劇場公開日 2018年2月1日

  • 予告編を見る

スリー・ビルボードのレビュー・感想・評価

4.0467
35%
52%
10%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全467件中、1~20件目を表示

4.53つの看板広告で、ここまで広げられる発想力が凄い! 一方で2年経っても解けない謎も…

2020年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
細野真宏

4.52018年の公開作で最重要と言っても過言ではない

2018年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

18年の最重要作と言っても過言ではない。これは片田舎で起こった小さな物語ながら、おそらくこの舞台には世界中のあらゆる人々の生き様が集約されているのだろう。だから我々はこの数少ない主人公たち(ビルボードの数と同じく3人)がいかに無茶苦茶をやって、己の行為について後から悔いたりしたところで、単純に糾弾したり同情することなどできやしない。

3看板によって突きつけられる言葉は「汝は天に顔向けできる人間か?」というあらゆる人間に発せられた問いかけでもある。誰もが全うな人間でありたいと願いながら、そうであることは難しい。全うに生きているつもりでも、気付かぬ内に道を踏み外していることもある。だが人は俯瞰したり意識することで変われる。正反対の人と繋がることだってできる。そんな普遍的なテーマへいざなうにあたり、これほど複雑怪奇なストーリーテラーぶりで我々をとことん翻弄したマクドナー監督に心から脱帽である。

コメントする
共感した! (共感した人 6 件)
牛津厚信

4.0「悪い冗談」のような傑作

2018年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

良い意味で言うのだが、悪い冗談のような作品だ。登場人物のやることなすこと、ほとんどすべてが上手くいかず、想定外の帰結を呼ぶ。結末もあさっての方向に着地していると言って良い。そんなことをしてなんになるのだというような感じだ。

にもかかわらず、救いを感じさせてしまう。確かに人間はそういうものだ、という深い納得がある。

フランシス・マクドーマンドが主演だからというのもあるが、コーエン兄弟の『ファーゴ』を思い出した。狂言誘拐で少し身代金を取ってやろうと思いきや、やることなすこと裏目に出て、とんでもない殺人事件に発展していく。

アメリカの田舎の閉塞的な人間関係の描写を本質と観てもよいが、それだけではない凄みがある。主人公が見かけたシカはなんだったのか、自殺する警察署長の傍らで悠然としている2頭の馬など、異様に人知を超えた何かを感じさせる。人の努力とは別のところで運命は決定づけられているような、そんな奇妙な白日夢を観た気分だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 22 件)
杉本穂高

5.0マーティン・マクドナーが試みた西部劇の再構築。

2018年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

カールした髪を少しだけ後ろで束ねて、そこにバンダナを締め、ツナギで武装した怒り心頭の母親、ミルドレッドが、ギターの爪弾きに乗って、レイプされ、焼き殺された娘の敵を討ちに行く。さながら、現代のミズーリにカウボーイがワープしてきたかのようではないか!?ジョン・フォードと同じくアイルランドに故郷を持つ監督&脚本のマーティン・マクドナーは、偉大な先人に敬意を表し、西部劇の再構築を果敢に試みている。しかし当然、ここでは善対悪の構図はかつてのように単純ではなく、悪人に見えた人間には情状酌量の余地が大いにあり、さも善人面して登場する人物が巨大悪の手先だったりする。そんな時代に、ひたすらいがみ合い、傷つけ合うことなど無意味なのだ。互いに思いやりを持ち、理解する努力を怠らないことこそ、人としての知恵ではないのか?想定外に次ぐ想定外で観客をとことん混乱させる物語は、最後に心和む着地点を用意して、そこはかとない余韻を残して幕を閉じる。その余韻はしばらく消えることはない。オスカー云々に関係なく、今年まず観るべき1作だ。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 17 件)
清藤秀人

5.0評判にたがわぬ大傑作

2018年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

悲しい

知的

伏線らしき情報をちりばめて、こうなるんだろうなと飛びつくとあっさり予想を外される、緻密に練られた脚本がまず見事。これはジャンルの定石に収まらない、オリジナルな展開に満ちたストーリーだ。

フランシス・マクドーマンドにとって『ファーゴ』に並ぶ代表作だ。ウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルも実にいい。とりわけロックウェルがずっと嫌われ警官かと思いきや、まさかの“成長”を見せて驚かせる。

レイプされ殺された娘、町で孤立する母親、ガンで余命わずかの警察署長。悲劇的な要素に満ちているが、どこか人間を信じているような温かみ、確かな力が映画に光をもたらす。体験してよかったと心から思える傑作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 29 件)
高森 郁哉

4.0暴れん坊母ちゃん

2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

娘が殺された事件を解決できない警察を八つ当たりして広告看板に警察署長批判メッセージを掲げるヘイト母ちゃんと女性蔑視の粗暴な警察官の物語。
警察署長は実はかなり熱心に捜査をしている立派な人物なのに、そんなことも知らず母ちゃんは暴走モード。警察署長は自殺して粗暴な警察官は母ちゃんが警察署に火をつけ瀕死の重症を負う散々な展開。しかしその後にハートウォーミングな展開になるよくできた作品です。脚本も演出もキャストの演技もいい。
この物語の舞台は高度経済成長から置いていかれたミズリー州ということも大きく関係している。最初はとんでもばばあと思ったけどかなりの良作だぞ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

4.0もがき苦しんだその先に・・・

ゆり。さん
2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

この映画について事前に知っていたのは、母親ミルドレッドが、レイプされて殺された娘の事件の捜査が進まないことに業を煮やし、町はずれの道路に3枚の看板広告を立てる、という事だけです。娘の為に精力的に行動する母の愛、というシンプルなテーマかと思っていたら少し違いました。

アメリカ南部の寂れた、一見のどかに見える町には色々問題があり、人種差別、偏見、偽善者の事なかれ主義、人々は問題から目を逸らしていた。
「ここの警察は黒人だけを殴るんじゃないのか」というようなセリフがあります。また、神父に母親が「少年がどんなに犯されてもあなたは見ないふり」と言うセリフ。娘が犯されたのに敢えて少年、と言ったのは、「スポットライト世紀のスクープ」という映画で観た、実際にあった聖職者による子供への性的虐待事件を想起させ、この映画はアメリカが抱える様々の問題を描いていると思います。

一方、ミルドレッドにも問題があり、娘に最後にひどい言葉を投げかけた事に苦しんでいた。(しかし、あの道、夜は真っ暗で、徒歩なんて考えられない。私が娘なら友達に迎えに来てもらうか、出かけるのを止めますが)母親の警察への怒りは、そのまま自分への怒りでもありました。警察署長を始め一部の人間は心を寄せてくれるものの、町の人達や娘の父親である元夫にさえ中々理解してもらえず、母親は孤立していき、互いに傷つけ合う・・・その対極の無垢な存在が、馬や、寄せ植えの花や、若い雌鹿でしょうか。

予想したより複雑で、重い部分もありましたが、ミルドレッドの過激な行動は(犯罪だけど)痛快で、観て良かったなと思えます。
人生は過ちと後悔の繰り返し、でも悪いことばかりでもないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ゆり。

3.5悪いやつはいない

たけおさん
2020年4月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

正直、評価が難しい作品だと思います。
人によって賛否両論があるんじゃないでしょうか。
犯人を挙げられておらず、そのために広告を掲げたことから始まり、街の中でいろんないさかいが前半繰り広げられます。
後半に入るといろんな人のやさしさや気遣いが、見られるようになり、エンディングへと向かいます。
最後は、見たすぐは釈然としませんでしたが、しばらく時間が立ってみるとあれはあれでOKかなと感じました。
小さい街の3枚の広告からよく展開したなという脚本に拍手です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお

1.5話が終わる前に映画が終わった

2020年3月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

このエンディングは何かの暗示をしたつもりなのだろうか。なんにも伝わらない。
制作途中で方向性に迷い放り出したかのような作品。
道に放り出された捜査ファイルの行方は?
「チェス」という良いキーワードが出たと思ったが活かされない。
この作品を見て着想を得たプロデューサーが将来、優れた作品を作るための元ネタになるであろう映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スコジョンバー・ゴーラン

4.0あなたが動けば人は変わる!

2020年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年3月22日 #スリー・ビルボード 鑑賞
脚本がとてもいい映画。大きな広告を出すことで人の考えや行動が少しずつ動いていく。自殺、暴力、放火と動いていく中でその周りの人も動いていく。ぶつかり合うことで何かが変わる。何も解決しないラストだけどそれでも動く二人。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たくはるあかね

2.5凄まじいほどのB級作品でした・・・

2020年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まずタイトルにもなっている3つの看板ですが、
これが後々なにかの暗喩として役立ってくるのだと思っていましたが
特に何もなし。
それでも娘を凄惨な事件で亡くした母親の存在感はそこそこあります。
例えて言えばエイリアンのシガニー・ウィーバーや
ターミネイターのリンダ・ハミルトンみたいな
逞しく戦う女性の佇まいを持っています。
なのでこの母親が困難な道を切り開いてゆくものだと思って
鑑賞を進めていくのですが
この女性、実はただの悲しいばかりの脳筋なのです。
じゃあ誰が娘を殺した犯人を追い詰めてくれるのだと思い見てゆくと
登場時は酷いキャラクターとして存在していた人なのですが
その酷い性格の人が改心するきっかけがとても浅くつまらない物でした。
こんなに酷い性格の人間がたった一つの物や事で生まれ変わるとは到底思えない。
この人物に限らず全ての登場人物の性格付けがとても曖昧で作り込みも浅いので
誰にも感情移入できません。
それでも点数を2.5にしたのは時折母親や周りの登場人物が見せる
皮肉めいたやりきれない感のあるユーモアがクスッときたからです。
とにかくこの作品はミステリー要素もほぼ皆無。
何かを成し得る爽快感も皆無。
見終わった後のカタルシスも皆無。
ただただ行きありばったりでつまらない
B級ホラー映画を見た時のモヤモヤした疲れと
無駄に費やした時間の感覚だけが残りました。
唯一良心的解釈をすればこの作品が伝えたかったことは
人は見かけじゃない、無敵なヒーローなんかいない
きっかけさえあれば人は変わることができる
そんな事を言いたかったのかなぁとかなりいい方に解釈すればですが
そう思いました。
とにかく時間の無駄でした。
よく幾つかの賞をもらえたものだと驚きます。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
くるとん

4.0ミズーリの湿り気のある雰囲気とともに

2020年3月24日
iPhoneアプリから投稿

ミルドレッドは娘を亡くした深い悲しみが軸にある。

だが本作はブラックユーモアを織り交ぜながら
小気味良く進んでいく。

離婚、偏見、暴力、腐敗などタブーに近い話題も
随所に混ぜながら独特のどこか湿り気のある空気とともに展開していくストーリーは一時も目が離せない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
からあげ500g

5.0オレンジジュース

itstarさん
2020年2月29日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
itstar

4.5母の強さ。そして母の弱さ。

といぼさん
2020年2月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

事前知識が全く無い状態で鑑賞しました。タイトルだけ聞いたことがあったので、レンタルDVDの棚にあったのを見かけて借りてみました。

結論から言うと、非常に楽しめました。映画の序盤だけを見ると「娘を殺された母親の復讐劇かな」と思ってしまいそうですが、よくあるリベンジものの映画とは異なり、復讐は達成されないまま映画が終わります。でも、これ以上は無いくらい綺麗で爽快感のあるエンディングです。私は大好きです。

・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカ・ミズーリ州の人気の無い田舎道で凄惨な少女殺人事件が発生する。事件から7ヶ月経過しても一向に解決の兆しを見せない捜査に抗議するため、少女の母親であるミルドレッドは町外れに警察署長を批難する三枚の広告看板を設置した。地元警察や地元住民はこれを快く思わず、ミルドレッドとの間には深い溝が生まれてしまう。そしてこの三枚の広告看板をきっかけに、事件は思わぬ方向に動いていくのだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘を殺した犯人を突き止めたい、母親。
自分たちを批判する看板を撤去させたい警察官。
姉の死を思い出したくも無い弟。
事件解決の証拠が無くもどかしさを感じる警察署長。
娘の死についてミルドレッドを責める元亭主。

様々な人のそれぞれの思惑が交錯し、物語は思わぬ方向へ転がっていきます。
それぞれのキャラクターの考え方や会話がとにかく素晴らしく、アメリカ的な軽妙な会話シーンも楽しいですし、シリアスで重いシーンも引き込まれるような魅力があります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

5.0キョーレツな怒りを表しています。

Birdさん
2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

フランシス•マクドーマンドが「ファーゴ」に続いて2度目のオスカーを獲得しました。
始めのシーンで、神父が親身なフリをして訪れたのを彼女が叩き出しますが、
「見て見ぬフリをするのは罪に加担していることと同じ」という
ミルドレッドの怒りを吐き出しています。
以降、この怒りに突き動かされるように話は進んでいきます。
やがて、自身にもあった差別の意識に気付かされることになるのですが。

アメリカ南部の片田舎の閉鎖的な町で次々と起こる事件、
息を飲む展開です。
この映画では、特にラストが面白くて、公開時に見た時、
へぇ〜、アメリカもちょっとは変わったかな、と感じました。
未だに銃社会ですが。
怒りを胸に、どう向き合っていったらいいか考えさせてくれる作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Bird

3.5それぞれの「正義」

みなさん
2020年2月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

様々な立場の登場人物たちのそれぞれの「正義」があって、フランシス・マクドーマンド演じる母以外の人間模様も非常に重要なエレメント。それなりに面白かった。それにしても日本ポスターが良くない。作品の良さが何も伝わらない。本国ポスターも情報少なすぎだけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

3.5・・・。

かつさん
2020年2月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

 自分の映画を鑑賞する眼、人間としての感性の未熟さを痛感しました。鑑賞後、これみよがしに語れるような感じたこと、考えさせられたことは、正直に言うとなにもなかった・・・。
 ウィロビー署長の生き様に心打たれまり、ディクソンの正義感の目覚めに感心したりはしたものの、この映画の本質はこんなものじゃないんだろうと感じます。
 どの人も主人公らしくない善の行動と悪の行動を繰り返し、レイプ犯の正体もボードの放火犯の正体も、なにも解決することなく、誰にも感情移入させることなく、ものがたりが終わった。。「なんのために映画を観るのか。」ということを改めて考えさせられました。他の方々の感じたこと、思ったこともいつも以上にじっくり見てみたいと思います。
 今はこの感想が紛れもない僕の現在位置。時が経って振り返った時に「オマエ、なんにも分かってねぇなぁ(笑)」と思えるのだろうか。。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 12 件)
かつ

3.0愛と暴力

2020年2月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

どうしても主人公に感情移入して見るわけですから(我々は)。やはり最終的には 解決して終わってほしかったですね。あえてそうしたんでしょうけど。復讐は暴力しか生まない的な…。ラストシーンは けっこう好きかもしれないです。その時の感情に任せて…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
レクター

4.0なかなか

2020年1月17日
iPhoneアプリから投稿

引き込まれる映画!
とくに大きく事件が動く訳ではないけど
作り方が上手い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
のりぽん

3.5観た

CBさん
2020年1月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

オレンジジュースのシーンは、いいシーンですよね。ああいう、一発で決まる絵は、映画ならではの醍醐味だなぁ、って思います。

この映画は、他の方のレビューを読んで、「俺って、ほんとに少しのことしか感じ取れてないんだなぁ」と、痛感させられた作品です。特に、浮遊きびなごさんや、ぐうたらさんや、MPさんのレビューは、目から鱗でした。なんか悲しく感じる一方で、「ここでレビューを読めば、気づかずにいたことまでわかるんだ」という喜びも再確認という感じです。

いつか必ずちゃんと感想を書く。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 5 件)
CB
「スリー・ビルボード」の作品トップへ