さよなら、退屈なレオニー
ホーム > 作品情報 > 映画「さよなら、退屈なレオニー」
メニュー

さよなら、退屈なレオニー

劇場公開日

解説

カナダの新鋭セバスチャン・ピロットが監督・脚本を手がけ、やりたいことも自分の居場所もみつからず、いら立ちを抱える17歳の少女のひと夏の成長をつづった青春ドラマ。ケベックの海辺の街で暮らすレオニーは、高校卒業を1カ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したいけど自分が何をしたいのかわからい。口うるさい母親も気に入らず、母親の再婚相手のことは大嫌い。そんなレオニーが頼りにできるのは離れて暮らす実の父親だけだった。そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーブと出会う。どこか街になじまない雰囲気をまとうスティーブに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことになり……。2018年・第31回東京国際映画祭「ユース」部門で「蛍はいなくなった」のタイトルで上映され、主演のカレル・トレンブレイがジェムストーン賞を受賞した。

作品データ

原題 La disparition des lucioles
製作年 2018年
製作国 カナダ
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 96分
映倫区分 G
ハッシュタグ

#さよなら退屈なレオニー

オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全15件)
  • レオニーはどうなるか? ある程度の知性、第一次世界大戦がいつ起きたか、冷戦とはなにかを理解する程度の知性ではあるが、ある程度の美貌、でも、家出した地で、若尾文子、高橋恵子、秋吉久美子、佐々木希の様に、発掘されるか、それ... ...続きを読む

    Moriki Morikiさん  2019年7月20日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ゴーストワールド……? ツイッターかなにかで、ゴーストワールドが好きな人はオススメと書かれていたので期待して見に行きました。 結論から言うと、すごく面白いわけでもなく、めちゃくちゃつまらないわけでもない。 このような1... ...続きを読む

    のりたま のりたまさん  2019年7月19日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 美しい映画 レオニーちゃんがとにかくかわいく美しい。 10代の頃の物事の捉え方、反応の仕方なんてあんな感じだと思う。 ギターおじさんとのシーンが好きだな。 何かが劇的に起こるって映画じゃないから、退屈なひと... ...続きを読む

    mooory moooryさん  2019年7月7日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「さよなら、退屈なレオニー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報