未来を乗り換えた男
ホーム > 作品情報 > 映画「未来を乗り換えた男」
メニュー

未来を乗り換えた男

劇場公開日

解説

「東ベルリンから来た女」で知られるドイツの名匠クリスティアン・ペッツォルト監督が、ファシズムの風が吹き荒れたナチスによる史実と現代の難民問題を重ね合わせ、祖国を追われた人々が希望を求めてさまよう姿をサスペンスフルに描いたドラマ。原作は、1930~40年代にかけて、ナチス政権下のドイツから亡命した小説家アンナ・セーガースによる「トランジット」。ドイツで吹き荒れるファシズムから逃れてフランスにやってきた青年ゲオルクは、パリからマルセイユへと流れ着く。偶然の成り行きから、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすますことになったゲオルクは、そのまま船に乗ってメキシコへ行こうと思い立つ。そんな時、必死に人捜しをしている黒いコート姿の女性マリーと出会ったゲオルクは、ミステリアスな雰囲気を漂わせる彼女に心を奪われる。夫を捜しているというマリーだったが、その夫こそゲオルクが成りすましているヴァイデルのことだった。2018年・第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。

作品データ

原題 Transit
製作年 2018年
製作国 ドイツ・フランス合作
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 102分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第68回 ベルリン国際映画祭(2018年)

出品
コンペティション部門 出品作品 クリスティアン・ペッツォルト

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

21世紀の最重要テーマを、男と女の苦渋に満ちたロマネスクとして浮き彫りにする
未来を乗り換えた男の映画評論・批評

「東ベルリンから来た女」では東西冷戦下の東ドイツで、国家に監視されている女性医師の果敢な抵抗を、「あの日のように抱きしめて」ではホロコーストを生き延びたユダヤ女性の受難を描いたクリスティアン・ペッツォルトの新作は、やはり歴史に翻弄され...未来を乗り換えた男の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全8件)
  • ☆☆☆★ エンディングで、大好きなトーキングヘッズの♫Roab t... ☆☆☆★ エンディングで、大好きなトーキングヘッズの♫Roab to Nowhere♫が鳴り響いたので採点爆上げ^_^ いや〜手強い!難しいわ〜これ! 何となく、過去に起こったナチズムが台頭した... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2019年1月16日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • フランスらしい とっちらかったかんじ、難解な感じ フランス好きじゃ無いと受け入れられんやろなー ちなみに予算が無いからか、現代なのでそのつもりで見ることをおすすめ しかしマルセイユが平和すぎて平和すぎて ...続きを読む

    nakawankuma nakawankumaさん  2019年1月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 空回り ファシズムバリバリのドイツ軍が侵攻するフランスで、移民の摘発が厳しくなる中ドイツから亡命してきた主人公が、偶然絡んで手にした他人の身分でビザをとり出国しようとする話。 PC、携帯、旅客機等、便利... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2019年1月13日  評価:1.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「未来を乗り換えた男」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi