ワイルドツアー

劇場公開日

  • 予告編を見る
ワイルドツアー
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「きみの鳥はうたえる」の三宅唱監督が、ほぼ演技経験のない10代の中高生たちとともに脚本や演出を考えながら撮影を重ねて完成させた青春映画。山口情報芸術センター「YCAM」が実施する映画制作プロジェクト「YCAM Film Factory」によって製作された。山口県山口市にあるアートセンターでおこなわれている「山口のDNA図鑑」というワークショップに進行役として参加している大学1年生の中園うめ。このワークショップでは、参加者が自分たちの暮らす街を歩きまわり、どんな植物が生えているのかを調べていき、採取した植物からDNAを抽出し図鑑を作成する。うめは中学3年生のタケとシュンとともに「新しい種」を求めて近くの森を探索していく。

2018年製作/67分/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

映画レビュー

5.0誰かが言ってた「きみの鳥はうたえる」の10代バージョン、という言葉

monさん
2019年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

中学生が見てきた
限られた世界の中で生まれる甘酸っぱい感情
それを観て自分もニヤニヤしながらも胸掻き毟られる感じ
『きみの鳥はうたえる』の時に感じた、鑑賞後のモヤっと胸締め付けられる感が残る感覚
そして『きみの鳥はうたえる』の時同様、
Hi'Specの心地良く漂う音楽
三宅唱監督の映像との相性も非常に心地良かった
確かにある意味、10代の『きみの鳥はうたえる』という表現は間違ってなかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mon
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「ワイルドツアー」以外にこんな作品をCheck-inしています。