劇場公開日 2019年9月27日

  • 予告編を見る

宮本から君へのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全2件を表示

5.0熱い!エネルギッシュで情熱的…満足度100%!!!

minaizuさん
2019年9月16日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会、映画館

一足お先に舞台挨拶付きの上映会で鑑賞してきました。
「宮本から君へ」今まで漫画もドラマも一切見たことなく、特報と公式サイトでの情報のみでの鑑賞で、男性誌だし、熱苦しそうだし、ストーリー知らないのに入っていけるかな?共感出来るのかな?

と思ってて、友人に声掛けてもらって上映会に行くまで、最初不安でしたが、いざ始まると非常に分かりやすく、入りやすく宮本と靖子の現在と過去を振り返っていくストーリー展開から始まります。映画だから変えるでなく、漫画に忠実に合わせるような作りなんでしょう。

実直な感想。
宮本が不器用だけど自分に素直で熱くて必死に生きてるざまが清々しい!!
同じ様にそう出来たらと思っている人は世の中にたくさんいても中々この人のような生き方って難しい。靖子がいい子過ぎて、でも上手くいかなくて…そこが悔しいくらい可哀そうなんだけど、一生懸命で二人の熱いぶつかり合い引力を感じました。

また池松壮亮くん&蒼井優さんの演技力が半端なく、顔の表情一つや声のトーンもふり幅が広く、色々な「二人の顔」を見せてもらえて最後までハラハラでした。ため息が出るほど、この二人の演技と存在感がすごいしスクリーンに映える。

そうだ「映画ってこういうものだよね!」と改めて実感させてもらえた。
確かに胸に突き刺さるような衝撃と暴力シーン、レイプシーン、危険なシーンなどショックで観るのが辛くなる場面もあるし、色々と問題作ではありますが…でも、それを吹っ飛ばすくらいエネルギッシュに熱く好演する助演の俳優さんたちの演技も圧巻でした!

ハラハラしながら最後の宮本の言葉に胸が熱くなってボロボロ泣きまくる自分。。
エレファントさんの歌もこの映画にすごい合ってて、今もメロディーが流れるだけで「宮本から君へ」の内容を思い出すかのように胸アツになる。

もしかしたら賛否はある映画なのかもしれないけど、私はしばらく余韻に浸りたくなるくらい、2~3日頭に残るくらい素晴らしい映画だなと思えたので一回でもいいので見てとお薦めしたい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
minaizu

5.0熱量

まつこさん
2019年8月22日
iPhoneアプリから投稿

濃厚というか重いというか重厚というか…
熱量はとにかく凄かった。こないだ観た私の大好きな某監督のCGアニメーション映画を観るのに使った熱量が5だとしたら、宮本から君へには150ぐらいの熱量を使って観てしまった。観てる最中、そんなに力使って観たら明日に響くよ!!!まだ平日やで!!!ここは平日前の夜の新宿やで!!!と…いつもの私が平日前夜に映画を観るとしたら明日の事を考えちゃう自分が出て来ちゃうけど、そんな余裕すらない映画でした。疲れた…疲労困憊満身創痍…
しかしそれすら爽快に感じてしまうくらい偉大な物凄映画でした。面白い映画という感想は何か違うんだけど、久々に「映画」!!!!っていう映画観たなーと感じました。何回か堪え切れなくて叫びそうになったけど…堪えた笑。途中頭痛くて嘔吐しそうになったけど。
問題作だよね…問題作だし確実にトラウマ映画だけど、映画っつー世界というか媒体はそのための映画だから、誰かが文句や避難を言ってたとしても、私は肯定したいよこの作品を。
この年齢で、ここまでの人生で培われた(主に映画という)経験から作られた自分の脳みそがあったからこそこの映画を好きな作品のカテゴリーに入れられるし肯定出来たんだ。私は自分の事、嫌いな部分の方が多過ぎて自虐が多くて「なんで私はこんな人間になっちまったんだー馬鹿野郎ーー!」と思う事が沢山あるんだけど、映画を観て「この映画が大好きだ!」って思った瞬間は、この映画の良さを見出だせて好きと思えた自分がいる事が誇りに思えるわけで…。言ってる意味がよく分からねーよ馬鹿野郎!と思うかもしれませんが、とにかく「宮本から君へ」を観て、この映画が好き、と思える人間になって良かったなと思ってしまうんです。
でも内容を思い出すと本当に辛いです。心に深い傷を負いました。蒼井優演じる中野靖子が本当に人間として素敵な女。だからこそ、という言い方は少し間違っているけど、深い傷負いました。内容が辛過ぎるのに人が魅力的だから余計に辛い…。この映画を観れた事が幸せなのに、思い出したくない。でも良い映画。矛盾ですね。
内容に関しては一旦置いておいて、ドラマ版より遥かに良かったです。真利子監督はドラマよりも映画が絶対に向いてます。「ディストラクションベイビーズ」もまぁ面白かったけど、その50倍ぐらい「宮本から君へ」は良かった。主題歌を歌うエレカシ・宮本さんはマジくそ最高過ぎて言葉を失います。「宮本から君へ」とエレカシと宮本さんは熱量がとても似ていると思いました。
あと、心に残る「好きだな」ポイントは、靖子が呼ぶ「宮本!」という声。何度も何度も色んなシーンで靖子は「宮本」と宮本のことを呼ぶけど、すんごく心地が良い。役柄的な部分もあるし、蒼井優の声質や人間性もそうさせると思いました。「彼女がその名を知らない鳥たち」の時の阿部サダヲを呼ぶ蒼井優の声もとても印象的だったのでそれと酷似した魅力です。結婚してもまだ尚「宮本」と宮本のことを呼ぶ靖子はとても愛おしいです。
最高の作品でした。感動したのかなんかよく分からん涙が最後止まらなくなったよ。

そして、公開するまで色々、本当に色々あっただろうけど、この映画が公開されて本当に良かった。日本映画界にはこんな熱量の映画が必要だから、良かったよ。うんうん。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
まつこ
「宮本から君へ」の作品トップへ