「キラキラだけを詰め込んだ映画」あさがおと加瀬さん。 ローチさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

あさがおと加瀬さん。

劇場公開日 2018年6月9日
全16件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

キラキラだけを詰め込んだ映画

内気な女の子と活発なクラスの人気者の女の子の恋愛と友情の間の物語。いわゆる百合ものだが、原作はどちらかというと女性ファンが多いと聞いていたけど、劇場の観客は男性の方が多かった。

何事もことごとしく起こらず、ほんわかした空気で進む。約1時間と短い作品なので、明白な起承転結のある物語でなく、断片的なエピソードを重ねて二人の気持ちの揺れを丁寧にすくい取った作品だ。

監督は原作の良さを活かすために、ドロドロせず、いかに光だけを描くかにこだわったそうだ。確かに内容的にも青春のキラキラした場面だけどを切り取っているし、映像的にも光の描写が印象的だ。きれいなところだけどを抽出して描いたような、それはリアルからは離れているかもしれないけど、そういうものがあってほしいという願いが映像になっている。

確かにこの2人を見ていると、青春の影やドロドロを見たいとは思えない。わずか1時間だけでもそんなキレイだけのものがあっていいと思うし、あってよかったなと思う。

ローチ
さん / 2018年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報