あさがおと加瀬さん。

劇場公開日

解説

女子高生同士のまぶしく切ない恋模様を描いた、高嶋ひろみによる人気漫画をアニメ化。高校2年生で緑化委員を務める内気な女の子の山田結衣と、陸上部のエースで隣のクラスの美人な加瀬友香。ある日、結衣が植えたあさがおをきっかけに言葉を交わした2人は、次第に距離を縮めていくが……。「アイカツ!」「エロマンガ先生」の高橋未奈美が山田役を務め、佐倉綾音が加瀬さんを演じる。共演に木戸衣吹、寿美菜子、落合福嗣ら。人気アニメ「STEINS;GATE」を手がけた佐藤卓哉が監督、「舟を編む」「フレームアームズ・ガール」のZEXCSがアニメーション制作を担当。

2018年製作/58分/G/日本
配給:ポニーキャニオン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。」製作委員会

映画レビュー

3.5キラキラだけを詰め込んだ映画

2018年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

内気な女の子と活発なクラスの人気者の女の子の恋愛と友情の間の物語。いわゆる百合ものだが、原作はどちらかというと女性ファンが多いと聞いていたけど、劇場の観客は男性の方が多かった。

何事もことごとしく起こらず、ほんわかした空気で進む。約1時間と短い作品なので、明白な起承転結のある物語でなく、断片的なエピソードを重ねて二人の気持ちの揺れを丁寧にすくい取った作品だ。

監督は原作の良さを活かすために、ドロドロせず、いかに光だけを描くかにこだわったそうだ。確かに内容的にも青春のキラキラした場面だけどを切り取っているし、映像的にも光の描写が印象的だ。きれいなところだけどを抽出して描いたような、それはリアルからは離れているかもしれないけど、そういうものがあってほしいという願いが映像になっている。

確かにこの2人を見ていると、青春の影やドロドロを見たいとは思えない。わずか1時間だけでもそんなキレイだけのものがあっていいと思うし、あってよかったなと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

2.0同棲に恋するという悩みがクリアされた時

2021年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

『翔んで埼玉』の主人公は高校生で、なおかつ男の子どうしの設定だそうな。見ていないし、原作も未読なのだが、配役としてはGACKTさんと二階堂ふみさんが演じているのには、それなりに理由があるのだろう。そのひとつには、同性なのに、あわい恋愛的関係を匂わす狙いがあるのではないか。

マーケット的には、同性なのに恋愛関係が成立してしまうこと自体は問題ないのだろう。それを、見る人の抵抗なく受け入れてもらえるようにするには、多少の脚色が必要になる。

むさ苦しい柔道部と相撲部の男同士の恋愛なんて、たとえあったとしても誰も見ようとも思わないであろう。

ところで、そのことを抜きにして、純粋にふたりの愛を育む物語として見た時、このアニメ、いったい何が面白いのか。つまり、同性である、という最大の障害を乗り越えてしまったときに、交際中の高校生が、進路に悩み、離れ離れになっていくありがちなストーリーのどこに見るべきものがあるというのか。

そして、まともには見ていられないほどにあまったるい。赤面してしまった。

2019.4.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.0幼い一途さが…

tunaさん
2020年7月23日
iPhoneアプリから投稿

堪らなく良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

4.0百合のアニメ映画とは

2020年5月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

萌える

初めて百合アニメ映画を見た。
自分も男性だが、決して変な考えがあって見たわけではない。

この映画を見た上で覚えていて欲しいのは、社会に出るこれからの人に見て欲しい。

話を変える。
評価点は絵が綺麗だった。
また恋愛アニメなのでもう少し時間を伸ばして、エンドロールが終わった後で何か続きをつけるといいのかもしれない。
まぁ無理だと思うがゲスト声優をつけると見る人がもう少し増えたのかもしれない。

また最後にいうなら自分は少し違う風に恋愛アニメに
触れたが、これが恋愛アニメか。
という風に体感できた。
いつかはこのような恋愛が日本では当たり前になることとなるのか思う。
そしてこの映画を見て青春というものを思い出してほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シグナル
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「あさがおと加瀬さん。」以外にこんな作品をCheck-inしています。