アド・アストラ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アド・アストラ
7%
32%
38%
16%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラッド・ピット主演で、太陽系の遥か彼方で消息不明となった父親を捜しに旅立つ宇宙飛行士の姿を描いたSF大作。地球外生命体の探求に人生をささげ、宇宙で活躍する父の姿を見て育ったロイは、自身も宇宙で働く仕事を選ぶ。しかし、その父は地球外生命体の探索に旅立ってから16年後、地球から43億キロ離れた海王星付近で消息を絶ってしまう。時が流れ、エリート宇宙飛行士として活躍するロイに、軍上層部から「君の父親は生きている」という驚くべき事実がもたらされる。さらに、父が進めていた「リマ計画」が、太陽系を滅ぼしかねない危険なものであることがわかり、ロイは軍の依頼を受けて父を捜しに宇宙へと旅立つが……。主人公ロイをピット、父親であるクリフォードをトミー・リー・ジョーンズが演じた。リブ・タイラー、ルース・ネッガ、ドナルド・サザーランドが共演。監督は「エヴァの告白」のジェームズ・グレイ。

2019年製作/123分/G/アメリカ
原題:Ad Astra
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 ジェームズ・グレイ
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画レビュー

3.5広大で、同時にちっぽけな自分探しの旅

MPさん
2019年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

宇宙の彼方で消息を絶った父親を探すため、遙か彼方の海王星まで飛んでいく。それは、父の失踪以来、人間らしい感情が麻痺してしまった主人公の宇宙飛行士にとって、"自分探しの旅"と言えるもの。何と広大で、同時に、ちっぽけな話であることか!?だが、本作は描き尽くされ、開発し尽くされた宇宙映像に新たなアップデートを試みている。それは、映画の冒頭に訪れる。また、地球から月を経由し、さらに火星から海王星へと向かう宇宙旅行の楽しさは格別だ。まるで、旅客機での旅と見紛う笑える演出が途中に用意されているし、何よりも、俳優ブラッド・ピットが披露する、彼としては珍しい熱量のグラデーションが明確な演技が新鮮だ。昨今、俳優引退が囁かれるブラピだが、それを見ると、「今後も魅力的な企画があれば出演するつもり」という本人のコメントに嘘はないと思う。だが、勿論、それは「今後は必然的に俳優の仕事は減していく」(ニューヨーク・タイムズのインタビューで)というのと同義語。それでも、前作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ほどではないが"サービスショット"も少し用意されている。ここしばらくは、スター、ブラッド・ピットを堪能しようではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 14 件)
MP

4.0壮大な映像、シンプルな物語。科学的には微妙

AuVisさん
2019年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

監督が古代ギリシア叙事詩「オデュッセイア」やコンラッドの「闇の奥」(「地獄の黙示録」の原作)の影響を公言しているが、こうした情報がある種ミスリードとして機能することぐらいは触れてもいいだろう。月、火星を中継して太陽系の果ての海王星まで旅する映像は壮大でクオリティも見事だが、宇宙の真理や地球外生命の存在等、知的探求心が刺激される内容かどうかは観る人次第かも。

ハードSFを標榜するが、科学的正確さより娯楽性が重視された描写も。冒頭の宇宙アンテナは静止衛星と同様に衛星軌道上にあると思われるが、事故後にアンテナから離れたブラピや破片がすごい勢いで垂直に落下するのは変。また、大気のない宇宙空間で核爆発による“爆風”を航行の推進力に利用するというトンデモな場面もある。さらに、長期の宇宙飛行から地球に帰還した宇宙船と飛行士に、救助者が防護服なしに接近、素手で接触するのも雑だ(放射線等にさらされる)。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 29 件)
AuVis

0.5想像以上に淡々。宇宙の深淵への壮大な旅の行方。

2019年12月1日
PCから投稿

知的

難しい

寝られる

【賛否両論チェック】
賛:主人公の壮大な宇宙への旅の果てに待つ、家族や人生に対する哲学的な問いかけに、観ていて思わず考えさせられる。
否:展開は思った以上に淡々と進み、かつ哲学的なので、見方によっては非常に退屈してしまいそう。ラストも呆気ない感が否めない。

 なんというか、良くも悪くも非常に哲学的な作品といえるかも知れません。かつて宇宙の彼方へと消えた父を探し、途方もない旅へと出た主人公・ロイ。そんな彼が壮大な旅の果てに知る父の行方と真実に、家族や人生の目的といった深いテーマを考えさせられます。
 ただ「宇宙の果てへの旅」と聞いて想像するようなハラハラ要素はほとんどなく、ただただ淡々と旅が進んでいくので、冒険モノを期待して観てしまうと、メチャメチャ退屈してしまうと思います。
 どちらかというと人間ドラマというか、難しいテーマが好きな方向けの作品といえそうです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

1.5う〜ん…記憶に残らず…(´-`).。oO

雲呑さん
2019年11月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

結構最初の方は面白く期待させるものもあったんですが、物語が進むに連れてどんどん展開が雑になって最後の方は「ダメだな…この映画」という思いから感情移入も出来ず、残念です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
雲呑
すべての映画レビューを見る(全311件)