母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

劇場公開日 2019年2月22日
5件を表示 映画レビューを書く

等身大な主人公 ネタバレ

 普段は見ないようなジャンルだったけど、安田さんが主演なので、見に行きました。
 世代的もの他人事とは思えないストーリーだった。親子の関係を子供のときから別れの時までずっとなぞっていくストーリーは引き込まれた。サトルは決して好きな性格ではないけど、それがまたよかったりした。
「いなくなってしまう前に、思ってることは、ちゃんと伝えないと」っていう言葉を、とても刺さる言葉でした。
 ところどころあった滝行や脱ぎっぷりは、普段の安田さんが出ててちょっと笑ってしまった。

かつ
かつさん / 2019年3月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

☆☆☆★★★ ヤスケン目線で語られる母親への感謝の気持ち。 原作未... ネタバレ

☆☆☆★★★

ヤスケン目線で語られる母親への感謝の気持ち。

原作未読。簡単に。

普段、なかなか言えない母親への感謝の言葉。
それを持ち合わせて居る人ならば、心にグサっグサっと刺さる事だらけ。
思えば我が母親も、残りの人生はごく僅かと言えるし…。
それだけに画面を見ては「あゝこれは俺かもな〜」…と。尤も、ヤスケン程は叫んだりはしないとは思うのだけど。

それにしても。観れば観るほどに、この監督の本質が何処に有るのか?が謎に満ちて来るから不思議だ!
人間の心の奥底に潜む暴力を描写するのに長けている…と、これまでの作品歴で思っていたのだが。このところの作品歴を見ると、(『光』はらしい作品では有ったが)『セトウツミ』や『日日是好日』そして本作と。以前の剃刀の刃が画面上を飛び交っているかの様な、危険な感覚に溢れた作品との違いに戸惑うばかり。

とは言え、この作品でも。時々不穏な雰囲気になる瞬間が有って。例えば終盤の長男の村上淳が、ヤスケンと父親役の石橋蓮司を連れ回す場面。
その暴力的な振る舞いを観ていて。まさかそんな事にはならないだろう…と、確信はしているのに。ひょっとしてこの3人はナイフで刺しあったりするのか?…等と考えてしまう瞬間が、画面を観ていてフッと思い浮かんでしまうのだ。

出演者の中では、久しぶりの倍賞美津子。
終盤に向けてドンドンと病により痩せ衰えていく演技は流石。
石橋蓮司はいつもの様に、ダメなオヤジ役をやらせると最早名人芸の域に。
ヤスケンは何をやってもヤスケン。
演技力だ何だ等は関係無し。突然何をしでかすか分からない危なさは、今の日本の映画界に有って唯一無二と言える存在になって来た感が有る。
そして松下奈緒。決して演技力の有る人では無いのだけど。この作品ではヤスケンと倍賞美津子に寄り添い支える強い女性の役。これまでとは一皮向けた感じで、今後が楽しみになって来た。

最後に、原作通りとは言え。KIDはちょっとタイミングが〜(-_-)
美津子が居るのだから、そこはアントンに差し替えで…と(u_u)

2019年2月26日 TOHOシネマズ日比谷/スクリーン8

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2019年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

「ヨイトマケの唄」や、リリーの「東京タワー」のオカンくらいの母ちゃんなら、食べたいって気持ちもわかるんだが。 ネタバレ

あまりにマザコン過ぎて引いた。大森監督も「さよなら渓谷」とかよかったのに、演出もベタで、こんなんも撮っちゃうんだとがっかり。
それと、自分の周りには母親に向かって「おふくろ」と呼ぶ友人はおらず、あれだけ連呼されるとどうも芝居感が際立って感じてしまった。結婚して子供を授かる設定にしてはヤスケンはちょっと歳をとりすぎているし、おまけにそこから東京出て漫画家?ってなる。携帯に「お袋」ってのもね、なんか違うなあ。ふつう、「かあちゃん」とか「(名前)」とかじゃないかなと思いながら、そんなとこも引いてしまった要素。

栗太郎
栗太郎さん / 2019年2月23日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

あまり泣けなかったが....。 ネタバレ

安田顕のキャラがのび太くんのようで、もう少ししっかりしろ、とイライラしながら観ていました。
正直あの感じでは松下奈緒みたいな彼女はつくれないはず(笑)
もちろん悪い男ではないのだが、もうひとつグッとくるものがなかったかな~。
母と息子のストーリーとしては、年末に観た「それだけが、僕のすべて」の方が泣けましたね。

最後に息子に宛てた手紙の内容は深みがありみした。考えさせられる言葉の数々が胸に響きました。

親はいつまでもいない。元気なうちにもっともっと親孝行しなきゃと思える映画でした。

シリアスな場面が多々あるので、平日のお客の少ない回がお勧めです。
2時間ずっと隣のポップコーンの音が気になってしまったことがとても残念(涙)

AKB77
AKB77さん / 2019年2月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とてもよかった ネタバレ

 弟子の宮川サトシくん原作の映画で、本人が主人公なので、いつ俺の出番があるかと思ってドキドキしていたらなかった。初めて妖怪のネームを持ってきてくれた時に「素晴らしい!面白いよ!君にはすごい才能があるね」と一発で見抜く場面が確かあったはずなので、それを入れてもよかったのではないだろうか。

 倍賞美津子がだんだん宮川君の漫画の絵に脳内でモーフィングしていく気がした。

 見終わった後、イオンのはなまるでカレーを食べた。とてもおいしかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2019年2月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報