レッド・ブレイド

劇場公開日

レッド・ブレイド

解説

「冷たい熱帯魚」「ヒミズ」の園子温が原案の忍者アクション。俳優として活躍し「HiGH&LOW THE RED RAIN」などでアクション監督も務める坂口拓が総合演出、「大阪外道」で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」オフシアター・コンペティション部門グランプリを受賞した石原貴洋が監督を務め、女優のほかグラビアやファッション誌でモデルを務める小倉優香が映画初主演でアクションにも挑んだ。いじめられっ子の高校生マコは図書室で見つけた忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一の心やすらぐ瞬間だった。そんな彼女の目の前に「雷風刃」に登場する忍者のヒロとユウが現れ、導かれるようにマコは江戸時代へとタイムスリップする。伊賀の世界で伝説の忍者・才蔵の指南のもとマコの忍者修行がスタートするが、「雷風刃」の悪人・原田勘助が現実世界に出現してしまう。主人公マコ役を小倉が演じるほか、搗宮姫奈、花影香音、岩永ジョーイ、総合演出の坂口らが顔をそろえる。

2018年製作/日本
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

1.0忍者の常識を覆す…

A1さん
2022年4月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

そんなサブタイトルにつられてみました。
非常に残念な映画ですね。
パラレルワールドの設定は悪くないけど、それを活かしきれていない。
冒頭の殺陣は必要を感じないし、登場人物は少ないのにキャラクターがよくわからない。
アクションはよかっただけに、伝わりやすいように話をわかやすくできていれば、よかったのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
A1

5.0園子温らのノリは理解できるので★5

2022年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

批判的なレビューが多いのだが、中華アクション映画や国内アクション映画を昔から楽しんできた人は多分こういうノリ好き(Versus的な)。
こういう映画を作るからこそ、こういうアクション映画技術が蓄積されていくし、俳優も育成され、のちの目玉タイトルで活きてくることになる。
こういった作品を否定してはいけないし、見ていて嫌ではなかった。
芝居と同じで、「見方」というものがある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
一二三四五

1.5とほほ

2019年9月13日
PCから投稿

キングダムに出てる坂口はアクションですが、それ以外はダメ。
ストーリーもダメ。
映像もダメ。
グラビアアイドルに主演はトホホ。
特にダメなグラビアアイドルにトホホ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

0.5キングダム効果で観たのだが、いやはや!

2019年6月5日
PCから投稿

坂口が出てるので観た。アクション俳優の悲哀、何でも出るんだ!
小倉優子は静止画オンリーですね、いつでもどこでも、無表情で棒立ち。
東映映画村のアトラクションより酷い。
それに、アクションシーンで、吉本新喜劇みたいな音楽やめてんか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る