マイル22

劇場公開日:

マイル22

解説

「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」「パトリオット・デイ」に続き、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が4度目のタッグを組んだアクションサスペンス。何者かに国家レベルの危険物質が盗まれた。その行方を知るリー・ノアーは重要参考人として政府の保護下にあったが、そんなノアーを抹殺するため武装勢力が送り込まれる。ジェームズ・シルバ率いるCIAの機密特殊部隊はノアーを国外脱出させるため、インドネシアのアメリカ大使館から空港までの22マイル(約35.4キロ)を、武装勢力の攻撃を浴びながら、ノアーを護送するミッションに挑む。ウォールバーグがシルバを演じるほか、「ザ・レイド」シリーズ、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のイコ・ウワイス、ドラマ「ウォーキング・デッド」のローレン・コーハン、初代UFC世界女子バンタム級王者のロンダ・ラウジー、「RED レッド」シリーズのジョン・マルコビッチらが顔をそろえる。

2018年製作/95分/R15+/アメリカ
原題:Mile 22
配給:クロックワークス
劇場公開日:2019年1月18日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

2.5組織の背景と目的を説明してよ

2024年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

後半の盛り上がりを考えると、ツカミに失敗しているのが非常にもったいない。マーク・ウォルバーグとピーター・バーグの座組はもう限界に近いということか。マークのキャラクターは常にイライラしっぱなしの嫌われ者だが、信頼は厚いということは伝わってくる。そこからさらに深みというか、背景と目的が見えないので、いったい何にイラついているのかがよくわからない。

映画の尺が90分でスッキリとまとまってはいるものの、冒頭の作戦遂行シーンで部隊の成り立ちや行動原理を説明してほしかった。そこらへんはマークのキャラクターで押し切ることで大幅な時間の短縮を勝ち取り、その分派手なアクションに振り分けたのだろう。

何かよくわからない組織が、謎のテロ集団みたいなのと戦い、任務遂行に命がけで、仲間たちは次々に倒れていく。この骨太のストーリーに、主人公のエモーショナルなアプローチは欠かせないと思うが、それが無い分、ドライでスタイリッシュな戦闘がひたすら続く印象だ。自己犠牲の美しさみたいなものが強調されているだけに、内面はともかく傷ついていないように見えるマークのメンタルは共感できない。

もちろん最低限の説明は果たしているので何度か見直せばちゃんとわかるのだろう。謎のエージェントを演じるイコ・ワイスの中国武術風のアクションは見事だが、はっきり言って映画から浮いてしまっている。彼をフィーチャーしたかったのなら、もっと違うアプローチがあったはず。

アクションも拠点の襲撃、バイクチェイス、病院でのカンフー、市街戦、民間のアパートの攻防など、盛り沢山だが、全部どこかで見たことのあるようなものばかり。いろいろと不満の残る映画だった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

3.022マイル

2023年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

2023年6月28日
映画 #マイル22 (2018年)鑑賞

奪われた危険物質の行方を知る男がインドネシアのアメリカ大使館に保護される。彼の命を狙って多数の武装勢力が迫る中、CIAの機密特殊部隊が大使館から空港までの22マイルを護衛する
意外と面白かった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とし

2.5小包が強い!!

2023年4月29日
iPhoneアプリから投稿

ウォールバーグ祭り開催中で
とりあえず見始めましたが

あまり好みではなく

チームものはみんな仲良くないと
観ててしんどいなー

メンバー死んでもそこまで
ハラハラしないのですよ

あと、小包が一番強い!!
1人で3人相手にして蹴散らしてますし笑笑

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ジジ

4.0過去鑑賞

2023年3月24日
iPhoneアプリから投稿

マーク・ウォールバーグさん演じるジェームズ・シルバ、優秀なのでしょうが確かに嫌な奴にしか見えないですねw

あれでは共感を持たれないのも仕方ないかもしれないです。

でも個人的には、あのイカれっぷりは結構好きかも(♡ˊ艸ˋ♡)

話や設定はそれ程珍しいわけではないですが、テンポは良いですし、オチを含め脚本はなかなかの出来ではないかと思います。

それに加え、かなり容赦無い展開も好みでしたし、なんて言ってもリアリティを感じさせるアクションシーンは秀逸でした。

イコ・ウワイスさんは勿論の事、他のキャストの方もかなり頑張っていたのではないかと思います。

これは是非とも続編を作って欲しいですし、次回は劇場で鑑賞したいものです。

コメントする (0件)
共感した! 8件)
刺繍屋
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る