デイアンドナイト

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
デイアンドナイト
デイアンドナイト
27%
56%
10%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

俳優・山田孝之がプロデューサーに専念し、「善と悪はどこからやってくるのか」をテーマに描いたオリジナルドラマ。山田と同じ事務所に所属する俳優の阿部進之介が企画・原案から携わり、長編映画に初主演。山田は俳優として出演はせず、プロデューサーに専念したほか、脚本にも名を連ねている。明石幸次は父の自殺で実家へと戻ってきた。明石の父は大手企業の不正を内部告発したことから自殺にまで追いやられ、家族も崩壊寸前となっていた。そんな明石に手を差し伸べたのは北村という男だった。北村は児童養護施設のオーナーとして、父親同然に孤児たちを養いながら、「子どもたちを生かすためなら犯罪もいとわない」という清濁を共存させた道徳観を持っていた。児童養護施設で生活する少女・奈々は、北村に傾倒していく明石を案じていたが、復讐心が次第に増幅し、明石の中の善悪の境界線が瓦解していく。主人公・明石役を阿部、北村役を安藤政信、奈々役を清原果耶がそれぞれ演じる。監督は「青の帰り道」などを手がけた藤井道人。

2019年製作/134分/G/日本
配給:日活

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)「デイアンドナイト」製作委員会

映画レビュー

3.5絶対の善も絶対の悪もない

2019年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

自動車の安全データの偽装をめぐる人間ドラマ。不正を告発したら村八分にされ、自殺に追い込まれる主人公の父。閉鎖的な社会では和を乱す奴が悪人扱いされてしまう理不尽。実際、この映画の舞台の地方都市は、大手自動車メーカーによって経済基盤が成り立っているようなので、もし不正が世間に暴かれ、倒産したら多くの失業者が出てしまうのだろう。不正を隠蔽する自動車メーカーの幹部が、家では良き夫、良き父であるのも興味深い。悪事を働く人間も、1人のちっぽけな人間にすぎない。

主人公は養護施設存続のために車の盗難に身を染める。善の目的のために悪の手段を用いる。絶対の善も絶対の悪もなく、2つはないまぜになり、それぞれの人間に矛盾を背負わせながら社会が営まれている。
同じく安全データの偽装を題材にした『七つの会議』と合わせて観ると一層面白くなると思う。不正は告発しただけでは終わらず、むしろその後の方が大変だと思い知らされる作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

4.0山田孝之プロデュース作は意外にも社会派な人間劇

2019年1月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

日本独特の閉鎖的な地域社会の舞台設定が効いている。豊田市とその周辺を思わせる自動車メーカーの企業城下町、三菱自動車のリコール隠しを想起させる不正の組織的隠蔽。登場人物の善と悪、昼の顔と夜の顔に目が向きがちだが、私たち日本人のパーソナリティーには、実はそんな日本の組織やコミュニティーの閉鎖性、倫理観より力関係が物を言う環境が大きく影響していることを痛感させる。表と裏の顔を使い分ける社会で育ち働くようになれば、おのずとそういう人間になる宿命か。山田孝之の出演作のイメージからユーモアや不条理の要素を予想したが、このテーマは意外だった。

主演の阿部進之介は強度のある演技が印象的な俳優で、今後の躍進が期待できる。「ユリゴコロ」でも闇を抱えたキャラクター(ヒロインの十代の役)で短いながらもインパクトある存在感を放った清原果耶は、奈々役でさらに演技の幅を広げた。若手女優の中でも最注目株だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
高森 郁哉

4.5山田孝之やるじゃん。

2021年1月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

.
会社の内部告発をしたことで追い詰めれれて、自殺した父親の代わりに孤児院での手伝いと夜にある仕事を行う男の話。
.
デイアンドナイトというタイトルもあって、一人の人間の善と悪を描いてる話。現実はドラマのようにはっきり善と悪に分かれてなくて、人はみんな前も悪も持っているグレーな存在。『半沢直樹』のようにあそこまではっきりしてた方が逆に生きやすいのかもしれない。
.
なのでこの映画では、それぞれの登場人物の色んな面が見えて来る。池井戸潤の小説なら最終的に土下座させられるような悪者の人物にも、良いお父さんの面がある。そういう割り切れないもの。
.
そう考えると必ず悪を滅してくれるドラマは明日を生きる勇気をくれて、現実をうつす映画は人生を生きる勇気をくれるものなのかな。
.
正義を実行したはずなのに死を遂げる父や不正を報道してくれない新聞記者などなど、『新聞記者』に繋がるものが散りばめられてて面白かった。
.
やっぱり藤井監督は光の使い方が特徴的だね!今回も主人公が主人公なりの正義を貫こうとする時、めちゃくちゃ光顔に当たってたしね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
せつこん

4.0何が善で何が悪か

たけおさん
2020年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

難しい

善と悪とは。この違いはなんなのか。
そんな気持ちにさせる映画です。
中盤以降は、なんとなく結末を予想できる展開となり、
やるせない感情を持ちながらも鑑賞しました。

私も大事なものを守るために生きて働いて行こうと思います。
主演の安倍進之介さんは、本作の原案と企画もしているところも見逃せません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけお
すべての映画レビューを見る(全82件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る