ゴジラ キング・オブ・モンスターズ インタビュー: “先駆者”渡辺謙、木村佳乃&田中圭に託す思い

ホーム > 作品情報 > 映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 > インタビュー > “先駆者”渡辺謙、木村佳乃&田中圭に託す思い
メニュー

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

劇場公開日 2019年5月31日
2019年6月1日更新
画像1

“先駆者”渡辺謙、木村佳乃&田中圭に託す思い

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」で、5年ぶりに芹沢猪四郎博士を演じた渡辺謙。未確認生物を研究する特務機関モナークの中枢として、ゴジラの最大の理解者として、キングギドラたちとの対決を見守り、日本人の矜持を持って対じする。日本語吹き替え版では木村佳乃田中圭が声優として参加。3人の鼎談(ていだん)は、自らの声を吹き替えた渡辺、田中、木村の順で行われたアフレコから、海外進出の話題まで多岐にわたった。(取材・文/鈴木元、写真/根田拓也)

「試写を見た時に『やったな』という感じはありました」

ワールドプレミアを終えての渡辺の実感だ。舞台は2014年「GODZILLA ゴジラ」から5年後、テロ集団がモナークを急襲して奪ったテクノロジーによりギドラ、ラドン、モスラなどが次々に復活。モナークの役割と存在意義が問われていく。

「面白いということに関しては、比較検討はしたくないけれど1より怪獣も増えているしファイトシーンも多様化している。なおかつ、ベースになるテーマがクリアになっているので、エンタテインメントとゴジラが持っているテーマ性がうまくブレンドされたものになっている気はしています」

モナークのメンバーも様変わりし、5年ぶりに同じ役を演じるのも初めてだったが、特に意識することはなかったという。「SAYURI」(05)以来となるチャン・ツィイーとの共演も喜びが大きかった。

「5年がたって、カオスがどんどん深まっているという状況がうまく変わっていたので、逆に言うとすごくやりやすかった。新しく何かを積み上げる必要もなかったし。彼女(チャン)も結婚して子どもができてブランクもあったけれど、こうやって同じ土俵でまた仕事ができるのはうれしいよね」

今回、芹沢はゴジラと至近距離で接するシーンがある。その際のセリフは、自らの提案で日本語に変えたという。

「すごくパーソナルなシーンですから。モナークの人間というよりは、ゴジラをずっと研究し続けてきた男として命懸けで事に当たるにいたって、そこは母国語でしゃべるに決まっていると思っていたから。最初にオールキャストで(脚本の)読み合わせをした時に、マイケル(・ドハティ監督)にだけは言っていたんだけれど、そのシーンをいきなり日本語で言ったんですよ。そうしたら皆が『ほ~』という反応がすごく良かったので、マイケルと『OK、これでいこう』となりました」

ただ、自身の声を吹き替えることには「気持ち悪いんだよねえ」と苦笑。「できるだけリップと音が合うように、ディレクターと文言を変えたり、文章を逆にしたりということはありました。演じている時の感覚が残っているから、本当にアフレコを日本語でしている感じなんですよ」

ここで、田中が素朴な疑問を呈する。「撮影の時、ゴジラはいるんですか? 目安というかイメージというか…」。渡辺がすかさず「いるわけないじゃん」とツッコミを入れた後、説明する。

「イマジネーションを喚起するように絵コンテも見せてくれるし、このシーンをこのアングルで撮るというアニメーションを前もって作ってある。人間はこのくらいの大きさで、怪獣たちはこういう動きをしているというレクチャーを全員で受けてコンセンサスを取ってからスタジオに入るからやりやすかった」

納得顔を浮かべる田中は、洋画の吹き替えは初挑戦。しかも、実年齢が20歳近く上のカイル・チャンドラーの担当で、渡辺とともに怪獣たちの戦いを分析しテロ組織に拉致された妻子を救おうとする役どころ。渡辺とは12年のNHK「負けて、勝つ 戦後を創った男・吉田茂」で親子役だっただけに、「今日もけっこうしびれています」と緊張感を隠さない。

「やりながらどうしても年齢の差が引っかかって、監督に何度も『これ、大丈夫ですか?』と聞きながら、なるべく声を落とそうとしました。カイルさんの声にのっとってやっているつもりでも地声に戻ってしまって、声のキーに一生懸命になるジレンマもありました。謙さんとカイルさんが対じしていても見られるのですが、自分がとなるとちょっと待ってくれという葛藤もありましたね」

一方の木村はこれまで、「ジュラシック・ワールド」シリーズのブライス・ダラス・ハワードや「パディントン」のニコール・キッドマンら吹き替えの経験は豊富。今回はベラ・ファーミガ演じるエマ役で、アフレコも、楽しみながらできたという。

「だいたい声の低い人の依頼が来ますね。映画は個人的には字幕で見るんですけれど、娘が小さくて(7歳と5歳)、一緒に行く時は必ず吹き替え版を見るので、吹き替えのお仕事はすごくうれしいんです。アフレコもオーケストラが入りそうな広い部屋で、優雅な気持ちで楽しくできました。公開されたら、ちょっと怖いかもしれないけれど連れて見に行こうと思っています」

木村はまだ完成した作品を見ていないが、田中は吹き替え版を観賞。それでもまだ、ゴジラ映画に関わった喜びよりも不安の方が大きいと表情をゆがませる。

「僕の中ではまだ、大丈夫かなという気持ちが勝ってしまっています。祈るような気持ちで見ていましたし、見終わってマネージャーたちに『なんとかなっているよね』と確認したくらいです」

渡辺から「そんなんじゃダメだし」と手厳しい言葉も出たが、自身はハリウッドに進出して15年以上がたち、着実にキャリアを築いている。それでも、振り返ることも立ち止まることもしない。来年公開の第3作「ゴジラvs.コング(仮題)」には小栗旬が出演しており、後輩に奮起を促す。

「日本の俳優として中核を担って参加しているのは、すごくつながっている感じがしてうれしい。僕も思い出に残っている作品はたくさんあるし、友達も知り合いも増えたのでキャリアだとは思うけれど過去は過去。とにかくやり続けるしかないわけで、それこそ小栗くんもそうだし、圭くんもそうかもしれないし、どんどんと背中を踏んづけて先に行ってくれよという感じはしている。トライしてほしい」

小栗は所属事務所の先輩のため、田中も慎重な姿勢を崩さない中でも意欲を見せる。

「あこがれもあるし、尊敬もしています。謙さんとお食事をさせていただいた時に、謙さん独特の格好良さがあって自分もいつかはとは思います」

対する木村は英国生まれで、08年のカンヌ映画祭でオープニングを飾った「ブラインドネス」に出演しており、共演したジュリアン・ムーアに刺激を受けただけに積極的だ。

「ロケに小さいお子さんを2人連れていらしていて、ハードな役なんですけれどものすごく明るくてパワフルな方。休憩時間に子どもとキャッチボールもしているし、私もこうなりたいとあこがれたのを覚えています。今は子どもが小さいので日本をベースにしていますけれど、機会があったらいろいろな所でいろいろな人種の方とお仕事をするのは楽しみ。全く先入観のないところでお仕事をするのは、フリーな気持ちですごく楽しいんですよ」

渡辺が「ラスト サムライ」に出演したのは40歳を過ぎてから。可能性は無限に広がっている。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

令和の世に唸りをあげる昭和テイスト。感じろ、チャンピオンまつりの“魂”継受を!!
映画評論

数億ドルに及ぶ巨額と高度なメイキングによるゴジラ映画が、どれほど壮絶な視覚体験を提供してくれるのか——? これは日本の怪獣ファンが抱く共同幻想だ。先述がもたらすであろう洗練さと迫真性こそ、我が国のスーパーキャラクターに与えられる当然の...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全534件)
  • 映像的には迫力のある1本! 映像だけでも見る価値はある1本だと思う! ただ、キャラの言動が理解出来ないからストーリーが良く解らなかったなぁ〜! はたまた、ゴジラをずっと見ている人には理解出来たのかな? ...続きを読む

    みつ みつさん  2019年6月16日 12:48  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 第一期ゴジラ世代の感想 公開初日に我慢出来ずに観に行ったというと、凄いゴジラファンのように思われそうですが、冷静に考えて私はそれ程のゴジラファンではないと思います(笑) 私(64歳)が怪獣映画に夢中になっていたのは小学... ...続きを読む

    Hideaki Yamane Hideaki Yamaneさん  2019年6月16日 12:47  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • はあ いくなんでも古すぎる。ネタの使い回しはやめたら。 ...続きを読む

    ぱよぱよちーんww ぱよぱよちーんwwさん  2019年6月16日 10:22  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 女の機嫌の直し方 「女の機嫌の直し方」で早見あかり&松井玲奈が切りこんだ、男女間の価値観の違い
  • インタビュー ザ・ファブル 岡田准一、実写「ザ・ファブル」主演を後押ししたもの 木村文乃&山本美月と語る
  • インタビュー 旅のおわり世界のはじまり 前田敦子の結婚を予言していた!? 黒沢清監督「旅のおわり世界のはじまり」での不思議なシンクロ
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報