アド・アストラ

劇場公開日:

アド・アストラ

解説

ブラッド・ピット主演で、太陽系の遥か彼方で消息不明となった父親を捜しに旅立つ宇宙飛行士の姿を描いたSF大作。地球外生命体の探求に人生をささげ、宇宙で活躍する父の姿を見て育ったロイは、自身も宇宙で働く仕事を選ぶ。しかし、その父は地球外生命体の探索に旅立ってから16年後、地球から43億キロ離れた海王星付近で消息を絶ってしまう。時が流れ、エリート宇宙飛行士として活躍するロイに、軍上層部から「君の父親は生きている」という驚くべき事実がもたらされる。さらに、父が進めていた「リマ計画」が、太陽系を滅ぼしかねない危険なものであることがわかり、ロイは軍の依頼を受けて父を捜しに宇宙へと旅立つが……。主人公ロイをピット、父親であるクリフォードをトミー・リー・ジョーンズが演じた。リブ・タイラー、ルース・ネッガ、ドナルド・サザーランドが共演。監督は「エヴァの告白」のジェームズ・グレイ。

2019年製作/123分/G/アメリカ
原題:Ad Astra
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

ノミネート

録音賞  

第76回 ベネチア国際映画祭(2019年)

出品

コンペティション部門 出品作品 ジェームズ・グレイ
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画レビュー

4.0Dark SciFi Adventure

2020年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

Brad plays a brooding character on a deep solar system rescue mission. The film stands out for its pessimistic forecast of American-dominated human society based on the present era. It's a little more glum and believable than what we got in Blade Runner 2049. As a big budget space epic, it has a cartoon side with action and intensity--but there's enough Kubrick isolation to elevate your headspace.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Dan Knighton

3.5広大で、同時にちっぽけな自分探しの旅

2019年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

宇宙の彼方で消息を絶った父親を探すため、遙か彼方の海王星まで飛んでいく。それは、父の失踪以来、人間らしい感情が麻痺してしまった主人公の宇宙飛行士にとって、"自分探しの旅"と言えるもの。何と広大で、同時に、ちっぽけな話であることか!?だが、本作は描き尽くされ、開発し尽くされた宇宙映像に新たなアップデートを試みている。それは、映画の冒頭に訪れる。また、地球から月を経由し、さらに火星から海王星へと向かう宇宙旅行の楽しさは格別だ。まるで、旅客機での旅と見紛う笑える演出が途中に用意されているし、何よりも、俳優ブラッド・ピットが披露する、彼としては珍しい熱量のグラデーションが明確な演技が新鮮だ。昨今、俳優引退が囁かれるブラピだが、それを見ると、「今後も魅力的な企画があれば出演するつもり」という本人のコメントに嘘はないと思う。だが、勿論、それは「今後は必然的に俳優の仕事は減していく」(ニューヨーク・タイムズのインタビューで)というのと同義語。それでも、前作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ほどではないが"サービスショット"も少し用意されている。ここしばらくは、スター、ブラッド・ピットを堪能しようではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
清藤秀人

4.0壮大な映像、シンプルな物語。科学的には微妙

2019年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

監督が古代ギリシア叙事詩「オデュッセイア」やコンラッドの「闇の奥」(「地獄の黙示録」の原作)の影響を公言しているが、こうした情報がある種ミスリードとして機能することぐらいは触れてもいいだろう。月、火星を中継して太陽系の果ての海王星まで旅する映像は壮大でクオリティも見事だが、宇宙の真理や地球外生命の存在等、知的探求心が刺激される内容かどうかは観る人次第かも。

ハードSFを標榜するが、科学的正確さより娯楽性が重視された描写も。冒頭の宇宙アンテナは静止衛星と同様に衛星軌道上にあると思われるが、事故後にアンテナから離れたブラピや破片がすごい勢いで垂直に落下するのは変。また、大気のない宇宙空間で核爆発による“爆風”を航行の推進力に利用するというトンデモな場面もある。さらに、長期の宇宙飛行から地球に帰還した宇宙船と飛行士に、救助者が防護服なしに接近、素手で接触するのも雑だ(放射線等にさらされる)。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 33 件)
高森 郁哉

4.0宇宙を舞台にしたSF人間ドラマ

2022年9月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

SFスペースアクションだと思って鑑賞したが、全く違った雰囲気の作品だった。壮大な宇宙を舞台にして、仕事、家族、夫婦という普遍的なテーマが綴られていく。静かな雰囲気の大人向きの良作である。

本作の主人公は、凄腕宇宙飛行士・ロイ(ブラッド・ピット)。彼は、仕事のためなら家庭を顧みない仕事第一主義者である。そんな彼に特殊命令が下される。地球は地球外からと想定されるところからの攻撃で甚大な被害を受けており、その犯人を特定せよというもの。彼の父親クリフォード(トミー・リー・ジョーンズ)は、地球外生命体探索中、海王星で消息を絶っていた。彼は、様々な妨害に逢いながら、手掛かりと父親の行方を求めて、海王星を目指していくが・・・。

月、火星、海王星という壮大な宇宙を舞台にしているので、観客受けの良い派手な作品にすることは出来たはずだ。しかし、スピード感ある刺激的なシーンは控えめにし、敢えて派手さを求めないのが本作の特徴であり、作り手の揺るぎない自信を感じる。主人公の独白のようなナレーションを交えながら、物語は、夫婦、親子、仕事という普遍的なテーマを中心に展開されていく。シリアスな現代劇を観ているような雰囲気がある。

全体的には、台詞、ナレーションが多く、ストーリーの進行速度は遅い。緩慢な感は否めない。しかし、テーマを考えれば、丁寧で誤解を生まない正攻法のやり方であると感じた。その分、テーマに対する観客の理解度は深くなるだろうと納得できる。

序盤では、極めてクールだった主人公が、様々な出来事を通して、徐々に感情的になっていく。人間らしくなっていく。そんな主人公の心の変化をブラッド・ピットが好演している。そして、主人公は、今まで、仕事のために犠牲にしてきた夫婦愛、家族愛の大切さ、人間は一人では生きられないこと、に気付いていく。

本作は、主人公の人間としての原点回帰までを描いたSF人間ドラマである。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 11 件)
みかずき
すべての映画レビューを見る(全379件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る