劇場公開日 2018年12月28日

  • 予告編を見る

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のレビュー・感想・評価

3.7305
18%
59%
20%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全305件中、1~20件目を表示

4.0北海道の雄大な景観が気分を軽く、おおらかにしてくれる

2018年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

まずタイトルがいい。主人公は筋ジストロフィー患者の鹿野さんだが、振り回されるボランティアの視点で語られることが端的に示される。原作の著者、渡辺一史の功績だ。

大泉洋主演なので単純なお涙頂戴の難病ものでないことは想像がつくが、予想を上回る鹿野さんの強烈な個性、自由すぎるキャラを、顔と手以外動かせないという演技上の制約の多い中よくぞ体現したものだ。大泉のとぼけた味わいがはまっている。邦画が避けがちな排泄や性欲にからむ問題も、うまく笑いに転化して描写していた。

高畑充希は割とイメージ通りの役。愚痴をこぼしたり怒ったりもするけど、基本は優しくて頑張り屋。カラオケに行くかもという展開で、朝ドラで披露した美声を聴かせてくれるかと思ったが、なくて残念。三浦春馬の役は意外に複雑なキャラ。たいてい素直で明るい青年のキャスティングだが、この役は一見好青年のようで実は…というのが面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 34 件)
高森 郁哉

5.0愛がいっぱい

Ririさん
2021年9月23日
iPhoneアプリから投稿

振り回されるもほっとけないあの人、、、。
本来の現場はこんなもんじゃないんでしょうが、
目を背けたくなる現実をコミカルに。

悲しくて泣くんじゃなくて、笑いがありながらも泣けてくる。

久々にいい映画を観た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Riri

4.0鹿野「俺が人生楽しんじゃいけないのかよ(迫真)」

2021年9月10日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

映画館では2019年1月7日イオンシネマ石巻で鑑賞
それ以来2度目の鑑賞

原作未読
実話が元になっているらしい

『パコダテ人』や『パローレ』や『豚がいた教室』の前田哲監督
どちらかといえばあまりメジャーなラインナップではないが彼の作品は面白いものが多い

北海道が舞台だとどうしても大泉洋がねじ込んでくる印象があるがまあいいだろう

我儘でめんどくさい筋ジストロフィー患者鹿野とボランティアの交流を描いたコメディー
20歳くらいで他界するはずが34になっても生きている

24時間みたいに感動のゴリ押しは感じないしバリバラのようにとんがってないのでうざくない
素直に楽しめる娯楽作品

鹿野はドムドムバーガーとレディーボーデンのアイスとエロトピアが大好き
ときにはドムドムではなくモスが良かったりする
決して主流じゃないところにわりと拘りを感じる

やっぱり大泉洋三浦春馬高畑充希は演技うまいわ

何様とキレるあのあたりの高畑充希の芝居が好き
実際に煙は出てないけど出てそうな感じがする表情
なかなかあの茹で上がっていく感じは誰にでもできることではない

高畑充希をブスだと言い切る人は美的センスがないのではないか
顔つきも悪そう

自戒の念を込めて書くが映画を楽しみたいならあまり難しく考えるなよと
たかが映画のレビューじゃないか
週刊金曜日とか赤旗の投稿欄じゃないんだぞと
短めの作品ならともかく映画の尺を考慮すると脚本で足りない分は想像すれば良い
鹿野もめんどくさい人だったけどユーモアがあるぶんだけそういう人たちと違って人間的に魅力がある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野川新栄

4.0障害を受け入れ、明るく生きる様に、 周りの温かい人々に 勇気をもら...

2021年8月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

障害を受け入れ、明るく生きる様に、
周りの温かい人々に
勇気をもらえました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ほんのり

3.5別の意味で泣けてしまった

2021年7月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
ジョニーデブ

3.5大泉洋が出てるので見た

2021年7月19日
iPhoneアプリから投稿

面白かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もふもふ

3.5大泉洋

ミカさん
2021年6月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

こんな太々しい障害者、、、と嫌悪感を露わにしてしまう鑑賞者を挑発しまくる鹿野を、大泉洋がとても上手く演じていて適役でした。彼が演じたから成立した作品だと思います。

教育大生という嘘をついていた美咲にしても、人間臭くていいじゃないですか。人間は、そんなに清く正しく美しくないんですよ。日テレの24時間TVみたいに、障害者に性善を求める社会はどこか歪んでます。もちろん、スポンサーがいるので、鹿野みたいな障害者は出演できないと思いますが。鹿野の様な人が堂々としている社会の方が、皆が生きやすい社会ですよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ミカ

4.5死について深く明るく考える

2021年4月25日
iPhoneアプリから投稿

 筋ジストロフィーという内容としては深刻なものを、こんなにもコミカルにかつ決して軽視するわけでも無いように描かれている事が本当に素晴らしい。自分の特性に対して抗うわけではなく、十分に受け止めた上でその後どう生きるかは自分で決定する事ができるし、しなければならいということを改めて認識できた。自分を生きる権利を放棄するのではなく、責任を持って自由に人生の方向性を決定する。大切だとは分かっているが、学生の自分にはとても難しい。それ故に、それを実行できる人を心から尊敬する。しかし、尊敬で終わってはきっとダメなのだろう。まだ実行できていない自分に対して少なからず焦りを持たなくては。
 話は変わるが、改めて大泉洋の演技力の高さに気付かされた。まるで演技をせずバラエティー番組で観るような素の大泉洋を見ているように感じられた。役としての性格と俳優自身の性格との区別がつけられない時、その俳優の演技は成功したと言えるのだと私は考える。
 また死について考えさせられる作品において、三浦春馬を観るとどうしても映画そのものに対する感情だけで無い、雲のように捉え所の無い感情が浮かぶ。三浦春馬の死は一ファンとしても、非常に悲しいことではあるがこの感情自体は私の人生に深みを与えてくれるような気がする。どうしても、現実として捉えられない死、誰もが表現者として避けては通れない人生や世界に対する向き合うこと、そのことを頻繁に考える機会を与えられている気がする。
 こんな一見コミカルな作品で、自分に対して深い考察ができるとは思ってもみなかった。鑑賞して本当に良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
岡村徳洋

5.0みんなに観てほしい

さくさん
2021年3月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
さく

2.0最後まで共感はできませんでした。

2021年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

録りためていた金曜ロードショーを観て。
結局、最後までこの作品の主人公に共感を持てませんでした。

冒頭の主人公のわがままぶりに対しては、ヒロインも最初は辟易していたはずなのに、いつの間にか惹かれていって、なんでこうなったのか理解ができませんでした。
主人公がボランティアに対して、「有名になればそれだけボラがたくさん集まるだろ」とか暴言だと思います。「ボラ」って略すところからして違和感。
中盤以降はけっこういいシーンもありましたが、冒頭のイメージをひきずったので、最後まで作品を楽しむことができませんでした。

障碍者の方が、わがままを言いたいことはあると思うし、もし自分がボランティアなら、ある程度力になりたいと思うけど、それはお互い敬意があってのことと思う。それなのに、あんな言われ方して、自分のスケジュールよりも主人公のわがままを優先させられるようなのは、ちょっと無理。

主人公が言っていた「障碍者の自立は、支援を要する利用者が自己決定する自立」という考え方は、そのとおりで支援していくべきだと思います。しかしこの主人公は結局「自分の都合のよいボランティアをたくさん集めること」って言っているように感じました。どなたかのレビューに「プロ障碍者」ってコメントがありましたが、まさにそうだと思いました。

この作品に登場するボランティアの方は、なんでそこまでするのでしょうか。障碍者であってもなくても、カリスマ性を備える人間っているんでしょうけど、人の心の隙間を言葉で巧みに突いて、人を操るところが、宗教っぽい。
同じ病気の方ってたくさんいらっしゃると思いますが、この主人公のように口がうまい人はほんの一握りでしょう。ある意味成功者なんだと思います。

主役の大泉さんは、この違和感のある主人公を見事に演じ切っていて、その他のキャストの演技もすばらしいので、作品としてはいいんですけど。
(三浦さんは、今思えばちょっと影がある感じがしました)

鹿野さんご本人が、この作品の主人公のような人ではなかったと思いたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あるある

3.0高畑充希

2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

感動の実話と聞くほど脚色と演出は何処か?に気が逸れる、という域。
高畑充希の感情がドバドバ溢れ出る演技は他の追随を許さない。
オーバーアクト側に一周回っての超ナチュラル演、か。
旅先の未明の空気は良いのに照明感丸出しの朝日に萎えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.5世話をすること

リカさん
2021年2月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

は、同時に自分の心もケアして貰っている、
と思えるかこき使われているととるか。ただ、する方もされる方も大変。
自宅介護を家族だけでは到底無理の現実。
鹿野さんの人間性がやはり凄いとなるのかな。
三浦春馬さん、さすがにオーラを取り去り、フツーの医大生になっていた。ウジウジするのも
情けなくて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
リカ

2.5自分はここまでできるだろうか

2021年1月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

 鹿野のように自分に正直に強くたくましく生きる事はできるだろうか?
 あのボランティアの人達のように誰かのために一生懸命になれるだろうか?

正直、無理だなと思いました。
いい話だとは思ったのですが、映画の世界に入り込めなかったので、低めの評価です。

 身体的には不自由だけど考え方は自由で、本当の意味での生きる道を選んだ鹿野。自分の望みの為に全力で周囲を巻き込む鹿野。
 できるだけ周囲に迷惑をかけないようにという事ばかりを考えてしまう私にとっては、少々インパクトが強すぎたみたいです。でも鹿野の考え方は新鮮だったし、困ったら堂々と助けを求めていいんだよというメッセージには勇気をもらえました。

 また、あの熱心なボランティアの人達にもついていけませんでした。家族でも恋人でもない人の為に、どうしてあそこまで一生懸命になれるのだろう。困難な状況になるほど熱く一致団結していくボランティアメンバー。メンバーも徐々に増えていく。なぜそこまでできる?そんな疑問が始終頭から離れませんでした。鹿野とボランティア達の絆を感じられるエピソードがもう少し盛り込まれていたら、違う見方もできたのかもしれませんが。

ここからは鹿野から影響を受けた若者2人(医学生の青年と教員志望の女性)の成長物語としてみた感想です。

 久は真面目で、自分が何をしたいか?ではなく、常にどうするべきか、どうするのが正しいのかを考える人。だから、鹿野のどんなわがままに対しても、心のどこかで”面倒くさい”とか”迷惑だ”と仮に思っていたとしても、”いい医者になるため”とか”いい人であらねば”といった気持ちが優先し、嫌な顔せず応えてきた。自分の気持ちよりも常に周囲を大事にしてきた久にとって、常にわがまま全開で周囲を巻き込む事が当たり前の鹿野はどんな存在だったのだろう。

 真面目過ぎるが故に、将来や自分自身に対して自信が持てなくなり自己嫌悪に陥る。医者の道や鹿野達からも距離を置き、自暴自棄になっていた久に対し、問われた鹿野の言葉。

「君は何がしたいんだ。何が大事なんだ。」

 改めて自分を見つめ直し、自分に正直になって考えてみるとやっぱり自分は医者になりたい。周囲に期待されているからではなく、自分がやりたいから医者の道を進む。そんな自分に気付けた。のではないだろうか。

 久とは対照的に美咲は最初から鹿野に対し嫌悪感むき出しだった。久に泊まり込みの当番を無茶ぶりしようとした時も「何様のつもりですか!」と怒り、家を飛び出して行った。出だしは最悪だったけど、本音でぶつかる美咲はあっという間に鹿野との距離を縮めていった。(そのあたりの描写があまり無かったので、急に鹿野に心を開くようになった美咲に違和感は感じましたが…)

久と鹿野、美咲と鹿野、それぞれの交流や成長が興味深かったです。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 8 件)
セロファン

2.5大泉洋がすごくそれっぽい。

にんさん
2021年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

きれいに見せようとする映画ではないので、映画の全体的な雰囲気が苦手な人は苦手かもしれない。
タイトルからコメディだと思ったら全然コメディじゃない。思っていたより暗い。好みが分かれそう。
この映画が苦手、と言ってしまうと障がい者の苦労が理解できない人と思われそうなのだが、自分は苦手な部類で、自分はもやっと感が残る映画だった。

最初の大泉洋のわがままの段階で、自分はイラっとしてあっ、無理。と思った。それは大泉洋が見事に役にはまっていたからだ。そういう人に見えて仕方ない。このイラっと感を抱かせるのは大泉洋の演技力だと思う。後半もはあ?というわがままが続いて、みてる自分はイラっと感最高潮。過程が過程なだけに、終わり良ければ総て良しとはならなかった。最後はもやっと感が残った。

三浦さんが出ていることも、映画にさらに深みを増した。
難しい役どころではあったと思うけど、悩みながら演じきったのだと思う。
彼の演技もセリフがないところでも気持ちが伝わるような、とてもいい演技った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にん

4.0ド・お涙頂戴系じゃなかったのが良かった

2021年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

良い意味でも表現したいものがハッキリしているし、言語化されているので「結局何だったの?」とはならない分かりやすい映画でした。
24時間テレビなどを作っている日テレが携わっているのにゴリッゴリのお涙頂戴にならなかったのは良かったと思います。
色々考えさせられる映画であったのは確かです。事実、生きていくうえで他人に助けを求めるというのは、障がい者にとってもそうでない人にとってもそう簡単なことではないと考えます。また、三浦春馬さんが亡くなられたというのもあり、この映画が示すところが彼の生前と少し様変わりしたようにも思います。
演技派の俳優さんたちが勢揃いでお芝居は申し分ありません。
生々しい排泄や性欲についての話も出てきますし、テーマがテーマなので障がいに関する問題に興味のない人がすすんで見ることは少ないとは思いますが、中高生の人権映画としてはとても良い題材なのではないかと個人的に思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あまちゃん

4.0いい話だった

2021年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

お題の意味は冒頭で、つかみはばっちり。大泉洋の軽妙な演技で話は軽快に進む。この冒頭の数10分がとてもよくて、映画の全体像とか出演者の大体が見事に揃う。あとは流れでよい。明るく描かれているのは、負けずに明るく生き抜く主人公の強い意志なんだろう。立派としか言えない。
実話の主人公は、脚色があまりないとしたら大泉洋がぴったり。高畑充希は飾らない素の雰囲気がとてもいい。最近の役づくりはちょっと作りすぎだな。春馬くんは相変わらずうまかった。原田美枝子の医者も良かったし、脇役がうまくはまってキャスティングも良し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000

3.5頼り頼られ

Kjさん
2021年1月8日
iPhoneアプリから投稿

事実をベースにした話。過剰な演出は少なく、メッセージ性もストレートに届く。味わい深い良作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kj

4.0夢を追いかける姿に注目

Koheiさん
2021年1月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

幸せ

大泉洋演じる主人公・鹿野靖明は、難病の筋ジストロフィー症ながらも病院や施設に頼らず自分の家で生活するという1990年代当時では決して普通ではない存在であり、障害者の中では、注目の的であった。ただ、彼一人ではできないことも多く、ボランティアスタッフが支えたのであるある。多少わがままな彼をボランティアスタッフの献身的なサポートもあって、主人公は最期まで夢を持って生きることができた。医学生のボランティアスタッフ・田中を三浦春馬が、また、その恋人であり、ボランティアスタッフに加わった自称教育大生・美咲を高畑充希が演じた。この作品は、障害者を主人公とした映画ではあるものの、その周囲のボランティアスタッフもまた、人生において試練を与えられているところが見どころであった。田中は、学業とボランティアとの両立に励む一方で、自分が本当に医師を目指して良いのだろうかと自問自答する。そして、美咲は、医学生と合コンをするために教育大生を騙り、のちにその嘘が露見し、少しずつ二人の距離は広がる。さらに、二人の関係性に水を差すかのように、主人公は自称女子大生の飾らない素直さに惚れ込む鹿野…。ただ、最終的に、田中と美咲は結ばれる。鹿野は田中にとっても美咲にとって大切な存在であった。鹿野をサポートしながら、鹿野の夢に向かって全力で生きる姿に感化されたことであろう。二人が鹿野をともに支えていく過程において、再び愛情は深まっていったのである。田中は医学生を続け、美咲は大学受験を経て教育大学を卒業し、小学校教師となったが、それは鹿野が夢を追いかけながら生きてきた姿と重なる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Kohei

4.5大泉洋&三浦春馬、ハマり役だった。 高畑充希の魅力全開❣️ 感動の...

tunaさん
2020年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

大泉洋&三浦春馬、ハマり役だった。
高畑充希の魅力全開❣️
感動のノンフィクションでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
tuna

4.0素直にポジティブな気持ちになれる

maronekoさん
2020年12月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

大泉洋さんをはじめとした演技が、優しくて温かい気持ちにさせてくれる映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
maroneko
「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の作品トップへ