劇場公開日 2019年9月27日

  • 予告編を見る

宮本から君へのレビュー・感想・評価

4.0164
43%
42%
11%
1%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全164件中、1~20件目を表示

4.0蒼井優、熱演❗️目が離せませんでした。

tunaさん
2020年10月16日
iPhoneアプリから投稿

蒼井優、熱演❗️目が離せませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tuna

4.5オレがついてるから

2020年10月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ムチャクチャな奴で、
絶対に肯定しちゃいけないけど、
心の中では"負けんな、宮本!!!"って応援してしまう。
僕はここまで命がけの決意を持って父親になれてはいない。
ムチャクチャだけど尊敬する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
上みちる

4.02人が凄すぎる!

2020年10月12日
iPhoneアプリから投稿

 ストーリーは熱すぎてちょっと引いてしまう所もある💦宮本の会社にユウジが来て大声で怒鳴りあったり、靖子の会社に乗り込んで「結婚しよう」の挙句大喧嘩。ドラマだなぁ、というか漫画だなぁの展開で、実際そんなことはいい大人はしないだろうなぁ🤔
 靖子が布団を部屋から投げ捨てるところは理解不能だし、初対面の異性をたとえ送ってくれたからとはいえ、彼氏が一緒とはいえ、部屋に入れてはいけない、あんな結果になったのは気の毒だし、男が悪いんだが、靖子にもスキがある。自分の彼女が襲われてるのに酔っ払って寝ている男もどうしようもないが😫
 と、性格激しすぎ人物達の話には少しついていけないところはあるが、池松壮亮と蒼井優の2人はホントに凄いっ❗️蒼井優はこういう喜怒哀楽の激しい役がとても上手い。池松壮亮はボソボソ話す役が多い気もするけど、今回みたいな感情を露わにする役までなんでも出来る、凄い役者だ‼️
 非常階段のケンカのシーンも、弱い者が必死に立ち向かうリアル感が生々しく、痛々しい。ラグビー🏉のユニフォーム姿で全力疾走で殴られて倒れる場面も、池松壮亮が演ったんだろうけど、まさに体当たりの演技だ、痛そ〜😖
 池松壮亮と蒼井優の熱演に星4つ⭐️⭐️⭐️⭐️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
アンディぴっと

5.0言葉で表現するのが難しい、愛情激励!

井上弘さん
2020年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

漢の愛情表現力の塊。
今時の恋愛映画を期待する人には向かない、昭和な任侠劇でした。

演出がとにかくリアル!
熱い情熱とはこう言う事とかと関心させられ、久々に感動した邦画!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
井上弘

3.0若い男子向けかな。

fukui42さん
2020年10月1日
iPhoneアプリから投稿

評判を聞いて見たのですが。

アラフィフおばちゃんの私には、熱量に圧倒されっぱなしで。
暴力シーンや大出血状態が、苦痛でした(ごめんなさい)。

時間軸が入り組むところは、歯があるか・髪が短いかで判断できたのがわかりやすく。
「こんな小柄な主人公が、どうやって立ち向かっていくのか」
っていうところは、ハラハラしました。

「宮本といえば、エレカシ宮本さんでしょ」と勝手に思ってたら、あら!って。
退屈ではなかったです。あっという間。

「池松くんが出てるから」っていう気持ちで見ようと思う女子。
覚悟してから見てください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
fukui42

1.0重すぎる

2020年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

トラウマになるので見なければ良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ボケ山田ひろし

4.5君は僕が守る

2020年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

宮本(池松壮亮)は先輩から紹介された彼女(蒼井優)と付き合っていた。
彼女のアパートにいるときに男が訪ねてくるが、宮本は彼女は守る、と啖呵を切る。
取引先との宴席に彼女を連れて参加するが飲み過ぎて泥酔、その後悲劇が起きる。
主人公以外も存在感が強く、役者の真剣勝負を観ている感じ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

4.0引っ張っていかれました。

mistyさん
2020年8月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最後までグイグイ引っ張っていかれました。話もさることながら、池松、蒼井両名の演技、熱量が半端なかったです。なんの前知識もなく見ましたが、見てよかった映画の一つになりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
misty

4.5池松壮亮も蒼井優も素晴らしく 演技というよりもはや憑依。 男性には...

せーじさん
2020年8月11日
iPhoneアプリから投稿

池松壮亮も蒼井優も素晴らしく
演技というよりもはや憑依。
男性には是非観てほしい作品。
熱量が半端ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
せーじ

4.0宮本すごい

りやのさん
2020年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

蒼井優を守る池松壮亮の演技が素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りやの

3.0鈍感な「男性の脳内お花畑」みたいなお話。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

女性は、男たちとはまったく異なる視界を持っていることに気づかない、男性側の鈍感さ。

そのような男たちの考える(空想する)、一方的な「男の考える純愛の形」の押しつけが、この映画の真骨頂なのかも知れません。

情夫と手を切りたくても完全には切れずにいる、だらしなくも情けないヒロイン靖子と知り合った宮本は、この女を守ろうと考えるようになります。

ですが、靖子は宮本の仕事先に呼び出されたことをきっかけとして、宮本の目前で強カン野郎に犯されます。必死で助けを呼んでも、宮本は深酒で酔い潰れ、ピクリとも動きません。
何が「守る」だよ、と靖子は宮本を憎みます。
しかし、ここからが空想ファンタジーの真骨頂なのですが、靖子は仕返しなど求めてもいないのに、宮本は勝手に仕返しをしようと暴走するのです。

強カン魔はゴリラのような巨大な男。
当然ながら返り討ちに遭い、一方的にボッコボコにされ続け、それでも闘いを諦めない宮本。
はたして彼女は彼を愛するようになるのでしょうか……ってな感じの、100%男性視線の男性向けお花畑ファンタジーというべき作品でした。

漫画版の「宮本から君へ」は、話が重過ぎ、展開がノロ過ぎて、私はほとんど読まずに(読めずに)放置していました。
しかし、ストーリー展開に何カ月も掛かる「連載漫画の最大の弱点」も、2時間に凝縮して表現すれば、それなりに熱を帯びたお話として成立するのだな、という点には感心しました。
俳優たちの熱演も、評価できる点でしょう。

というわけで、ふたたび元号も変わり、時代が一回転し、好景気の終わりと絶望の始まりを人々が予期しはじめた「今」という時代にふさわしい作品だとは、思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
お水汲み当番

3.0熱すぎると笑いになるときがある

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

熱い若手サラリーマンが、取引先の女性に恋をする。元彼や屈強なラガーマンから彼女を守り、復讐すべくケンカをする。

熱いエネルギーをほとばしる演技で、演劇的な熱量の感じる映画。弱い男がどうやって強い男に立ち向かうかのスリルにも思える。

池松壮亮、蒼井優の熱量ある演技は引き込まれる。熱すぎると逆に笑いになる場合もあるが、ギリギリだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
菜野 灯

3.0演出が違ったら良かったかも

2020年7月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

興奮

役者さんは申し分ない作品でした。池松壮亮君のご飯食べながら飛ばしながらのセリフ言いは凄く何事にも全身全霊がわかります。蒼井優ちゃんもレイプシーンは声はリアルでした。(怒りの広瀬すずよりは見やすかったかな)他のシーンも全身全霊でした。後は回想と現代が分かりにくいかったですね。あと何気に長く分かりにくかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョバンニ

4.0お酒の飲み過ぎには気をつけて

masamiさん
2020年5月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

皆様、いつもこんな馬鹿なレビューを読んで頂きありがとうございます。さてまた全然関係ない話しから始めます。

私だけではないでしょうが在宅の時間が大幅に増えた今日この頃で御座います。TVを付けると大抵新型コロナウイルスのニュースです。バラエティはSPとか総集編って言ってますけど簡単に言うと・・・

再放送じゃねえか❗️馬鹿野郎❗️

それでDVD視聴となる訳ですが基本的に日本映画の新作か準新作からチョイスします。洋画だったら吹き替えがあるやつ。

さて映画を観ながらは私は必ずお酒を飲みます。寝落ちしてもOK.。緊張感はゼロ。一人飲みなのに翌日は二日酔い。馬鹿だね〜

お銚子が空になると覗いて、お姉さんもう一本つけて。

寅さんかよ❗️

さて相変わらず毒にも薬にもならない枕が終わりました。もうこの先は読まないでも良いですよ。大したことないですからね。

文具メーカーで働く宮本(池松壮亮)は先輩の仕事仲間の中野靖子と恋に落ちます。しかし靖子は元彼の風間(井浦新)にストーカー行為を受けていたのでした。なんとか風間は撃退したのですが、ある夜衝撃のある事件が起こります。先輩(ピエール瀧)の息子拓馬が信じられない行動に出たのです。

その時、宮本の馬鹿は寝ていやがる。大体てめえは飲み過ぎなんだよ。いい加減にしろ!
すいません。腹が立って言葉が汚くなりました。
まず警察だろ。フツーは。との考えは飲み込みます。フィクションだしね。

かくして宮本は怨敵、拓馬にタイマンを挑みます。いやいや体格差があり過ぎだよ。いわばアリと・・・

キリギリス!

例えの方向性が違うだろ❗️

じゃあアリ対・・・猪木!

異種格闘技戦になってるだろ‼️

大変失礼致しました。舞の海と曙の取り組みでしょうか?当時の体重差、実に101キロです。ボクシングや柔道と違って大相撲はどんなに体重差があっても関係ありません。しかし!しかしです。なんと舞の海は曙に勝った事があります。

青汁を飲んでるからだろ!(乳酸菌入り)

青汁は関係ないよ❗️

閑話休題、宮本は真っ向勝負を挑んで惨敗します。そりゃそうだ。警察に・・・いやもっと正々堂々と卑劣になれ!例えば背後からバットで殴るとか、石を投げるとか、お金に困ってそうな貴闘力に頼むとか・・・

かくして宮本は惨敗です。前歯も3本折られました。しかし宮本は漢(おとこ)だった。それでも憎っくき拓馬に闘いを挑みます。そして・・・

拓馬役の一ノ瀬ワタルは元格闘家の上、体重を33キロ増やしました。役作りとは言え凄いですね。稀に見る憎まれ役。嫌われ役。いやはや役者だね。役者だけど。

好き嫌いが分かれる映画でしょう。でも熱量は有ります。

エンディングに宮本浩次の歌が流れます。

Do you remember?
きみが好きな歌を まちを 空を
そして 明日をいま
俺が全て引き受けよう

私の胸に刺さりました。宮本から君へ

文字通り❗️

読んで頂きありがとうございました。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 19 件)
masami

5.0良い意味で疲れる映画だった。様々な感情が湧いてきたけど、どこにぶつ...

rrringo0さん
2020年5月3日
iPhoneアプリから投稿

良い意味で疲れる映画だった。様々な感情が湧いてきたけど、どこにぶつければ良いのか分からず、とにかくずっと泣いてた。

観終わったあと、びっしょり汗をかいていて、こんなにも熱を沸かせるんだなと。ストーリーもそうだけど、役者たちの素晴らしい演技。

エンディングの最後「いききっちゃうんだ」のメッセージ入れるところ、最後まで抜かりない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
rrringo0

4.5熱量120%の演技

2020年4月27日
PCから投稿

原作未読で鑑賞。
池松壮亮さんと蒼井優さんが主演という事で間違いないと思って観たら想像以上だった。
お二人とも役者という仕事が天職だ!!と思った。
これだけ生きる事に一生懸命で、人前で自分の感情を表現する事を恐れない主人公達の人生は自分よりもウンと濃いんだろうな…と羨ましくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
フラニー

4.5生きるって難しい

ペキさん
2020年4月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

ホリエモンがこの映画を面白いって言っていたので気になってみた。内容はある程度知った上で観たのだが、最後までストーリーにのめり込んでしまった。
宮本はの不器用ながらも泥臭く生きていく姿を見て、自分はどーなんだ、どういう生き方するんだって思わせられた。。。
自分ならどうする?ともう一度思いながら観たい。
忘れかけていたあつい思いを思い返させてくれる映画。

また役者が本当にいい味を出していて、ピエール瀧や佐藤二郎という脇役まで、キャスティングが素晴らしかった。

こんな映画に出会わせてくれたホリエモンに感謝です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ペキ

4.0パワーがいる

M hobbyさん
2020年4月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

知的

ど素人が言うのも何ですが、蒼井優という女優さんの演技がますます好きになり、女優というお仕事をただただすごいなーと思いました。

観ている最中は何度も目を背けたくなるシーンがありました。もう生半可な気持ちでみたらあかん映画でしたね。

とにかく重いーけど、みたいー。作品でした。
最後のエレカシの宮本さんの声を聞いて涙がでました。

とにかくエネルギーのぶつかり合いです。
鑑賞するにはこちらもなかなかのエネルギーが必要ですが、観て損はありませんよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
M hobby

3.5ヘタレ男の妄想

2020年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作もテレビドラマも未見です。
千鳥の漫才ではないが“クセが強い”映画でしたね~。まあ、好きな人と嫌いな人と両極に分かれるタイプの作品であると思います。昔なら、ヤクザ映画やチンピラ、不良映画によくあるストーリーの様な感じでしたが、サラリーマンの設定というのが異色ですね。
この作品『ディストラクション・ベイビーズ』の監督だと知り、然もありなんという感じです。
人間って色々な“妄想”するタイプがいますが、妄想の定番中の定番は“恋愛妄想”でこれは男女共にあると思いますが、男(私)の場合“喧嘩妄想”というがあると思うのです。これは喧嘩に自信が有る無し関係なく、武井壮の“百獣の王妄想”に非常に似た、絶対強者ともし闘わなければならなくなった状況下での戦闘シミュレーションを事細かに立ててしまう妄想です。自分がプロレスラーや相撲取りやヤクザなどと、もし闘わなければならない状況になった場合どのように相対するか?という想定で、男なら一度や二度は妄想したことや悪夢として夢見たことがあるように思うのですが、この監督もこの妄想癖がかなり強いタイプの様に感じられました。
私はこの物語の登場人物全員が基本的に苦手なんですが、唯一、この監督のネチネチとした弱者の強がり的なこだわりに対しては自分の中にも少し感じられて、突き放して見ることが出来ませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
シューテツ

3.5ドラマから一転

いつこさん
2020年4月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

話の内容もガラリと変わり、ラブストーリーに。暴力シーンもふんだんに。この2人が主役になるとほんと違う物語みたいだな。宮本は相変わらずだけど。ほんと何にでも全力で、暑苦しくて、めんどくさくて、イライラする。恋をするにも、セックスするにも、会話するにも、喧嘩するにも、一生懸命。いそうでいない。仇討ちを果たした相手を2ケツで連れてくるのにはうけた笑 宮本らしい。宮本を受け止められるのはやすこだけだろう。生まれて来た子供がどっちの子でもいい。幸せになってほしい。
池松壮亮好きだけど、この役のために本当に歯をなくしたとか。凄いけど、そこまでするかと、どちらかというとちょっと引きました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
いつこ
「宮本から君へ」の作品トップへ