こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

劇場公開日

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
17%
60%
20%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍を原作に、「ブタがいた教室」の前田哲監督がメガホンをとり、大泉洋が主演を務めた。北海道の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合う。筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいたが、どこか憎めない愛される存在だった。ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼する。しかし、実は美咲は田中と付き合っていて……。医学生・田中を三浦春馬、彼の恋人・美咲を高畑充希がそれぞれ演じる。

2018年製作/120分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

ノミネート

最優秀助演女優賞 高畑充希
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

映画レビュー

4.0北海道の雄大な景観が気分を軽く、おおらかにしてくれる

2018年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

まずタイトルがいい。主人公は筋ジストロフィー患者の鹿野さんだが、振り回されるボランティアの視点で語られることが端的に示される。原作の著者、渡辺一史の功績だ。

大泉洋主演なので単純なお涙頂戴の難病ものでないことは想像がつくが、予想を上回る鹿野さんの強烈な個性、自由すぎるキャラを、顔と手以外動かせないという演技上の制約の多い中よくぞ体現したものだ。大泉のとぼけた味わいがはまっている。邦画が避けがちな排泄や性欲にからむ問題も、うまく笑いに転化して描写していた。

高畑充希は割とイメージ通りの役。愚痴をこぼしたり怒ったりもするけど、基本は優しくて頑張り屋。カラオケに行くかもという展開で、朝ドラで披露した美声を聴かせてくれるかと思ったが、なくて残念。三浦春馬の役は意外に複雑なキャラ。たいてい素直で明るい青年のキャスティングだが、この役は一見好青年のようで実は…というのが面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 35 件)
高森 郁哉

3.565点

2022年1月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

映画評価:65点

難病を患い、
1人では生活が出来なくなった人が
沢山のボランティアの方の協力を得て
生き抜いていく話し。

それだけ聞くと美談に聞こえるが、
大泉洋の演技が光る図々しさと愛嬌で
お涙頂戴作品ではなく、
明るく、自分らしく生きていく
そういう前向きな作品になっています。

どんな人でも
誰かの助けなしでは生きてはいけない。
障がい者とか関係ないです。
助けてもらう頻度や質は人それぞれ、
助けてもらってない人なんていないんですから。

そして、
その助けてもらうという行為は、
同情とかからではなく、
対等なんだという事。

やってもらって当たり前も何か違うけど、
誰かを助けた人は、誰かに助けられている。
だから申し訳ないと思うのではなく、
もっと堂々としていればいいんだなと。

面白くて考えさせられる良い映画でした。

【2022.1.3観賞】

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まぁと@名作探検家

3.0コメントができない。

2021年12月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ここで描かれていることが現実だとしたら見続けるだろうか?正直見ることを避けようとしてきたし、そうしたかった。しかし目を背けず向き合う先には・・・不覚にも号泣であった‼️★はすまないがこれで勘弁して欲しい。現実は常に目の前にある。三浦春馬と高畑充希に脱帽。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

4.0生きるってこんなにも大変

2021年12月6日
iPhoneアプリから投稿

だこらこそ、楽しみたいし、愛されたい。

構成も演者さんもとても良かった。

愛されるには努力がいる。
臆病って病は、本当の病より
厄介なのかもしれない。
この厄介を楽しめたら
見える景色は変わるのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
大粒 まろん
すべての映画レビューを見る(全309件)

他のユーザーは「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」以外にこんな作品をCheck-inしています。