声のトーンもふり幅が広く、色々な「二人の顔」を見せてもらえて最後までハラハラでした。ため息が出るほど、この二人の演技と存在感がすごいしスクリーンに映える。

そうだ「映画ってこういうものだよね!」と改めて実感させてもらえた。
確かに胸に突き刺さるような衝撃と暴力シーン、レイプシーン、危険なシーンなどショックで観るのが辛くなる場面もあるし、色々と問題作ではありますが…でも、それを吹っ飛ばすくらいエネルギッシュに熱く好演する助演の俳優さんたちの演技も圧巻でした!

ハラハラしながら最後の宮本の言葉に胸が熱くなってボロボロ泣きまくる自分。。
エレファントさんの歌もこの映画にすごい合ってて、今もメロディーが流れるだけで「宮本から君へ」の内容を思い出すかのように胸アツになる。

もしかしたら賛否はある映画なのかもしれないけど、私はしばらく余韻に浸りたくなるくらい、2~3日頭に残るくらい素晴らしい映画だなと思えたので一回でもいいので見てとお薦めしたい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
minaizu

5.0熱量

まつこさん
2019年8月22日
iPhoneアプリから投稿

濃厚というか重いというか重厚というか…
熱量はとにかく凄かった。こないだ観た私の大好きな某監督のCGアニメーション映画を観るのに使った熱量が5だとしたら、宮本から君へには150ぐらいの熱量を使って観てしまった。観てる最中、そんなに力使って観たら明日に響くよ!!!まだ平日やで!!!ここは平日前の夜の新宿やで!!!と…いつもの私が平日前夜に映画を観るとしたら明日の事を考えちゃう自分が出て来ちゃうけど、そんな余裕すらない映画でした。疲れた…疲労困憊満身創痍…
しかしそれすら爽快に感じてしまうくらい偉大な物凄映画でした。面白い映画という感想は何か違うんだけど、久々に「映画」!!!!っていう映画観たなーと感じました。何回か堪え切れなくて叫びそうになったけど…堪えた笑。途中頭痛くて嘔吐しそうになったけど。
問題作だよね…問題作だし確実にトラウマ映画だけど、映画っつー世界というか媒体はそのための映画だから、誰かが文句や避難を言ってたとしても、私は肯定したいよこの作品を。
この年齢で、ここまでの人生で培われた(主に映画という)経験から作られた自分の脳みそがあったからこそこの映画を好きな作品のカテゴリーに入れられるし肯定出来たんだ。私は自分の事、嫌いな部分の方が多過ぎて自虐が多くて「なんで私はこんな人間になっちまったんだー馬鹿野郎ーー!」と思う事が沢山あるんだけど、映画を観て「この映画が大好きだ!」って思った瞬間は、この映画の良さを見出だせて好きと思えた自分がいる事が誇りに思えるわけで…。言ってる意味がよく分からねーよ馬鹿野郎!と思うかもしれませんが、とにかく「宮本から君へ」を観て、この映画が好き、と思える人間になって良かったなと思ってしまうんです。
でも内容を思い出すと本当に辛いです。心に深い傷を負いました。蒼井優演じる中野靖子が本当に人間として素敵な女。だからこそ、という言い方は少し間違っているけど、深い傷負いました。内容が辛過ぎるのに人が魅力的だから余計に辛い…。この映画を観れた事が幸せなのに、思い出したくない。でも良い映画。矛盾ですね。
内容に関しては一旦置いておいて、ドラマ版より遥かに良かったです。真利子監督はドラマよりも映画が絶対に向いてます。「ディストラクションベイビーズ」もまぁ面白かったけど、その50倍ぐらい「宮本から君へ」は良かった。主題歌を歌うエレカシ・宮本さんはマジくそ最高過ぎて言葉を失います。「宮本から君へ」とエレカシと宮本さんは熱量がとても似ていると思いました。
あと、心に残る「好きだな」ポイントは、靖子が呼ぶ「宮本!」という声。何度も何度も色んなシーンで靖子は「宮本」と宮本のことを呼ぶけど、すんごく心地が良い。役柄的な部分もあるし、蒼井優の声質や人間性もそうさせると思いました。「彼女がその名を知らない鳥たち」の時の阿部サダヲを呼ぶ蒼井優の声もとても印象的だったのでそれと酷似した魅力です。結婚してもまだ尚「宮本」と宮本のことを呼ぶ靖子はとても愛おしいです。
最高の作品でした。感動したのかなんかよく分からん涙が最後止まらなくなったよ。

そして、公開するまで色々、本当に色々あっただろうけど、この映画が公開されて本当に良かった。日本映画界にはこんな熱量の映画が必要だから、良かったよ。うんうん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
まつこ
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る