僕等がいた 前篇

劇場公開日

16%
41%
34%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が次第に矢野の心を開かせていく。やがて2人はさまざま葛藤(かっとう)を乗り越えて恋を実らせるが……。共演に高岡蒼甫、本仮屋ユイカ。

2012年製作/123分/G/日本
配給:東宝、アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2012「僕等がいた」製作委員会 (C)2002小畑友紀/小学館

映画レビュー

2.5見ててこっちが

2022年4月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

萌える

恥ずかしくなる。
ただただ親友役の高岡さんがいい人。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ピロシキ

3.5高校生の恋愛映画にしては濃く重い

2021年5月16日
Androidアプリから投稿

知的

難しい

幸せ

吉高由里子つながりで探してたまたま見たんだが、これは良作ではないか。そうかそうか。こんな映画もあったのか。

高校生の恋愛にしては、複雑で、深くて、重い。今までいろんな高校生の恋愛映画を見た事があるが、あまりないんじゃないの。話の中心は人が死んだとこからが全てのスタートだから必然的にそうなる。

高校生時代の自分は、恋愛なんて全く無縁。まして高校生で、こんな深い濃い恋愛をすることなんて想像ができない。

※話はそれる
吉高由里子を最初に見た時、あれ、なんか可愛くないと思った。直近のテレビドラマ危険なヴィーナスの吉高由里子とだいぶ印象が違う。しかし、次第に見ているうちにだんだん綺麗に見え。若い吉高由里子もやっぱり吉高由里子だ。あたりまえ。吉高由里子は、好き嫌いがわかれる女優だと思う。嫌いな人は吉高由里子は何にでていてもキャンキャンとした声が耳障りで同じ役にしか見えないとかいう。

僕はそれもわかるんだけど、やはり吉高由里子が好き。美貌もさることながら演技力と存在感は唯一無二だと思う。

※話は戻る。この初期の本作でも吉高由里子はすでに完成されている。すごいなやっぱり吉高由里子。
生田斗真は、映画「友罪」などでも素晴らしい演技力で知っていたけど、やっぱり本作でも存分に魅力を発揮していた。
あと本当にいい役柄といい演技で当り役なのは高岡蒼甫だ。彼がいないと成立しないストーリー。男が惚れてしまうタイプだ。パッチギに出てたみたいだけど、さすがに昔過ぎて忘れている。
また死んだ娘の妹役がめちゃくちゃ影を落としていて怖いくらいの異彩を放っているんだが、これ本仮屋ユイカなんだね。メガネしていて気づかなかった。本来はヒロインみたいな優等生タイプの女優なのに、よく頑張っている感じだ。

恋愛って難しい。ある時は実にシンプルに見えて、ある時はめちゃくちゃ複雑にも見える。

この映画では、元彼女が死んでいて忘れられなくて、そんなとこで、わかりやすく出てくるけど、真面目に考えると、人を好きなんて軽くは言えなくなる。

人を好きになるってことをちゃんと丁寧に扱っている映画ではあるかなあ。僕はそこが好きだ。

人を信じること、相手や自分の気持ちとしっかり向き合う事の大切さを再認識させられる。

感情の移りゆく変化、心の葛藤、細やかに描いている。

他の人のレビューまだ見てないけど、よく見るような単純にキュンキュンする映画ではないんじゃないのか。たぶん。あと、吉高由里子の恋愛観とか人間出来すぎだもの。

→と書いてから他の人の感想を読み、キュンキュンしたい人にオススメってたくさん書いてあった(汗)そうかあ。
でも、死んだ彼女にそれも裏切られた傷まであって、それでも忘れられなくて、その妹と関係を持っていてとか、好きなのに東京のお母さんについてゆくよう促すとか。人を愛する事も愛される事も幸せだけど、反面、そんなに全てを受け止めたり、相手の気持ちを最優先にできたりする高校生って、そうとうしんどいかなあ。

確かに死別、3角関係(正確には5角関係じゃないの)、遠距離恋愛、ありふれた恋愛のスタイルかもしれない。ただ、一つ一つの扱い方や、重みが違うよね。

他のレビューをざっくり見たんだけど、共感できるレビューが珍しく少ない。レビュー数も少ないから仕方ないが少し寂しい。

ただただキュンキュンしている余裕があんまりないよ。吉高由里子の役は感受性が豊かで、繊細でありながら、強いフリして、健気だなあ。

まあ、爽やかで、友情も熱い、純粋なトキメキなども満載に感じられる青春物語ではあるのだけどなあ。合唱練習、文化祭、夏祭りとかありね。でも部活はないのね。

萌えるは萌える。吉高由里子の笑顔が可愛いです。

後半がかなり気になります。

※しかし吉高由里子の家族が一切出てこないの不自然。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
れいすけ(休眠中)

2.5年齢の壁は高かった❓‼️

2021年4月30日
PCから投稿

男子の主要なキャストはアラサー、女子は二十代後半。
特に、渋いキャストなので、尚更違和感を感じて、感情移入が難しい、観てる側の問題かもしれませんが。
本仮屋ユイカが現在と別人みたいで、さらに違和感。
後編も観る予定ですが、年齢格差は解消されるでしょうか。
吉高由里子のセーラー服と生田斗真の学生服はコスプレ感が有りますが、演技はさすがです、素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシン5

3.5大人になった(自分が)

2021年3月11日
iPhoneアプリから投稿

中学生の頃友達と映画館に観に行って、
大好きな生田斗真を観れてキュンキュンした記憶があり、久しぶりに観賞したら、なんともまあ、あっさりしてんなって思ってしまった。
なんで好きだったんだろうって思ったけどやっぱり感情は変わるね。

まあ私は断然、矢野派。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニア・ロベッカ・クロニクル
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「僕等がいた」シリーズ関連作品