劇場公開日 2018年11月9日

ボヘミアン・ラプソディのレビュー・感想・評価

4.21394
54%
37%
7%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1394件中、1~20件目を表示

5.0このメガヒット音楽映画の凄さとは?

2020年4月1日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「ボヘミアン・ラプソディ」は何が凄いのか。これは、クイーンという素材、制作陣、役者の凄さの掛け算の究極系なのかもしれません。
私は最初クイーンというバンドは薄っすらと2、3曲しか知らなかったにも関わらず入り込めました。これは脚本や演出の上手さも大きくて、主人公のフレディ・マーキュリーが「パキ(パキスタン人)野郎」と差別されるバイト時代から描き、バンドの結成過程、クイーンの音楽の天才的な先見性などをテンポよく描いていきます。ただ、単なるサクセスストーリーではなく、「バンドあるある」の堕落ぶりもしっかりと描き、クライマックスの「ライヴエイド」に向かって突き進みます。実は結構な要素が盛り込まれていますし、歌われている楽曲も多いのですが、それらがバランスよく編集されているので全く飽きがこないのです。1年半後に見返した時には既に全曲が頭に入っていて、ほぼ全曲を好きになっている自分を発見しました。これは本作でクイーンというバンドの楽曲の良さに気付かされ、しかも映画の出来も良いので何度か見ているうちに覚えてしまったわけです。
本作は、通常は落ちていくはずの週末興行収入が5週連続で増え続け、多くのリピーターを生み出し社会現象化して興行収入127億円という驚異的な結果を残しました。
クイーンの音楽は新たに本作によっても伝説化し、本作もクイーンの楽曲と同様に映画史に残り続けるでしょう。ミュージカル映画ではない本格的な音楽映画で、ここまでのメガヒット作は今後、現れないかもしれないくらいのレベルです。
当初、アメリカでは批評家から「史実と違うところがある」など不評な面も目につきましたが、観客からは圧倒的に好評で、第91回アカデミー賞では、作品賞を含む5部門にノミネートされて、主演男優賞(フレディ・マーキュリー役のラミ・マレック)、編集賞、録音賞、音響編集賞の最多4部門の受賞にまでいきました。これは観客が批評家の評価を変えさせた、と言っても良い快挙だと思います。
本作に限らず「史実と違う」という指摘はよく出ますが、映画には上映時間という制約があります。多少の時系列の違いを気にし過ぎずに、むしろ「134分といった上映時間でよくここまでまとめ上げた」と“エンターテインメントとしての功績”として評価し、作品の世界観に入り込む方が私は正しいと思います。
さて、本作をいま見返すと、また違った見え方ができました。
フレディ・マーキュリーは「ヒト免疫不全ウイルス」(HIV)によってエイズを発症し1991年11月24日に「肺炎」で亡くなりました。
現在の医学ではHIVというウイルスの感染は「不治の病」ではなくなりましたが、まだ対症療法の域を出ず、現時点ではHIV完治例は世界で2人しか出ていません。
新型コロナウイルスも勿論、対症療法でしかなく、まだ根治療法ではないのです。
どうやら変化をし続けている今回の新型コロナウイルスは、果たしてどのような型に落ち着くのか。新型のウイルスは常に地球で発生し続けるものなのだ、ということを改めて理解すると共に、多くの才能を一瞬にして奪うスピードも出てきているので犠牲者は最小限にとどめてもらいたいと強く感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
細野真宏

3.5“人の心をつかむ”という不思議現象

村山章さん
2018年12月31日
Androidアプリから投稿

楽しい

これだけ人気を得ている作品なので、マイノリティの遠吠えとして聞いていただきたいのだが、伝記映画としても音楽映画としても、足りてない部分や踏み込みの甘い部分が多い映画だと思っている。それでもこれだけの支持を得て、人々を夢中にさせるものとは何なのか? ひとつには間違いなくクイーンの楽曲が持つ魅力と中毒性だろうし、それ以上に、観客に応援したいと思わせるいい意味での隙のようなものが、この映画が描いているフレディ・マーキュリーにも作品自体にもあるのだと思う。「出来がいい」と「心を掴むこと」はイコールではないとはわかっていたつもりだったが、2018年は改めて「心をつかむ映画とは何だろう?」と考えさせられる年であり、本作はそのきっかけになったひとつだった。しかもムチャクチャ現場がバタバタしていたはずなのに、だ。アラン・スミシー的な映画で最も成功した作品として映画史に刻まれるのではないかと思うと、これまた興味深い一本。

コメントする (コメント数 13 件)
共感した! (共感した人 113 件)
村山章

5.0今も耳の奥でフレディのハイトーンボイスが鳴り響いている

2018年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

伝説のロック・グループの知られざる物語と、大音響で奏でられる実物の音源を使ったヒットナンバーがもたらす高揚感が、終始絶妙にシンクロして、恐らく劇場に詰めかけた観客の想像を大きく超えて魂を揺さぶり続ける。終映後、自然と拍手が巻き起こる。リピーターが劇場に足を運ぶ。彼らは、かつて、そして、今も心の中で口ずさむ"ボヘミアン・ラプソディ"の背後に、今は亡き"クイーン"のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの凄絶な孤独を垣間見て、強烈な昂ぶりの中で人知れず涙を流すのだ。セクシュアリティの違いによって人と人とが相容れない時代の不寛容に怒りを覚えつつ。それにしても、そんな諸々の感情を一瞬にして振り払う"ライヴ・エイド"@旧ウェンブリー・スタジアムのステージと客席の一体感は何だ!?フレディの早すぎる死も、グループ内の確執も、また、リアルタイマーは勿論、遅れてきた"クイーン"ファンも、すべてひとまとめにして高みへと導いていく音楽というメディアの凄さを、こんなにも強烈に体感させてくれる映画は珍しい。今も耳の奥でフレディの艶やかなハイトーンボイスが鳴り響いている。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 265 件)
清藤秀人

4.5メンバー2人が音楽総指揮、感激の高音質!

2018年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

ブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮で、まず演奏の音質が素晴らしい。フレディのボーカルをはじめ基本クイーンの音源を使っているが、ライブシーンですら各パートの分離が明確でタイト。試写室のスピーカーで実感できたくらいだから、音響にお金をかけた映画館で鑑賞できたらさらにすごい体験になりそう。

クイーンのヒット曲をリアルタイムで聴いてきた世代だが、バンドの成り立ちやフレディの私生活に切り込むストーリーは知らなかった情報も多い。映画終盤で再現される伝説のライブ・エイドのステージにはそんな背景とメンバーたちが胸に秘めた思いがあったのかと驚かされ、万感のパフォーマンスに感動、感涙。久しぶりに満足のいくバンド伝記映画に出会えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 198 件)
高森 郁哉

3.5やはりデビュー曲だね

2020年7月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

重そうで録画したままなかなか観られなかった作品。結果フレディの伝記映画として過不足なく楽しめる映画だった。裏を返すと想定内の印象。皆それぞれ専門分野を持つインテリというのは初めて知った。それでよくプロレベルの技術やあんなに先進的な音楽作れるなと言うのが素直な感想。特にレビュー前の楽器に色々な仕掛けをして効果を確かめる部分は理科系ならではなのかな。やはりそんな試行錯誤を得てお目見えしたデビュー曲「キラークイーン」が一推し曲です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっきー

5.0必ず観て欲しい!

りんねさん
2020年6月30日
iPhoneアプリから投稿

こんなに素晴らしい映画はいままで観たこと無い!と言えるほどの素晴らしい映画。
よくお勧め映画特集の見出しなどで「死ぬまでには観ておきたい映画」とありますが本作はまさにそんな作品。
色んな人に勧めまくってます笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りんね

5.0映画館で観るべき作品

Iwarenkonさん
2020年6月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映像と音楽を追求した映画であって、映画人生で最多の6回の劇場鑑賞をした作品…いや〜クイーンファンにはたまらんです。

映画としてどうという評価を超えて痛く感動したことに間違いはないし、伝記としても良作と思う。また、役作りも脚本も申し分なく、映像も後半のライブは本物を見ているような錯覚すら覚えた。素晴らしい作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Iwarenkon

4.0遅ればせながら、観賞。 元々、伝記映画は得意ではないけど、これはそ...

Miwakoさん
2020年5月26日
iPhoneアプリから投稿

遅ればせながら、観賞。

元々、伝記映画は得意ではないけど、これはそういう感じじゃなくて普通に映画として観れた。
カメラワークとか、切り口、アートデザインも新しくて、一つの作品として楽しめました。
最後のライブは本物のライブ映像かのような完成度に、やっぱり体が揺れた。

クイーンのファンではないけど、バンドの歴史を振り返るのにはとっても分かりやすく感じた。
なんといってもラミマレック!完コピはもちろん、演技力が凄かった。表情の作り方、目の配り方が印象的。

話の展開はどうしても早くなってしまうし、割と平凡で、淡々としていた気がするけど、それをカバーする役者さんたちに星4つ⭐️

(あと、あれ?この声聞いたことあるな〜と思っていたら、シングストリートに出てたルーシーボーイントンさん!)

やっぱ70年代最高ですね。
色んなバンドが過去のロックンロールを新しくしていこうと、実験的なサウンドを生み出して、それが未だに受け継がれてたりして。バンに乗ってツアーを回ったり、グルーピーがいたり。

期待せずにボーッと観てても、最後には感動しちゃう。
まぁ、本当にこんなに綺麗事ばっかりだったのか?(今なら分かるけど、その時代で、AIDSへのみんなの理解ありすぎじゃない?と…😅)と、穿った見方をしてしまうけど、でもフレディが誰からも可愛がられて、愛されていた事には違いないと思った。

私の中では、ブライアンメイへの知識が広がりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Miwako

4.0世代ではないですが…

2020年5月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

曲だけ知っていて、予告を観て気になり映画館に行きました!
QUEENってこういう人達だったんだ、と色々知れて面白かったです✨
BLシーンは少しキツかったですが💦💭

一緒に観てた人達がLIVEのシーンになった瞬間泣かれる方や、軽く「フォー!」と叫ばれる方もいて凄く盛り上がり、QUEENのLIVEに来てる気分になって楽しかったです☺️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ひまわり

4.0フレディ・マーキュリーを称える音楽映画の理想的な表現

2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1970年の”クィーン”結成から1985年のライブエイドまでの、フレディとバンドメンバーの絆と葛藤、そしてフレディ個人のセクシャリティに苦悩する姿を平明にバランス良く編集した音楽映画。オペラを題材にしたアルバム「オペラ座の夜」の制作過程が興味深い。ビゼーの
「カルメン」をEMIの重役に聴かせて説得するのは演出と思われるが、録音時の音作りにある独創性には目を見張る。ドラッグや酒に溺れるところの音楽家が行き詰まる表現は定石通りで、深刻さはあまり伝わらない。メアリーとの絡みもあっさりしている。解雇されたポールがテレビでフレディの私生活を暴露するのを挿むところは、技巧的には凡庸である。それでも”クィーン”の名曲を、フレディやメンバーの心理変化や楽曲の背景として簡潔に纏める編集の巧さがある。もっと深い人間ドラマを期待したが、音楽との併用ではこのバランスで良いのだと思い直す。伝説化した”クィーン”を汚さず、音楽の素晴らしさをラスト謳い上げたのがすべてである。プロローグのモンタージュとクライマックスのコンサートライブの映像は見事。それとアメリカツアーでカメラが車のフロントガラスから車内を通り抜けするカットが面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Gustav (グスタフ)

3.5ライブのシーン、かっこいい!

2020年5月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

ライブのシーン、かっこいい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
黒崎辰宜

4.5映画の中の一体感が心地よい。

Aprilさん
2020年5月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

45歳で生涯を終えた彼。
彼の死が報道されていたころはオジサンに感じていたけど、私よりも年下だったんだね。
本当に若くして亡くなったのは、無念だっただろう。
人生、後悔ないように生きたいなぁと思う。
子供も悔いのない受験を終える事ができて、挑戦する大切さ、努力、運。
色々な物を学べたと思う。
人生一度きり、悔いのない人生を・・・と思う。

この映画はDVDでみてもいいけど、やっぱり映画館の音響で見るのが一番だろう。
細かいストーリーは語らずも、興味がある方は是非!見てください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
April

3.5ミュージックシネマでは金字塔

2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

元々クイーンにあまりはまっていなかった自分は乗り切れなかった。ただフレディマーキュリーはそっくり。音楽映画では近年にない完璧なできばい。しかし驚くべき興行成績。クイーン若い子たちわかるのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

4.0迫力。

さん
2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿

迫力。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
卵

4.0Queen

usako usaさん
2020年4月25日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
usako usa

4.0よくできてる

2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カズホソ

4.5寂しい

2020年4月9日
Androidアプリから投稿

人生の寂しさを感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
くんくん

4.04日DKで鑑賞

2020年4月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

やはりこの時勢のレイトショー観客は4人だったが洋楽は全く興味ない自分だが昨年見逃したので‼️ビートルズのように興味のない方でもどこかしかで聴いたことのある曲も多数 ライブの雰囲気だけでも楽しめた‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたぼー

5.0Queenの音楽。

2020年4月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

私がQueenの音楽に出会った最初の曲は。キラークイーンだ。初めて聴いたときは本当にビックリした。こんな曲があるんだ。と驚いた。
当時、レコードなのにデジタル的な音楽で心が震えた。
テンポのいい曲でくり返しくり返し聴いていたのを憶えている。最後はボヘミアンラプソディだった様な。それからはアメリカに進出して成功した頃は聞かなくなっていた。
今になってQueenの映画が出来るとは思わなかったがQueenの妥協しない曲づくりやアレンジの方法がわかった。
メンバー4人でアイデアを出しながらあらゆる事を試して音楽にとり入れた。そこにはQueen独特なハーモニも入っている。
私はRテイラーが好きだったが歌はフレディの声が好きだ。パワーがあって勇気をもらえた。
Queenの音楽は。今、聴いても古さを感じさせない。
フレディの凄さと偉大さを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
しろくろぱんだ

4.0最後の一滴まで命を燃やし尽くせ❗️伝説の男が教える善き思い、善き言葉、善き行いとは…

2020年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 47 件)
たなかなかなか
「ボヘミアン・ラプソディ」の作品トップへ