人魚姫

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
人魚姫
人魚姫
15%
50%
29%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「少林サッカー」「西遊記 はじまりのはじまり」のチャウ・シンチー監督が、人間界と人魚界という異なる世界に住む男女のロマンスを描いたファンタジー作品。若き実業家リウは香港郊外の美しい自然保護区域を買収し、リゾート開発計画のため海を埋め立てるプロジェクトを進めていた。この計画をなんとか阻止するべく、この海で暮らす人魚族はリウの暗殺作戦を決行。人間に変装させた人魚のシャンシャンをリウのもとへと送り込むが、シャンシャンとリウは互いに惹かれあい、恋に落ちてしまう。主人公の人魚姫・シャンシャン役をオーディションで12万人の中からチャウ・シンチーに大抜擢された新人女優リン・ユンが演じる。

2016年製作/94分/中国・香港合作
原題:美人魚 Mermaid
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C) 2016 The Star Overseas Limited

映画レビュー

3.5環境問題を織り込んだ予想不能のナンセンス・コメディ

2017年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

チャウ・シンチー自身、この映画が中国の歴代興収の新記録を打ち立てるなんて予想しただろうか。とはいえ、彼の『カンフー・ハッスル』や『西遊記』などに比べると、やや肩の力を抜いた状態で取り組んだ感もあるこのファンタジック・コメディ。序盤、前置きが長くてなかなか本題が始まらないという、シンチーならではのナンセンスぶりに翻弄されつつも、やがて中国が直面している環境問題を説教臭くならない程度に盛り込みながら「ロミオ&ジュリエット」的ラブストーリーへと帰着させていく点に好感が持てる。そして、この人、VFXを使ってスペクタクルを巻き起こすというよりは、むしろ小さな驚き(タコ足や人魚の尾ひれなど)や小ネタを細々と描いて見せるところも相変わらず。正直、力ワザで笑わせる部分も多いが、日本人としてはむしろ、本筋の大きな笑いよりも、脱線気味なシーンの意表をついたシュールな笑いの方が楽しめるのではないだろうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
牛津厚信

4.0人魚姫

m@_@mさん
2020年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

お金より愛が勝つ❓

でも、

やっぱりお金がモノをいう💰

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@_@m

3.5笑い有り、涙有り

2020年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

人間界と人魚界という異なる世界に住む男女のロマンスを描いたファンタジー作品。

多用されるエネルギッシュな特撮、

笑い有り、涙有り、

真摯に創られたファンタジー映画、
.
「アジア映画歴代興行収入No.1を樹立し、世界で1億人以上の観客を動員した」

とのことも納得の
良い映画でした( ^ω^) .
#映画鑑賞記録
#中国映画
#GYAO

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
褐色の猪

4.0人魚姫を扱った作品の中では一番好きかも・・・次点「魔法のマコちゃん」

kossyさん
2019年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 まぁチャウ・シンチー監督なんだから、まともな見方をしてはいけない。冒頭では汚されていく海のドキュメント映像だし、次は麻雀を打ちながら客に説明する世界珍獣博物館の映像だし、「ここで笑え~」とわざとらしいシーンを流すよりは、何気ない普通に見てた方が笑えるのだ。

 そんな中で最も惹かれてしまうのが、何度も流される『ドラゴン怒りの鉄拳』のテーマ曲。あ、ブルース・リー映画の曲だよね・・・とわかっても、YouTubeで確認してしまいました。他にも日本のアニメの曲が使われているらしいのですが、わかりませんでした(笑)。

 大金持ちのリンを暗殺するために陸上に送り込まれた人魚族のシャンシャン。清楚なアイドルっぽいヒロインかと思いきや、かなりいじられキャラ。ウニを持ち歩いていたり、ドジの連続の上にケガばかりしてるコメディエンヌぶりは韓国映画風でもあったりするのです。むしろ美女といえば、赤いフェラーリを乗り回す、リウの商売パートナーの女性。性格は最悪なのですが、正面から見ると北川景子風で、横顔が常盤貴子風というかなりの美人です。迫害され続ける人魚族にはタコの足を持つ通称タコ兄の存在も大きい。

 人間たちの乱開発によって追いやられる人魚族。環境問題以外にも、人魚姫では定番である、見世物にして儲けようという企みもあるのですが、捕らえる前に銃撃してしまう恐ろしい人間の本能を見せつけたり、美味しそうな魚をイメージしたり、超人並みの力を発揮するおばあちゃん人魚がいたりと、内容は盛りだくさん。人間はどうして残虐なんでしょ・・・といったテーマもあります。リウの心も拝金主義から、金で動かない人間もいることに気が付くところがいいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全34件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る