輝ける人生 : 映画評論・批評

メニュー

輝ける人生

劇場公開日 2018年8月25日
2018年8月7日更新 2018年8月25日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほかにてロードショー

シニアだって跳べるはず。英国の名優たちが老境の人生リスタートを好演

英国出身で1970年代から映画・テレビ映画の監督としてキャリアを築き、シェイクスピア戯曲の映画化「リチャード三世」から、ハリソン・フォード主演のハリウッド製サスペンスアクション「ファイヤーウォール」まで、多彩なフィルモグラフィーを誇る名匠リチャード・ロンクレインモーガン・フリーマンダイアン・キートンを老夫婦役で起用し、住み慣れたアパートメントの引っ越し騒動をハートフルに綴った「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」に続き、シニアの生き方、身の振り方をテーマにした映画を、今度は母国を舞台に描くのがこの「輝ける人生」だ。

長年連れ添った裕福な夫と破局した気位の高い女性が、質素な暮らしの姉のアパートに転がり込む――という序盤の筋は、ウッディ・アレン監督・脚本、ケイト・ブランシェットサリー・ホーキンスが異母姉妹を演じた「ブルージャスミン」と似ている。ただし、テネシー・ウィリアムズの戯曲をエリア・カザン監督が映画化した名作、「欲望という名の電車」とのプロット上の共通点を持つ「ブルージャスミン」が、迷走と破綻の度合いを深めていくのに対し、本作は邦題が示唆するように、中盤から明るくポジティブに展開していく。

画像1

イメルダ・スタウントンが演じるサンドラは、夫の浮気を目撃し、豪邸を飛び出す。上流気分の抜けない妹を快く受け入れる姉ビフ役にセリア・イムリー。そして、ビフがサンドラを連れ出すダンス教室の仲間で、認知症が進んだ妻を施設に預けているチャーリー役にティモシー・スポール。3人とも演劇の本場・英国の舞台にも立つ名優であり、彼らのアンサンブルはときに軽妙、ときにエモーショナルで飽きさせない。さらに、バラエティーに富む楽曲に乗って彼らが踊るダンスシーンの楽しさも格別だ。

ビフやチャーリーとの関わりを通じて、姉妹の絆や何かに夢中になる情熱を取り戻していくサンドラの変化の過程を、スタウントンは実に細やかに表現している。ちなみに原題の「Finding Your Feet」は、「(子供が)立てるようになる、自信を持つ」といった意味。いくつになっても初心に返って人生をやり直せる、再起することができるのだ――そんな比較的凡庸なメッセージでも、円熟の演技と的確な演出が組み合わされば心躍る快作ができあがるという好例と言えるだろう。

高森郁哉

関連コンテンツ

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全28件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • search サーチ search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還る ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったら ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi