劇場公開日 2019年1月26日

  • 予告編を見る

「山田孝之プロデュース作は意外にも社会派な人間劇」デイアンドナイト AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.867
32%
53%
9%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0山田孝之プロデュース作は意外にも社会派な人間劇

AuVisさん
2019年1月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

日本独特の閉鎖的な地域社会の舞台設定が効いている。豊田市とその周辺を思わせる自動車メーカーの企業城下町、三菱自動車のリコール隠しを想起させる不正の組織的隠蔽。登場人物の善と悪、昼の顔と夜の顔に目が向きがちだが、私たち日本人のパーソナリティーには、実はそんな日本の組織やコミュニティーの閉鎖性、倫理観より力関係が物を言う環境が大きく影響していることを痛感させる。表と裏の顔を使い分ける社会で育ち働くようになれば、おのずとそういう人間になる宿命か。山田孝之の出演作のイメージからユーモアや不条理の要素を予想したが、このテーマは意外だった。

主演の阿部進之介は強度のある演技が印象的な俳優で、今後の躍進が期待できる。「ユリゴコロ」でも闇を抱えたキャラクター(ヒロインの十代の役)で短いながらもインパクトある存在感を放った清原果耶は、奈々役でさらに演技の幅を広げた。若手女優の中でも最注目株だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
AuVis
「デイアンドナイト」のレビューを書く 「デイアンドナイト」のレビュー一覧へ(全67件)
「デイアンドナイト」の作品トップへ