ナチュラルウーマン

ALLTIME BEST

劇場公開日:

ナチュラルウーマン

解説

「グロリアの青春」のセバスティアン・レリオ監督が、自分らしさを守るため差別や偏見に闘いを挑んだトランスジェンダーの女性を描き、第90回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した作品。ウェイトレスをしながらナイトクラブのシンガーとして歌うトランスジェンダーのマリーナは、歳の離れた恋人オルランドと暮らしていた。しかし、オランドは自身の誕生日の夜、自宅のベッドで意識が薄れたまま亡くなってしまう。最愛のオルランドの死により思いがけないトラブルに巻き込まれ、容赦ない差別や偏見を受けるマリーナは、女性として生きていく権利を胸に前を向いて歩くことを決意する。主人公のマリーナ役を自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ベガが演じる。

2017年製作/104分/G/チリ・アメリカ・ドイツ・スペイン合作
原題:Una Mujer Fantastica
配給:アルバトロス・フィルム
劇場公開日:2018年2月24日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第90回 アカデミー賞(2018年)

受賞

外国語映画賞  

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

映画レビュー

4.5「私は人間」人の尊厳を描いた作品

2018年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

トランスジェンダーの役をトランスジェンダーであるダニエラ・ヴェガが演じているという点でも重要な意味を持つ作品だが、内容的にも社会の中でトランスジェンダーがどのように扱われているのか、人間関係の点でも制度的な点でも重要なポイントと突いた作品だ。

恋人の死に際しても彼女は、葬式に立ち会うことができない。同性婚の制度がなければ、法的にもその権利はないだろう。死んだ恋人の元家族に拒まれ、葬式に出ることすら叶わない。その他、多くの偏見に主人公は向き合わなくなてならない。

一方で、トランスジェンダーに限らず、自分は何者であるのか、自問を促す作品として本作は優秀だ。「お前はどっちなんだ」と聞かれ、主人公は常に「私は人間」と答えるのが印象的だ。男であるか、女であるか、トランスジェンダーであるかの前に人間であるという感性を忘れないこと。当たり前のことをスルーしないことが人間関係に大切なことだ。この問いがあるから、本作は女についての映画ではなく、トランスジェンダーについての映画でもなく、人間の尊厳についての映画になり得ている。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
杉本穂高

4.0素敵な女性

2024年2月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
つとみ

3.5男女の型にはまらない人

2024年2月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

「年齢差」だけでなく「性別」でも差別を受ける
先入観で最初から疑いをもたれ、「同じ」発言や行動でさえも
違和感をもたれしまう。
今もそういった心無い言動や差別を受けているであろう人達がいる。
差別や攻撃を受けても暴力や暴言で返さず辛抱強く耐えている姿が
印象的だった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
RIRI

4.0切ない作品

2023年6月18日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

難しい

ただ人を愛するということがいかに難しいかを考えさせられる作品。劇中歌の「you make me feel like」では、あなたの存在がわたしをナチュラルウーマンだと思わせてくれるのだと何度も歌っているが、パートナーが亡くなった後の彼女の心理を考えると胸が締め付けられるような思いがする。女や男ではなく人として愛することの意味を教えてくれる作品

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ガガーリン
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る