こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
18%
59%
20%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍を原作に、「ブタがいた教室」の前田哲監督がメガホンをとり、大泉洋が主演を務めた。北海道の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合う。筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいたが、どこか憎めない愛される存在だった。ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼する。しかし、実は美咲は田中と付き合っていて……。医学生・田中を三浦春馬、彼の恋人・美咲を高畑充希がそれぞれ演じる。

2018年製作/120分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

ノミネート

最優秀助演女優賞 高畑充希
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

映画レビュー

4.0北海道の雄大な景観が気分を軽く、おおらかにしてくれる

2018年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

まずタイトルがいい。主人公は筋ジストロフィー患者の鹿野さんだが、振り回されるボランティアの視点で語られることが端的に示される。原作の著者、渡辺一史の功績だ。

大泉洋主演なので単純なお涙頂戴の難病ものでないことは想像がつくが、予想を上回る鹿野さんの強烈な個性、自由すぎるキャラを、顔と手以外動かせないという演技上の制約の多い中よくぞ体現したものだ。大泉のとぼけた味わいがはまっている。邦画が避けがちな排泄や性欲にからむ問題も、うまく笑いに転化して描写していた。

高畑充希は割とイメージ通りの役。愚痴をこぼしたり怒ったりもするけど、基本は優しくて頑張り屋。カラオケに行くかもという展開で、朝ドラで披露した美声を聴かせてくれるかと思ったが、なくて残念。三浦春馬の役は意外に複雑なキャラ。たいてい素直で明るい青年のキャスティングだが、この役は一見好青年のようで実は…というのが面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 33 件)
高森 郁哉

4.0いい話だった

2021年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

お題の意味は冒頭で、つかみはばっちり。大泉洋の軽妙な演技で話は軽快に進む。この冒頭の数10分がとてもよくて、映画の全体像とか出演者の大体が見事に揃う。あとは流れでよい。明るく描かれているのは、負けずに明るく生き抜く主人公の強い意志なんだろう。立派としか言えない。
実話の主人公は、脚色があまりないとしたら大泉洋がぴったり。高畑充希は飾らない素の雰囲気がとてもいい。最近の役づくりはちょっと作りすぎだな。春馬くんは相変わらずうまかった。原田美枝子の医者も良かったし、脇役がうまくはまってキャスティングも良し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

3.0【035】バリバラに対する 日テレなりの回答?

2021年1月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

知的

難しい

こんな夜更けにレビューかよ

三連休 夜更かしはいけないと分かっていながら 頂いた高級なドリップコーヒーを寝る間際に飲んだせいで 寝付けない
カフェインに支配されている…歳だなぁ…昔は余裕で勝てたのに…

何気にパソコンを開いて ネットサーフィンをしていたら 本作にたどり着いた
本音をいうと 主役俳優が苦手…で…
避けてきた映画だった

今の世の中 いいニュースなんてない
なら たまには駄作をボロカスレビューしても そこまで気分を害すこともないかなと 批判目的で視聴

うん
いつも通り ストレートに観られなかった
ということは 私の魂を揺さぶることはなかった という証拠

というか そもそもこの映画 障害者やボラにスポット当てていない
鹿野氏の 人間関係を 再現Vにしただけ
親戚の子の運動会のビデオ 観さされてる感覚
感動しなかったレビューを書いている人が 正解
後述するが そもそも 感動させようとしていない
感動を打ち消す演出ばかりだからだ
そういう意味で よくできた脚本

しかし
これ 偽善マラソンなど 感動ポルノとして悪名高い 24時間テレビを放送している 日テレが絡んだ作品なのか? ホントに⁉︎

私は 毎年24時間テレビの裏で NHKがぶつけてくる アンチ感動ポルノ派 バリアフリーバラエティ 通称 バリバラ を 観ることが楽しみだ
天下の国営放送が 直接的ではないにしろ 裏番組を真っ向批判しているからだ
(NHK大阪制作だから 容赦ない)

本作は 感動ポルノを完全に否定し 1人の人間の生き様にフォーカスした映画だった
泣き上戸な私でも 全く泣くことなく スーッと一気に観た感じ

泣かすつもりは全くない むしろ泣く方々を 嘲笑うような演出も見受けられた
でも その演出 巧みにコーティングされていて 気づかない方もいるのかな?
日テレが 自社の看板番組に謀反を仕掛けたような映画だと感じた

のは 穿った見方なのだろうか?
少なくとも 毎年向かってくる バリバラに対する なんらかの回答には なる気がする

知らんけど

最後に 鹿野氏になりかわり 一言
なんで わしの役 大泉洋やねん!三浦春馬やろ!イケメンなんやから!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 15 件)
よくふとる良太

3.5頼り頼られ

Kjさん
2021年1月8日
iPhoneアプリから投稿

事実をベースにした話。過剰な演出は少なく、メッセージ性もストレートに届く。味わい深い良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kj
すべての映画レビューを見る(全294件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」以外にこんな作品をCheck-inしています。