きみと、波にのれたら

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
きみと、波にのれたら
きみと、波にのれたら
21%
37%
25%
10%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「夜明け告げるルーのうた」でアヌシー国際アニメーション映画祭の最高賞(クリスタル賞)、「夜は短し歩けよ乙女」で日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、手がける作品が続々と高い評価を受ける湯浅政明監督が、海辺の町を舞台に繰り広げられる青春ラブストーリーを描いたオリジナルの長編アニメーション映画。サーフィンが大好きで小さな港町に引っ越してきた向水ひな子は、町で起こった火事騒動をきっかけに消防士の雛罌粟港(ひなげし・みなと)と知り合い、恋に落ちる。2人は互いにかけがえのない存在になっていくが、ある時、海で溺れた人を助けようとした港が命を落とし、そのショックでひな子は、大好きだった海を見ることすらできなくなってしまう。そんなある日、ひな子が2人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。再び港と会えたことを喜ぶひな子だったが……。主人公・港の声を声優初挑戦の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、ひな子を川栄李奈が担当。脚本は「夜明け告げるルーのうた」「映画 聲の形」などを手がけた吉田玲子。

2019年製作/96分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
吉田玲子
製作
山口真
市川南
湯浅政明
弓矢政法
久保雅一
森田圭
渡辺章仁
企画
松崎容子
エグゼクティブプロデューサー
種田義彦
プロデューサー
岡安由夏
チェ・ウニョン
共同プロデューサー
小原一隆
塩入大介
キャラクターデザイン
小島崇史
総作画監督
小島崇史
フラッシュアニメーションチーフ
アベル・ゴンゴラ
美術監督
赤井文尚
色彩設計
中村絢郁
撮影監督
福士享
編集
廣瀬清志
音響演出
笠松広司
アフレコ演出
木村絵理子
音楽
大島ミチル
主題歌
GENERATIONS from EXILE TRIBE
アニメーション制作
サイエンスSARU
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

映画レビュー

3.0波の作画の魅力

2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

幸せ

『夜明け告げるルーのうた』で爽やかな青春映画に挑戦し、内容的には大きな成功を勝ち取った湯浅政明監督が、さらに間口の広い作品に挑戦した1本。湯浅監督の独特のアニメーションセンスはやや薄れているが、要所は抑えているし、女子大生の成長ストーリーとして良く描けている。『夜明け告げるルーのうた』でもこだわった水の表現は、今回も健在。サーファーの物語だけあって、多種多彩な波を描き分けており、その作画だけでも観るに値する価値がある。
終盤の展開はやや唐突すぎる印象はあるが、全体的には主人公のひな子の心の変化と成長が的確に捉えられており、吉田玲子の脚本はやはり流石だと思わせる。
シンプルなラブストーリーがやりたい、というのが監督の狙いで、明確に、今までよりも広い観客層を意識して作っているのは明らかだが、ややそれを狙いすぎたという感じはする。新海誠監督がやりたいことを貫いて、なお大ヒットにつなげているのとは対照的だ。十分面白いのだが、本音を言えばもっと監督の個性が強いものを観たいなとは思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

3.5絵が綺麗

りやのさん
2020年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

声優陣が若手俳優なのがすごい。
ストーリーも良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

2.5ストーリーは悪くないが…

漣音さん
2020年8月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーは悪くないが絵が雑!
少女漫画感丸出し。
個人的にはもう少しリアルよりの演出にして欲しかった。
性描写が小学生。
絵の雑っぷりは絵コンテかってほどの雑っぷりで
不人気タイムに流すガキ相手の3流漫画ならともかく
金取って映画館で上映するレベルじゃない。
こう感じるのは新海アニメに慣れちゃったせいだろうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
漣音

3.5歌から入り映画を観たくなった

2020年6月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

と思えばしょっぱなから歌、幸せそうな映像と共に劇中に主人公達2人でほぼフルコーラス歌い、やりすぎなくらい歌の印象付けてからの別れ、そしてもう1度の出会いも歌をきっかけにという所で少し納得出来た。
過去の繋がりがわかる港の家のシーンはグッときた。
純粋に夢を追いかけ叶えるなんて2人はすごい。
でもひな子が港にすがるのを辞めたきっかけがよくわからなかったし、わさびがひな子を好きってのも最後どーなってんの?や最後の消火のファンタジー感がちょっと萎えた。
まあトータルでいい映画だなとエンドロールの歌を聴きながら思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
24歳社会人
すべての映画レビューを見る(全149件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「きみと、波にのれたら」以外にこんな作品をCheck-inしています。