劇場公開日 2018年11月9日

「今も耳の奥でフレディのハイトーンボイスが鳴り響いている」ボヘミアン・ラプソディ MPさんの映画レビュー(感想・評価)

4.21393
54%
37%
7%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0今も耳の奥でフレディのハイトーンボイスが鳴り響いている

2018年11月12日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

幸せ

伝説のロック・グループの知られざる物語と、大音響で奏でられる実物の音源を使ったヒットナンバーがもたらす高揚感が、終始絶妙にシンクロして、恐らく劇場に詰めかけた観客の想像を大きく超えて魂を揺さぶり続ける。終映後、自然と拍手が巻き起こる。リピーターが劇場に足を運ぶ。彼らは、かつて、そして、今も心の中で口ずさむ"ボヘミアン・ラプソディ"の背後に、今は亡き"クイーン"のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの凄絶な孤独を垣間見て、強烈な昂ぶりの中で人知れず涙を流すのだ。セクシュアリティの違いによって人と人とが相容れない時代の不寛容に怒りを覚えつつ。それにしても、そんな諸々の感情を一瞬にして振り払う"ライヴ・エイド"@旧ウェンブリー・スタジアムのステージと客席の一体感は何だ!?フレディの早すぎる死も、グループ内の確執も、また、リアルタイマーは勿論、遅れてきた"クイーン"ファンも、すべてひとまとめにして高みへと導いていく音楽というメディアの凄さを、こんなにも強烈に体感させてくれる映画は珍しい。今も耳の奥でフレディの艶やかなハイトーンボイスが鳴り響いている。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 265 件)
清藤秀人
隣のひろちゃんさんのコメント
2019年11月6日

叶わない望みですが 生のフレディの歌声を聞きたかった。

隣のひろちゃん
「ボヘミアン・ラプソディ」のレビューを書く 「ボヘミアン・ラプソディ」のレビュー一覧へ(全1393件)
「ボヘミアン・ラプソディ」の作品トップへ