ドイツの名匠C・ペッツォルト、水の精の神話を現代にアレンジ ベルリンW受賞作、21年3月公開

2020年12月24日 12:00

宿命を背負った美しき水の精ウンディーネがモチーフとなった「水を抱く女」
宿命を背負った美しき水の精ウンディーネがモチーフとなった「水を抱く女」

第70回ベルリン国際映画祭で、女優賞と国際映画批評家連盟賞をダブル受賞した「Undine」(原題)が、「水を抱く女」の邦題で、2021年3月26日から公開されることが決定。「東ベルリンから来た女」(13)で同映画祭の最優秀監督賞に輝いたドイツの名匠クリスティアン・ペッツォルト監督が、水の精の神話を現代に置き換えた物語を創出した。

ペッツォルト監督が新作のモチーフに選んだのは、「愛する男に裏切られたとき、その男を殺して水に戻る」という宿命を背負った美しき水の精ウンディーネ(オンディーヌ)。「婚約者の友人」「ある画家の数奇な運命」のパウラ・ベーアが、ウンディーネを下敷きにした神秘的なヒロインを妖艶に演じ、ベルリン国際映画祭と第33回ヨーロッパ映画賞で女優賞を獲得した。ダンサーや振付師としても活躍し、「希望の灯り」に出演したフランツ・ロゴフスキが、心優しい潜水作業員のクリストフ役。ふたりは、ペッツォルト監督の前作「未来を乗り換えた男」に続く再タッグとなる。

物語の主人公は、ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ。彼女はアレクサンダー広場に隣接する小さなアパートで暮らし、博物館でガイドとして働いている。恋人ヨハネスが別の女性に心移りし、悲嘆にくれていたウンディーネの前に、愛情深い潜水作業員クリストフが現れる。数奇な運命に導かれるように、激しく惹かれ合うふたり。彼女は新しい無垢な愛を大切に育むが、再び自分の宿命と直面することに――。官能的なバッハの旋律にのせ、ミステリアスな愛の叙事詩が繊細に紡がれる。

ウンディーネの魅惑的な神話は、古くから多くのアーティストたちにインスピレーションを与えてきた。アンデルセンは童話「人魚姫」を書き上げ、チャイコフスキーはオペラ、ドビュッシーは楽曲を創作。また、ゲーテが“ドイツの真珠”と絶賛したロマン派のフリードリヒ・フーケが発表した傑作小説「ウンディーネ」は現代でも読み継がれ、三島由紀夫の「仮面の告白」にも登場している。

「水を抱く女」は、21年3月26日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
水を抱く女(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 第96回キネマ旬報ベスト・テン 「ケイコ 目を澄ませて」が日本映画作品賞、主演女優賞をはじめ4冠

    1

    第96回キネマ旬報ベスト・テン 「ケイコ 目を澄ませて」が日本映画作品賞、主演女優賞をはじめ4冠

    2023年2月2日 09:00
  2. 「鬼滅の刃」昼に鬼殺隊、夜に鬼が登場する特別広告を日本各地で実施

    2

    「鬼滅の刃」昼に鬼殺隊、夜に鬼が登場する特別広告を日本各地で実施

    2023年2月2日 00:00
  3. 米アカデミー、主演女優賞にサプライズノミネートされた女優の不正を調査

    3

    米アカデミー、主演女優賞にサプライズノミネートされた女優の不正を調査

    2023年2月2日 11:00
  4. 「ハムナプトラ」俳優が驚異の大変貌 体重272キロ、余命わずかな男を演じた「ザ・ホエール」予告公開

    4

    「ハムナプトラ」俳優が驚異の大変貌 体重272キロ、余命わずかな男を演じた「ザ・ホエール」予告公開

    2023年2月2日 08:00
  5. 黄泉の国からヒトラー、スターリン、チャーチル、ムッソリーニが帰還 カンヌ上映中止の衝撃作、4月公開

    5

    黄泉の国からヒトラー、スターリン、チャーチル、ムッソリーニが帰還 カンヌ上映中止の衝撃作、4月公開

    2023年2月2日 14:00

今週