純平、考え直せ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
純平、考え直せ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家・奥田英朗の同名小説を野村周平主演で映画化。新宿歌舞伎町で、いつか「一人前の男」になることを夢見ながら、雑用に追われる日々を送る、21歳のチンピラ・坂本純平。ある日、対立する組の幹部の殺害を命じられた純平は「これで一人前の男になれる」と気負い立ち、偶然出会ったOLの加奈と一夜を過ごす。純平から「鉄砲玉になる」ことを聞いてしまった加奈は、純平の熱い情熱に呆れながらも胸の高鳴りを感じ、決行までの3日間を純平と行動をともにする。拳銃一丁と数十万円の支度金を手に、新宿を見降ろすホテルに泊まり、好物の焼肉を好きなだけ食べる純平と加奈は、孤独と不安を慰め合い、次第に惹かれ合っていくが……。野村が主人公の純平役を、ヒロインの加奈役を柳ゆり菜が演じる。監督は「子猫の涙」「女の子ものがたり」「上京ものがたり」を手がけた森岡利行。

2018年製作/95分/R15+/日本
配給:アークエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
奥田英朗
脚本
角田ルミ
木村暉
吉川菜美
製作
坂本敏明
川村英己
エグゼクティブプロデューサー
山口幸彦
プロデューサー
梅川治男
ラインプロデューサー
大日方教史
撮影
釘宮慎治
照明
田辺浩
録音
山口満大
美術プロデューサー
津留啓亮
装飾
佐々木健一
スタイリスト
村上利香
ヘアメイク
宮内三千代
音響効果
渋谷圭介
VFXスーパーバイザー
高橋良明
編集
渡辺直樹
音楽
原田智英
主題歌
the pillows
助監督
吉田亮
キャスティング
細川久美子
制作担当
高瀬博行
アシスタントプロデューサー
中村裕美
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ

映画レビュー

4.0 鉄砲玉として男を上げようとする純平をSNSが追いかける斬新な映像と、柳ゆり菜さんの”ええっ、良いのですかい?”と思ってしまった程の演技に驚いた真っ当でない青春映画

NOBUさん
2019年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

幸せ

 野村周平さんは、メジャー映画であっという間にスターダムに駆け上がったが、この作品はそのような作品とは一線を画する。

 又、藤原季節(この人が出る作品は良い、と勝手に思っている)、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳という若手だがどちらかというとマイナー作品が似合う(すいません)役者さん達、勢揃いである。

 更に映像化されると視覚効果抜群だなあと思った、”ゴースト官僚”(多分、法学部生)や”元極道@二児のパパ”や”南国ボーイ”(多分、心優しきオネイ系)達が加奈(柳ゆり菜)が呟いてしまった純平に対する想いに対して、突っ走る純平(野村周平)をどこで観ているのかSNSで善性、悪意、諦観を含むコメントを呟く・・・。

 疾走感があり、面白く拝見した映画であった。

<2018年9月27日 出張先で、歓迎会の後鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.5音楽が良かった

2019年8月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

知的

野村周平が純粋っていうより童貞感がよくあった。ヒロインの柳ゆり菜はヌードも綺麗だしあまり嫌らしいとは思わなかったかな音楽が綺麗だったからね。あと岡山天音君は悪役が多いんだよね。まあ全体的に昔の任侠に憧れた青年とOLの短い青春って事かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョバンニ

2.5ヒロインの演技だけでも要鑑賞

2019年8月15日
PCから投稿

主人公はなぜか下手に見えるが、そして展開も不自然、しかし、ヒロインのたたずまいだけでも見る価値あり

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0成長したのは、ホストと引きこもり女子

kossyさん
2019年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ちょっと時代遅れのヤクザ。「男になる」じゃなくて「漢になる」だろ!と投稿する奴とか、身勝手な意見言うのが多いけど、真剣になって純平と加奈を心配する者が数人でてきた。ただし、そのメッセージは加奈のみぞ知る。純平にいたっては鉄砲玉まっしぐら!

 暴走族やってて高校中退し、埼玉県から上京。任侠という言葉に憧れる21歳の純情そのもののチンピラ。海も見たことないくらいだし、狭い世の中でしか生きていなかったんだな~と、ちょっと可哀そうにも思えてくる。

 柳ゆり菜の体当たり演技派すごい。『蛇にピアス』(2008)でヌード・濡れ場を演じてブレイクした吉高由里子を思い出したほどで、今後も期待できる女優さんですね♪

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る