影踏み

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
影踏み
影踏み
13%
38%
35%
9%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「64 ロクヨン」「クライマーズ・ハイ」などで知られる作家・横山秀夫の小説を、歌手の山崎まさよしが「8月のクリスマス」以来14年ぶりの主演を務めて映画化。住人が寝静まった深夜の民家に侵入して盗みを働く、通称「ノビ師」と呼ばれる泥棒の真壁修一は、忍び込みの技術の巧みさから、警察から「ノビカベ」とあだ名されるほどの凄腕ノビ師だった。そんな真壁は、ある日の深夜、県議会議員の自宅に忍び込むが、そこで偶然、未遂となる放火殺人現場を目撃。これをきっかけに、真壁がずっと心の底に押し込めていた20年前の事件の記憶が呼び覚まされ……。監督は、山崎の映画俳優デビュー作「月とキャベツ」も手がけた篠原哲雄。篠崎監督と山崎が、監督と俳優としては同作以来23年ぶりにタッグを組んだ。

2019年製作/112分/G/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019「影踏み」製作委員会

映画レビュー

3.0様々な要素が不気味に立ち上がっていく前半部は見応えあり

2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

主人公は言葉数が少なく、感情を表に出さない。笑顔もなければ、人前で泣いたり、苦渋の表情を浮かべることもない。朴訥とした無表情ぶりゆえ、彼が腹の底でいったい何を考えているのか推測しにくい部分が多いのだ。翻って、山崎まさよしがスクリーンに映し出された時、その「感情の読めなさ」といった点がよく表せているように感じた。彼の経歴などが少しずつ紐解かれていく点も、役者として山崎まさよしがそれほど消費され尽くしていないからこそ、興味深い「得体の知れなさ」となって観客の興味を募らせる。とりわけ山崎と竹原ピストルが交わす演技は、それが俳優としてのセオリーを超えているからか、巧さではない旨さがある。

なかなか事件の全貌が掴めない前半は、様々な登場人物が入り乱れ、どこに向かって進むのか分からぬゾワッとする面白さがあったものの、それが後半、ややありきたりの展開に収まってしまったか。魅力はあるのにどこか惜しい。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

3.5影の存在

2020年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(山崎まさよし)は空き巣のプロ、たまたま入った家で、放火しようとしている女を見つけ、このため捕まってしまう。
2年の刑期を終え出てくると、自分が捕まった理由を調べ始める。
彼女役の尾野真千子がいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0泥棒が刑事の真似をするなんて・・・お前はルパンか?

kossyさん
2020年11月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 篠原哲雄監督作品は結構好きなのですが、サスペンスは似合わない気がした。序盤の忍び込みのシーンはうまいけど、その後の警察や刑事たちの雰囲気がどうも緊迫感が足りないと感じました。竹原ピストルも棒読みっぽい感じで・・・

 主人公「ノビカベ」こと真壁修一(山崎まさよし)に付きまとってる弟分・啓二(北村拓海)が実は20年前に死に別れた双子の弟だということがわかる。似ていなくても十分わかる最初の驚きでしたが、この弟の死因についても徐々に明らかになってくる。そして「影踏み」の意味とは何なのか・・・弟が泥棒だったという事実!

 もうこの設定だけでお腹一杯になり、幼なじみの刑事・竹原ピストルを誰が殺したのかもどうでもよくなってくる。事実、犯人が判明しても「ふーん」といった感じで、興味が失せてしまった。それよりも元恋人・久子(尾野真千子)の心の移り変わり、求婚をストーカーのように迫ってくる遠藤憲一の狂気の方が物語を面白くしてくれるのです。

 一卵性双生児の心情や、放火殺人という恐怖に母親の愛情、と登場人物の心も色々と対照的であったり、尾野真千子と中村ゆりという貧乳・巨乳の対比もお見事。しかし、暴力団関係ではシノキという人物が登場しなかったりして、裏の社会の描き方は不自然だし、社会悪に対する批判要素もなかった。最も悲惨で共感できたのが、焼死体を火葬場で焼くという不条理に怒りを見せるところだったでしょうか・・・北村拓海がここでもいい演技だったなぁ。もちろん大竹しのぶの演技も強烈でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
kossy

3.5感動できた

みみみさん
2020年9月26日
スマートフォンから投稿

匠海の顔から山崎まさよしになるのは違和感でしかなかったけど内容は意外と楽しめた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みみみ
すべての映画レビューを見る(全65件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る