欲望という名の電車

ALLTIME BEST

劇場公開日

16%
56%
26%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ピュリッツァー賞に輝いたテネシー・ウィリアムズの戯曲をビビアン・リーとマーロン・ブランドの共演で映画化し、1952年・第24回アカデミー賞で主演女優賞をはじめ4部門を受賞した人間ドラマ。ウィリアムズが自ら脚色を手がけ、名匠エリア・カザンがメガホンをとった。アメリカ南部の没落した名家に生まれたブランチは、家族の看護や葬儀で財産を使い果たして家を失い、ニューオーリンズで夫と暮らす妹ステラのもとへ身を寄せる。ステラの夫スタンリーはお嬢様気取りのブランチのことが気に入らず、ブランチも粗野で暴力的なスタンリーを嫌う。やがてブランチはスタンリーの友人ミッチとの結婚に希望を見いだそうとするが、スタンリーは彼女の暗い過去を暴き出す。

1951年製作/125分/アメリカ
原題:A Streetcar Named Desire
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第24回 アカデミー賞(1952年)

受賞

女優賞 ビビアン・リー
助演男優賞 カール・マルデン
助演女優賞 キム・ハンター
美術賞(白黒)  

ノミネート

作品賞  
監督賞 エリア・カザン
男優賞 マーロン・ブランド
脚色賞 テネシー・ウィリアムズ
撮影賞(白黒) ハリー・ストラドリング
作曲賞(ドラマ/コメディ) アレックス・ノース
衣装デザイン賞(白黒)
音響録音賞  

第9回 ゴールデングローブ賞(1952年)

受賞

最優秀助演女優賞 キム・ハンター

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ビビアン・リー

第12回 ベネチア国際映画祭(1951年)

受賞

審査員特別賞 エリア・カザン
ボルピ杯(最優秀女優賞) ビビアン・リー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0マーロン・ブランドはカッコ良いが、ビビアン・リーが悲しすぎる

Kazu Annさん
2021年6月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

汗をかいたTシャツ姿で登場の若きマーロン・ブランドには、かなり圧倒された。少しカッコつけすぎとも思ったが、それでも元不良少年ぽいカッコ良さが滴り落ちる感が有った。

ビビアン・リーにはどうしても誇り高く美しく、そして強かった風とともに去りぬのスカーレット・オハラが重なってしまう。それだけに、彼女演ずるヒロインの顚落の悲惨さに居た堪れず、悲しくなってしまう。最後、彼女は精神崩壊してしまう訳だが、彼女自身にとっては苦しみからの救済ということなのか?!

名作エデンの東のエリア・カザン監督が、この映画で何を描きたかったかは、今ひとつ自分には判然としなかった。上流階級のビビアン・リーはどうして下層階級マーロン・ブランドにここまで凌辱されなきゃいけないのか?富豪の娘が夫と死別し、教師だったのが娼婦の様に生きることは、そんなに悪なのか?ヒロイン像が、溝口健二の西鶴一代女と重なって驚いてしまったが、こちらの方にはマグダラのマリア的への様な讃美的色あいが皆無なのは、何故なのか?

最後、義姉の精神を壊したのに、マーロン・ブランドは罪の意識も持たず、相変わらず博打に明け暮れている様であった。人間の原罪というか、変わらない悪、信仰無き罪深さを彼が体現している?!それとも、良くも悪くもこれが象徴的アメリカ人で、アメリカ社会そのものといっているのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Kazu Ann

3.0ビビアンリーの凄いのはわかるんだけど映画としては魅せられなかった。

2021年4月6日
iPhoneアプリから投稿

ビビアンリーの凄いのはわかるんだけど映画としては魅せられなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
collectible

3.5まぁ、、古いからなぁ、、

Jolandaさん
2021年3月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Jolanda

5.0暑いニューオーリンズ

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

人気タレントのドラマでのキレた演技が話題になっている。
狂気すぎるとか天才とか完全に壊れたなどの絶賛があがっていた。
去年奪い愛というドラマでも別の女優の怪演が持ち上げられていた。
Abemaは「狂気」に味を占めたようだ。
そういう品評を見ると、いちおうドラマの演技を確認したりする。
で、本気なんだろうか。とは思う。

ドラマはクオリティが低いが、適当な声を拾ったエンタメニュースがかぶさる。作るひとと見るひとに一体感がある。適当な作品と適当な意見。世界が不可解なものに変わる。
禍とはいえ平和である。世のなかシステムに乗っかることだって才能だが、システムに乗っかっただけでない国産コンテンツがもはや探しにくい。

タレントはたんに依頼されてドラマのしごとをこなしているだけだし、ぜんぶ笑うところなのかもしれないし、時事ネタをまじにとらえた意見は、たいていみっともない。
だが、ふと「狂気の演技」なら、シャイニングのニコルソンと比較してもだいじょうぶなんだろうか。とか、考えてしまう。

コレクターが、じぶんよりすごいコレクターを発見することがある。些末なじぶんのコレクションを不甲斐なくおもう。
日本人だらけの日本で多様性をやしなうのは世界のエンタメだと思う。そこでは、もしかしたら眼帯をしたアナウンサーの演技よりすごい狂気の演技を発見できるかもしれない。ばあいによっては日本のコンテンツが不甲斐なく思えてしまうかもしれない。

おりしも人種差別の描写をめぐって風と共に去りぬのオンデマンド配信が揉めていた。
ヴィヴィアンリーはスカーレットを演じた全盛期から、低迷を経て復活を果たした女優だった。それがこの映画である。ブランチは彼女の二つ目の代名詞になった。

ブランチは今様にいうなればスイーツである。スイーツもすでに古いけれど、自己顕示欲と気まぐれをもった、年甲斐もなくモラトリアムな女性である。
そして「ああ、こういうひといるよな」の感じは、時代を超越している。

その普遍の人物像に、ふと狂気のようなものが宿る。モノクロの陰影のせいか、スカーレットオハラの面影か、リーストラスバーグのメゾットか何か分からないが、狂的なものが、なんとなく見えてくる。

つまり狂気とは「はいこれが狂気の演技です」と喧伝するようなものじゃない。で、牽強付会とは知りつつブランチを挙げて、述べてみた。

庶民が享受するエンターテインメント、娯楽の俎上には、新古にくわえ、品質や程度のことなるものがごちゃ混ぜにならんでいる。移り変わる時代と風物のなかで、眼帯したアナウンサーが需要をになうこともある。なんの問題もない。ただ観衆=受け手が、比較しえるリテラシーを持っていないとき、世界はまるで文明がないかのように不可解だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る