劇場公開日 2019年5月31日

  • 予告編を見る

ゴジラ キング・オブ・モンスターズのレビュー・感想・評価

3.7688
27%
47%
17%
5%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全688件中、61~80件目を表示

5.0観たいものが観れたので大満足

2019年7月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
やまだ氏

4.5^_^

.575さん
2019年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ごめんなさい
地球汚して
ごめんなさい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
.575

4.0オジサン世代を泣かせる

kenwoodsさん
2019年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

もちろん、日本オリジナルとは似つかぬゴジラ顔だが、それでも泣かせるのは、オジサン世代が子供の頃に聞いたゴジラのテーマや、ザ・ピーナッツを彷彿とさせるモスラのテーマが流れたときが一番の興奮だった。
やっぱりモスラは、人類の味方でキングギドラは最大の敵という点を、アメリカ版GOZILLAになっても引き継がれていることと、もうすでに子供が見るレベルを超えた迫力は、大人おじさんに最高の映像として今後も記憶に残るだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kenwoods

4.5「日本の技術の粋」と言うべきでは

Oilonさん
2019年7月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Oilon

3.0怪獣バトルもドラマも消化不良。

2019年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

スカッとしたくて観に行くだろうし、正にスカッとさせるための作品なのに、なぜか胃もたれの残る一本。

ゴジラの強さもモスラの神秘性も伝わらず、ラドンはロダンになるしギドラはチートなピカチ○ウ。
なのにダラダラと続く2時間半…

予告以上が無いのが原因か。

「ドラマ」か「怪獣バトル」、どちらかに振り切って欲しかった作品。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ

3.5初ゴジラ

amaterasさん
2019年7月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

初めてゴジラ映画鑑賞。

ド派手でこれがゴジラなのかと思いました。

ゴジラに詳しくなかったので結局味方なのか敵なのかわからなかったですが...

渡辺謙がいい味だしていたので嬉しく感じました笑

あんな強い怪獣とどうやってコングをぶつけるのか今後の展開も期待できそうです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
amateras

4.0キングギドラMAX

2019年7月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

キングギドラがメチャクチャ迫力があってカッコいい❗

って、日本版のキングギドラってこんなに強かったっけ(-ω- ?)
ボコられて終わるイメージのキングギドラ
少し見方が変わりました(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
ハンマーユウジローウ

4.0まさに怪獣大戦争!

2019年7月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

興奮

薄っぺらなストーリーに、どんな状況でも主要キャラが死なない、そんな展開アリなのというご都合主義。ツッコミどころがありすぎて、映画に深みや感動を求める方には不向きな映画です。

・・が、それらを押して余りある大迫力の怪獣たち!
今の技術を最大限活用してハリウッドで蘇ったゴジラ!ゴジラ愛に溢れるリスペクトたっぷりの作りは、特別ゴジラファンでもない自分も大満足でした。

特にキングギドラは子どもの時に本家のゴジラ映画で見た思い出があり、何十倍にもカッコよくなって登場していて感動!

そして、映像もさることながら素晴らしいのは音楽!
誰もが知っているゴジラやモスラの曲、それだけでテンションがぐっと上がります。エンドロールも良かった!

これぞ怪獣映画という感じでとても楽しめました。細かいことは必要ありません。怪獣たちの大迫力のバトルを見るための映画です、これは!

次回作もあるようなので、同じようなテイストと熱量で作っていただきたいなと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
こたつたこ

2.0ベスト・オブ・ⅭⅯ詐欺!

a7a7a7さん
2019年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

前作に続き期待したらダメだとわかってても、ⅭⅯがよかったから見にいってしまった泣。
人間ドラマが酷すぎる。尺使いすぎなのに、全然感動できないしつまらない。渡辺健の部分だけで充分なのに。
ⅭGに免じて星2つ。だけどⅭGだけ見たいと思うゴジラファンは見ないほうがいい。それを上回るつまらなさだから。シンゴジラ見直したほうがよっぽどいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
a7a7a7

4.0キングゴジラは神の領域に❗

kazzさん
2019年6月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ちゃんと、ギドラは宇宙怪獣という設定だった。
ゴジラとモスラが狂暴な外来種に文字通り身命を睹して挑む、涙ぐましいまでの死闘・激闘。
伊福部昭と古関裕而の旋律がアレンジされた音楽に、胸熱‼️
昭和ゴジラシリーズ、vsシリーズ、ミレニアムシリーズそれぞれをリスペクトした設定がちりばめられ、製作側のゴジラ愛が伝わった。
……ラドンの日和見主義はちょっと情けなかったが⤵️

博士がいっぱい登場する。
というか、ほぼ博士と軍人しか出ない。

その中で、トップ・オブ・マッドサイエンティスツはエマ博士。
演じるヴェラ・ファーミガは、テレビドラマ「ベイツ・モーテル」シリーズで狂気の母親を演じた女優。
行動の理由を自ら語る場面があったが、目的も方法論も、全く意味不明。

カイル・チャンドラー演じる夫マーク博士は、学者なのか軍人なのか目を疑う行動ぶり。

ケン・ワタナベ演じる芹沢博士は、根拠のない解説をするだけのただのゴジラオタクで、今回も同じかと思っていたら、大きな役割を自ら買って出る。
オリジナル「ゴジラ」の芹沢博士は「オキシジェン・デストロイヤー」を意図せず開発してしまった悲劇の化学者だが、古生物学者の山根博士こそが、人類の危機回避よりもゴジラを生かして研究する方を重要視しているマッドサイエンティストだった。
ワタナベ=芹沢は、この山根博士の方に近い。
だがしかし、あのミッションに芹沢博士を行かせるこたぁねぇだろう…と思うのだが、ここでチャン・ツィイー演じるチェン博士と別れの抱擁があるので「SAYURI」のロリコンパトロンとダブってしまった(謝)

モスラとゴジラが種を隔てて繋がっているというのは❔ではあるが、怪獣語で説得するって訳にもいかないので、まぁまぁのアイディアだったと思う。
なんだか恋愛関係のように表現するのはアメリカ人の好みだろうか。
モスラは生まれたばかりなんだけど…。

オルカという装置の効果はよく解らなかったが、「三大怪獣 地球最大の決戦」で怪獣たちが鳴き声で交信していたことに由来するんだろう。
チャン・ツィイーが双子だったのは、小美人の置き換えか。

怪獣プロレスは熾烈を極める。
vsシリーズでは「UWF」へ、ミレニアムシリーズでは「PRIDE!」へと進化させたが、本作は遂に、今までの闘いが見せかけに過ぎなかったと思い知らされる「UFC」に昇華させた。

そして、悲劇は起きるのだった。
盟友の悲痛な最期を受け、バーニングゴジラが怒りのバーストでフィニッシュ。

ラストシーンは「ラスト・サムライ」かな?

エンドロールで、怪獣たちのキャストが“HIMSELF”とクレジットされていて、感激‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
kazz

2.0しょうもない映画やな

2019年6月30日
iPhoneアプリから投稿

とんでもない金をかけて、素敵な俳優女優を使って、ゴジラ、モスラ、キングギドラを出演させてこんなしょうもない映画を作れるんやなぁと感心しました!

ゴジラの周りに怪獣が集まった場面は気持ちが悪くなった、ゴジラは何もかも焼き払えばよかったんや!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おちとしひろ

4.5ドハティ監督ありがとう

2019年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

ファーストトレイラーではクラシックの「月の光」を流しセンスの良さを存分にアピール。良い予告だったんじゃないでしょうか。
そして本編。初めのアレはオリジナルより海外版を意識した造形で、ちょっぴり心配になりましたが、そんなことも忘れさせてくれる展開で、アレが流れたときには感極まって涙。。
さすが真のキング(王)
マイケルドハティ 監督ありがとう。
随所に日本のゴジラのオマージュを鏤めつつも、ドハゴジ(ドハティ版GODZILLA)色を演出していく様が心を踊らせる。前作ギャレゴジの良い意味での色味を抑えた造りから一転、美しい色合いを全編に出したのは「闘い」と「神話」を基調とした作風にとてもマッチしていてゴジラ65周年記念作品としては大満足。

デル・トロ監督の「パシフィック・リム」を絡めるても面白そうだなぁと感じた。まぁそうなると日本ゴジラオリジナル感が消えちゃうから勝手な妄想ってことでw

キャスティングも個人的にはツボ。「死霊館」シリーズのヴェラファーミガはやっぱりインパクトあるよね。 .
「SUPER8/スーパーエイト」でも父親役を務めたカイルチャンドラー 、優しい作りの顔立ちだから安心できる。
前作に続きサリーホーキンス 。ギャレゴジの時はまだ日本でも有名では無かったけどGODZILLAシリーズにはかかせなくなったよな。。

とにかく情報量が半端なく詰まった作品になっているので、もう一度観て色々確かめたいかな。ド派手な動きを感じるには大きめのスクリーンがオススメ。3D感はそれほど無いから次回はDolby Atmosで観るのがいいかも。
モンスターバースシリーズはこれからも楽しみ。
エンドロールが終わっても席はお立ちにならないように。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワイルドとみまる

3.5単純明快な怪獣バトル!

桜滝さん
2019年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
桜滝

5.0唯一、残念なキングギドラの登場シーン

2019年6月30日
Androidアプリから投稿

コンピューターグラフィックの技術で、着ぐるみでの表現では限界だった、ゴジラとキングギドラの戦闘シーンが、迫力を持って描かれており、ゴジラファンならば必見。唯一、残念だったのが、そのキングギドラの登場シーン。東宝が描いたように、空中に集まった稲妻が、キングギドラになるシーンを再現してもらいたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
デイビット・ジャガー

4.0オールスター勢揃い

hajiさん
2019年6月29日
iPhoneアプリから投稿

むちゃ面白い🤣
モスラに感情移入出来たわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
haji

5.0満点

ozmさん
2019年6月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

興奮

怪獣が大暴れしてカッコいい。怪獣映画ってそんなもん。それだけで良いんじゃないでしょうか。
小さい頃夢中になって観ていた怪獣が、ハリウッド最新のCGで観れるだけでもうれしいのです。ですが、前作はあまり好きではなく、怪獣のデザイン(特にモスラ)に少し不安はありましたがそんな心配は吹き飛ぶくらい全て最高でした。監督はゴジラ好きなんだなというのがよく伝わってきます。あっという間に二時間が終わってしまいました。

ストーリーが雑過ぎるとか、気に入らないとか文句を言うならゴジラなんて観なければいいだけです!小難しい映画でも観て自己満足すればいいのです。

細かいことは気にせず、頭空っぽにして映画をみれる人、単純にゴジラが好きな人は絶対に楽しめます。迷っている人は絶対に映画館で見た方が良いですよ。
次回作が今から楽しみです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ozm

3.0音楽と映像

2019年6月29日
Androidアプリから投稿

ストーリーが残念

もう少し脚色ねってからでいいんじゃ
落ち着いてつくってほしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画大好き

4.0核の王ゴジラ、怪獣王になるの巻

2019年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りゃんひさ

3.0吹替えは、違和感。

みーさん
2019年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みー

5.0人と怪獣で紡がれた神話

MAKOさん
2019年6月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

てのはちと言い過ぎか?
でもそれくらい怪獣が出てくるシーン全てが、まるで高名な宗教画家が何年もかけて描いた様な神々しさ。
怪獣映画は、ゴジラは、ここ迄の高みに達する事が出来るのだ。監督には敬服するしかありません。

満点付けない主義は何処ヘ?
そんなもん劇場ヘ3回も観に行ってしまった後ではどうでもよい事です(笑)
IMAX3Dで2回、2Dで1回。
雨、雪、火の粉等の空気中の演出が素晴らしく(専門的な名称有るんだろうか?御存知の方教えて下さい)2Dと3Dでは映像の深みが全然違い、おそらくそこも意識的に作られているので3D効果の新たな演出を編み出していると言えるのでは。

満点付けた要因として、多くのレビュアーさんが指摘されてるように(ゴジラを生んだ)日本ヘのリスペクトが作品全体に行き渡っており、これで満点付けないのはゴジラを観て育った身としては出来る事では無く、今はもう感謝の気持ちしかないからだ。
書いてて気付いたが確かにゴジラに特に思い入れが無い人が観れば、評価は違ってくるかも知れない。
しかしこの作品に配された数々の小ネタが示しているように、明らかにゴジラファンに伝わるように作られた作品なので、ファンの評価こそが正しい評価だと胸を張って云いたい。
アニゴジ作ったスタッフはこれを…いや、もうあれ以上は云うまい。何がいけなかったのか、何が足りなかったのか、今頃嫌というほど思い知っている事だろう。

しかしこれまでのゴジラ映画が霞んでしまう程の傑作を作ってしまって、まだ次のゴジラが控えているというのは喜ぶべき事なのだろうか?あそこで止めておけばね。なんて事にならねば良いのだが。

最後に少々ネタバレになるかも知れないが、渡辺謙の最後のセリフを日本語にしてくれた事。そのセリフに素晴らしい英訳を付けてくれた事。その英語字幕をそのまま残してくれた事に、心から敬意を表します。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 9 件)
MAKO
「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の作品トップへ