母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
5%
55%
33%
2%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

家族の絆を描いた宮川サトシの自伝エッセイ漫画を「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣のメガホン、安田顕主演で実写映画化。子どもの頃から病気がちだったサトシは母のかけてくれたやさしい言葉に救われてきた。2年前、そんな母ががんの告知を受けたことから、今度はサトシが母にやさしい言葉をかける番になってしまった。百度参り、修行僧のような滝行、国産野菜のジュース作り……サトシは恋人の真理に支えられながら、母のためになるならと、どんなことでもやった。しかし、30代後半になったサトシに母との永遠の別れが訪れる。あれから1年。生きる気力をすっかりなくしていた父と兄もようやく新たな人生へ再スタートをきった頃、サトシのもとに突然、母からのプレゼントが届く。主人公のサトシ役を安田が演じるほか、母・明子役を倍賞美津子、サトシの恋人・真里役を松下奈緒、兄・祐一役を村上淳、父・利明役を石橋蓮司がそれぞれ演じる。

2019年製作/108分/G/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
宮川サトシ
脚本
大森立嗣
製作
間宮登良松
村田嘉邦
安井邦好
鈴木仁行
板東浩二
高木司
樋泉実
佐野真之
荒木宏幸
伊藤亜由美
稲村甲一
エグゼクティブプロデューサー
加藤和夫
プロデューサー
小林智浩
川崎岳
ラインプロデューサー
伊達真人
撮影
槇憲治
照明
野村直樹
録音
赤澤靖大
美術
安宅紀史
山本直樹
衣装
纐纈春樹
立花文乃
ヘアメイク
豊川京子
編集
早野亮
音楽
大友良英
主題歌
BEGIN
音響効果
伊藤進一
VFXディレクター
須賀努
カラリスト
小林哲夫
タイトルデザイン
赤松陽構造
キャスティング
田端利江
助監督
小南敏也
制作担当
斉藤大和
アソシエイトプロデューサー
田坂公章
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

映画レビュー

3.5感動的なストーリー、ではあるが

AuVisさん
2019年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

「君の膵臓をたべたい」という青春小説の映画化作品があったが、こちらは宮川サトシが実体験をつづった漫画に基づく家族劇。最愛の母の遺骨を体内に取り込み、自身の一部として存在を一生感じ続けたいという気持ちは、共感できるかどうはともかく理屈としてわかる。ただ、感動的なのはその部分より、むしろ母の強く深い愛。病弱でたびたび試練を迎える息子に、遠い先まで幸せに生きてほしいとの願いから、できることは何だってやる絶対の愛だ。愛をたっぷり注がれ育った息子も、やはり情緒豊かな大人になるということか。

ただ、大森立嗣監督の映画としては物足りなかったのも正直なところ。原作の細かなエピソードまで拾おうとしたせいか、やけに台詞やナレーションで説明されるだけの話や過去の出来事が多いのだ。監督自身が書いた脚本、練り込みが足りなかったのでは。ストーリーが良いだけに惜しい。浜辺の男たちのシーンも素晴らしかったし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

3.5 ここまで母親べったりの男って大丈夫か?と思ったが、徐々に引きずり込まれた作品

NOBUさん
2019年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 倍賞美津子さん演じるサトシ(安田顕)の母親・明子のキャラクターが鬱陶しいほど、濃い。
 又、その母親に頭が上がらないサトシとこんな情けない奴のどこが良いの?と思った恋人(後、妻)のマスミ(松下奈緒)の姿に違和感を抱きつつ、観進める。

 明子が亡くなった後、残された家族で海辺(舞台の場所が大垣なので湖?)に入るシーンも良く分からない。

 大森監督、又錯綜しているなあと思ったら、亡き母が息子の事を想い遺しておいたモノが明らかになったシーンにはやられた。

 <2019年3月4日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5ウチのカレーが一番なんだからッ!!

2019年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

《まだ見ぬ我が子へ》宛てた手紙は
子供の頃の自分自身にも宛てたものであると同時に
今まで母に甘えていた自分と決別して前を向いて
生きていこうという決意表明である…
と、わたしは受け止めました。

そもそも、ヤスケンさん演じるサトシのモノローグが
一体誰に向けられて語られているか?受け止め方で
作品に対する印象が変わるかもしれません。

さて本作『母を亡くした時、
     僕は遺骨を食べたいと思った。』は、

このタイトルが “ 過去形 ” であるように
母が亡くなってからが本題!

そして、わたしの知っている大森監督らしさが
出てくるのも後半以降。

父、兄、そして主人公である弟、
残された三人〈男たち〉のやり取りが
家族の絆と、亡き母の愛をより明確に映し出す。

家族なら必ず訪れる出来事を通過儀礼として受け入れ
悲しいけれど決して後ろ向きで居続けず
故人から注がれた愛情だったり
向けられた眼差しの奥に込められた想いを
ちゃんと受け止め、そして次の世代に繋げる。
連綿と続く生命のバトン…

 生き物は皆、病の種を身に潜ませて生きている。
    生の中には、必ず死が潜んでいる。
    それでも、そうして生きるしかない。
   か細い命の糸を切られてしまわぬように、
      懸命に糸を繋ぎ直しながら…
      生まれて、消えるまでの間を、
     哀しみと喜びで満たしながら…
    時に、他者に手をさしのべ、そして、
   また、自分も他者の温かい手で救われて、
     命の糸を紡いでいくのだ。

──上橋 菜穂子 著 『鹿の王』より抜粋引用

順番通りじゃなくても
早かれ遅かれ生き物はこの世からいなくなる…
でも、“個”が亡くなっても
“集団”であるその種は存続するだろう。
しかし、“個”の繋がりが“集団”である以上
個人(故人)が遺したものはきっと、ほんのわずかでも
種に反映されていると、わたしは信じています。

近年におけるわたしの映画好きを
再燃させてくれた作品、大森 立嗣 監督作品『光』
世間一般、皆さんの評価はイマイチですが
前衛的なその映像、その音楽が
わたしの感性に、どストライク!
ですが前作『日日是好日』も良いお話しでしたが
取り扱ったテーマからして淡々とした印象でした。
そして次回作『タロウのバカ』は
大森 監督が長年暖めてきた作品だそうです。
ぜひとも!評価を気にせず、
意欲的でぶっ飛んだ演出を期待します!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野々原 ポコタ

1.0タイトル倒れ

隣組さん
2019年4月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タイトル名は意味深だが内容はかなり浅い。自立できない息子には全く共感出来ず途中で飽きてしまった。タイトル倒れで理解し難い家族の物語。
2019-80

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
隣組
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」以外にこんな作品をCheck-inしています。