ファイヤーウォール

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ファイヤーウォール
ファイヤーウォール
1%
28%
59%
11%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

万全を期したセキュリティ・システムの弱点はそれを管理する人間だという今日的なドラマが展開する犯罪サスペンス。監督リチャード・ロンクレインは、本作では悪役を演じるポール・ベタニーが、落ち目のテニスプレーヤーを演じたラブコメ「ウィンブルドン」の監督。「サイドウェイ」のバージニア・マドセン、「24 TWENTY FOUR」のメアリー・リン・ライスカブ、「ターミネーター2」のロバート・パトリックらが共演。

2006年製作/106分/アメリカ
原題:Firewall
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) 2006 Warner Bros. Entertainment Inc. - U.S., Canada, Bahamas & Bermuda (C) 2006 Village Roadshow Films (BVI) Limited - All Other Territories

映画レビュー

3.0ハリソン・フォードの役ではないかも。

よしさん
2021年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

家族を拉致監禁された銀行セキュリティ担当役員が、ハッキングによる強盗の指示を受けながらも、家族を救うために奮闘する物語。

ハリソン・フォード主演のサスペンスです。2006年製作の作品ですが、少し古臭い印象を与える映画です。

家族の危機に恐怖する主人公をハリソン・フォードが熱演します。
主人公家族を描くドラマとしては、良く描かれていると感じます。

ただ、コンピュータ犯罪としては、それ程の深みがないのが残念。コンピュータ技術を屈指した攻防等があれば、もっとスリリングになったように思います。
前述の古臭さは、この辺りから感じ取ったのかもしれません。

また、ハリソン・フォードに、コンピュータの専門家の役回りは不似合いなことも難点。
個人的には、最後まで違和感を拭えませんでした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.0ハリソン御大の戦闘能力!

2019年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アクション大魔王

3.0ツルハシ持ってイナバウアー!

kossyさん
2018年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ファイヤーウォール(防火壁)はネットワークセグメント間でパケットを中継あるいは破棄するといったセキュリティ・システムのこと。インターネットの普及に伴い、安全性を確保するためにアクセス制御は重要なポイントです。情報セキュリティアドミニストレータ試験を受験するために勉強していたのに、参考書が本棚の奥に押しやられてしまいましたが、この映画を観て、また受験欲がメラメラと沸いてきました。システム的、管理的、人的セキュリティの3つがあって、銀行強盗はこの人的セキュリティを狙うなんてのは最も短絡的であり、確実な方法。これを防止するにはシステム開発者を隠すしかないようです。

 ネットワーク侵入のためのパスワードを2段階にする等、コンピュータセキュリティに言及するのは序盤だけで、犯人たちがスタンフィールド家に立てこもってからは普通のサスペンス映画となってしまいました。ベタだベタだと思っていたら、犯人役までベタニーでしたが、ハリソン・フォードと並んでも身長差がくっきりで、やっぱりカッコいいですね。ベタじゃない部分としては時代を象徴するかのようにi-podやGPSを上手く取り入れ、ちょっと古いかもしれないFAXと融合していました。

 『T2』のT-1000役であるロバート・パトリックも出演していたおかげで、スカイネット社の開発者ジョー・モートンとハリソン・フォードがダブって見えてしまいました。しかも、ハリソン・フォードの娘の名前がサラだったのでかなり混乱してしまいます。ハリソン・フォードの妻役にはヴァージニア・マドセンでしたが、『ダイハード』でのブルース・ウィリスの妻役であるボニー・ベデリアと似てるような気がしました(ちなみに『推定無罪』で共演してます。犬の名前と同じだった?)。

 短絡的な発想でしたが、この犯人たちは事後処理に関して用意周到。ギャンブルでの借金、妻の浮気、ファイルがどうのこうのと、ハリソンを殺人犯にまで仕立て上げようと根回ししていたことがすごかったです。この辺りを描きたかったためか、『逃亡者』になる心理描写が足りなかったことや、ちょっとしたストックホルム症候群の部分が蛇足だったような気もします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0ハラハラドキドキ感は感じれたけど…

iga-maxさん
2016年1月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
iga-max
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る