小倉優香、映画初主演作品でくノ一に! 園子温が原案手がけた「レッド・ブレイド」12月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月10日 > 小倉優香、映画初主演作品でくノ一に! 園子温が原案手がけた「レッド・ブレイド」12月公開
メニュー

小倉優香、映画初主演作品でくノ一に! 園子温が原案手がけた「レッド・ブレイド」12月公開

2018年10月10日 05:00

若手キャスト陣が忍者姿を披露!「レッド・ブレイド」

若手キャスト陣が忍者姿を披露!
(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表する鬼才・園子温監督が原案を手掛けた映画「レッド・ブレイド」が12月15日に公開されることがわかった。あわせて、忍者として成長していく少女を演じる小倉優香のくノ一姿を、映画.comが先行入手した。

“ミスター・バイオレンス”と呼ばれ、「コントロール・オブ・バイオレンス」を手掛けた石原貴洋監督がメガホンをとり、「冷たい熱帯魚」「新宿スワン」などで知られる園監督が紡いだストーリーを映画化。「HiGH&LOW」シリーズのアクション監督である坂口拓が総合演出を務め、伝説の忍者として出演も果たしている。抜群のプロポーションから“リアル峰不二子”として人気を集める小倉が主演を飾り、搗宮姫奈、花影香音岩永ジョーイという若手キャストが顔をそろえた。

物語の主人公は、いじめられっ子の高校生・マコ(小倉)。ある日、下校途中のマコの前に愛読書「雷風刃」に登場する忍者・ヒロ(搗宮)とユウ(花影)が現れ、伊賀の世界に迷い込んでしまう。伝説の忍者・才蔵(坂口)指南のもと、忍者修行に励むマコだったが、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永)が現実世界に出現してしまう。

映画初主演となる小倉は、作品の魅力を「本格的なアクションや忍術」と語り、「初めてのアクションへの挑戦で、できる限り特訓を受けたので、新しい挑戦をした私を見てほしいです!」とメッセージを寄せた。共演した搗宮は「全てのアクションの1つ1つの動きにちゃんとそれぞれのキャラクターの心があります」と撮影を振り返る。花影は「忍者風情溢れるロケーションにも注目です。さらに食事のシーンでの食べっぷりは一番自信があるので、そのモグモグシーンにも注目してみてください」と、アクション以外の魅力についてもアピールした。

石原監督は作品の見どころを「戦う女性の姿から『突き破るもの』を目撃してもらえたら嬉しいです」と語った。また、小倉への演出について「まだ誰も知らない表情を引き出すために静かな怒り、激しい怒りなど、怒りの表現にはかなり力を入れました」と明かし、「小倉さんは天性の持ち主なのか、撮影本番直前までバカ話をしてケラケラ笑っていても、カチンコが鳴った瞬間にスッと役に入り込むので監督としてはやりやすかったです。器用な方ですね」と絶賛した。

レッド・ブレイド」は、12月15日から公開される。

(映画.com速報)
冷たい熱帯魚[DVD] 冷たい熱帯魚[DVD] 最安価格: ¥2,410 「愛のむきだし」などで知られる鬼才・園子温監督が、実在するいくつかの猟奇殺人事件にヒントを得て人間の狂気と極限の愛を描くサスペンス。
新宿スワン スペシャル・プライス[DVD] 新宿スワン スペシャル・プライス[DVD] 最安価格: ¥1,285 「ヤングマガジン」連載の和久井健による人気コミック「新宿スワン 歌舞伎町サバイバルバトル」を、「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の鬼才・園子温監督が実写映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi