劇場版 幼女戦記

劇場公開日

劇場版 幼女戦記
37%
46%
12%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カルロ・ゼンによる戦記ファンタジー小説を原作とするテレビアニメ「幼女戦記」の劇場版。統一暦1926年。金髪碧眼の少女ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる帝国軍第203航空魔導大隊は、南方大陸での共和国軍残党との戦いに勝利する。凱旋休暇を期待していた彼らだったが、連邦国境付近における大規模動員の兆候が確認され、参謀本部から新たな特命が下る。その頃、連合王国主導の多国籍義勇軍が連邦内部に足を踏み入れる。その中には、父を殺した帝国に対する正義を求めて銃を取った少女メアリー・スー准尉の姿もあった。テレビ版の上村泰が引き続き監督を務めた。

2019年製作/101分/PG12/日本
配給:角川ANIMATION

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

映画レビュー

4.0見応え充分の軍記もの

ローチさん
2019年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幼女が戦場に出るという奇抜なアイデアに、緻密な軍略を巧みに織り込んだ本格的な軍記ものとして見応えがある。
テレビアニメ版からの続きものなので、映画から入ると事情がわかるづらいだろうが、第一次、第二次大戦をミックスした架空の欧州に、幼女となって転生してしまった主人公が、自分を転生させて神に復讐を誓うという話なのだが、神の存在と血みどろの戦に現実世界の不条理を重ねている作品なのだろう。後方支援で安全に暮らしたい主人公は、いつまで立っても前線から退かせてもらえない。戦果は拡大する一方で、人の争いの歴史は途絶えることはない。
ソ連をモデルにした共和国の酷さがすごい。忖度の連鎖の伝言ゲームで上層部に情報が届いたと時には、崩壊寸前の前線の状況は前向きなものへと変わっている。ロリヤもヒドいキャラだが実際にモデルがいる。現実の戦争もこれぐらいナンセンスなことがまかり通っているのだろう。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ローチ

1.0メアリーとの対決シーンが良かった!!

2020年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

TVシリーズも観ましたが、ストーリー以前にやはり悠木碧の尊大な態度と話し方が苦手で楽しめませんでした(主題歌は好きでよく聴いています)。同じようなシーンの繰り返しですが、メアリーとの対決シーンは印象的でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ

駄作

2020年5月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

映像は作り込んでるよね、確かに。でも、
とてもじゃないけどアニメ2期は期待出来ない。
戦争を描いた作品なのに、私的な部分にフォーカスし過ぎた結果、クライマックスに必要な人物、エピソードを省略し過ぎ。
残ったのは雰囲気のみ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きぅぴぃ

4.0理性的な戦争なんかない

2020年1月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ネコ脱皮
すべての映画レビューを見る(全72件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る