デイアンドナイトのレビュー・感想・評価

デイアンドナイト

劇場公開日 2019年1月26日
59件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

絶対の善も絶対の悪もない

自動車の安全データの偽装をめぐる人間ドラマ。不正を告発したら村八分にされ、自殺に追い込まれる主人公の父。閉鎖的な社会では和を乱す奴が悪人扱いされてしまう理不尽。実際、この映画の舞台の地方都市は、大手自動車メーカーによって経済基盤が成り立っているようなので、もし不正が世間に暴かれ、倒産したら多くの失業者が出てしまうのだろう。不正を隠蔽する自動車メーカーの幹部が、家では良き夫、良き父であるのも興味深い。悪事を働く人間も、1人のちっぽけな人間にすぎない。

主人公は養護施設存続のために車の盗難に身を染める。善の目的のために悪の手段を用いる。絶対の善も絶対の悪もなく、2つはないまぜになり、それぞれの人間に矛盾を背負わせながら社会が営まれている。
同じく安全データの偽装を題材にした『七つの会議』と合わせて観ると一層面白くなると思う。不正は告発しただけでは終わらず、むしろその後の方が大変だと思い知らされる作品だった。

ローチ
ローチさん / 2019年2月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

山田孝之プロデュース作は意外にも社会派な人間劇

日本独特の閉鎖的な地域社会の舞台設定が効いている。豊田市とその周辺を思わせる自動車メーカーの企業城下町、三菱自動車のリコール隠しを想起させる不正の組織的隠蔽。登場人物の善と悪、昼の顔と夜の顔に目が向きがちだが、私たち日本人のパーソナリティーには、実はそんな日本の組織やコミュニティーの閉鎖性、倫理観より力関係が物を言う環境が大きく影響していることを痛感させる。表と裏の顔を使い分ける社会で育ち働くようになれば、おのずとそういう人間になる宿命か。山田孝之の出演作のイメージからユーモアや不条理の要素を予想したが、このテーマは意外だった。

主演の阿部進之介は強度のある演技が印象的な俳優で、今後の躍進が期待できる。「ユリゴコロ」でも闇を抱えたキャラクター(ヒロインの十代の役)で短いながらもインパクトある存在感を放った清原果耶は、奈々役でさらに演技の幅を広げた。若手女優の中でも最注目株だと思う。

AuVis
AuVisさん / 2019年1月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

傑作❗

まぎれも無い傑作映画でした。山田孝之プロデュースくらいしかボクには情報が届いていませんでしたが、実にもったいない。広宣は制作のお仕事、上手くないですよ、山田P。

さすらいの雑魚
さすらいの雑魚さん / 2019年3月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分はわかってるからと叫びたい

重い、暗い、詰め込んだストーリー。
主人公に「ちゃんと、わかってるから」って言ってあげたいラスト。
でもあたしは信じてる。
どんな人にも平等に幸せが来ると。

俳優さんは、みさなん素敵でした。
演技力ないやつは出さないみたいな。
安心して見れました。

ふわり
ふわりさん / 2019年3月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

善と悪はどこからやってくるのか。

重厚な美しい映画で、その世界観にどっぷり浸かった。

阿部進之介さん、安藤政信さん、清原果耶ちゃん、役者さんの演技も素晴らしかった!

善と悪はどこからやってくるのか。

何が善で、何が悪なのか。

それを、この映画を何度も観て、自分自身に一生問い続けたい。

コジロー
コジローさん / 2019年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなか言葉に出来ないくらい頭の中がぐちゃぐちゃになる。 でも、こ...

なかなか言葉に出来ないくらい頭の中がぐちゃぐちゃになる。
でも、こういう重厚な映画を待っていた。
ぜひ多くの人に観て欲しい!

Macky
Mackyさん / 2019年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

回り、そして巡るもの

復讐の先に何があるのか。
大切な人を守って何が残ったのか。
奈々の問いかけが重くのしかかる。

善と悪の線引きの曖昧さや難しさを、つい考えてしまいがちだが、実は、その背景にある動機付けと、伴う結果が問われているのだ。

家族のため、愛する人のため、孤独な子供達のため、多くの従業員のため、生活するコミュニティのため、正義のため、様々な動機付けがもっともらしく語られても、それによって行われるものが、復讐や違法な行為であれば、その結果には虚しさが伴う。

奈々への贖罪で北村は罪滅ぼしが出来たのだろうか。
奈々は幸せになったのだろうか。
明石の復讐を父は喜んだろうか。
残された家族はどうだろうか。
孤児院の子供が、違法なお金で守られていたと知ったら喜ぶだろうか。
幸福な大人になれるだろうか。
隠蔽で守られた従業員は安心だろうか。

「そんなことはない」という答えは簡単だが、どこかに、やるせなさや虚しさが残る。そして、明解な解答が見つからないまま、過ごすしかないのだ。

僕たちは、そんな答えがあるようで、また、確信も持てない曖昧な世界に生きているのだ。
昼と夜が表裏一体であるように。
風車のように回り、そして巡って、また、同じ所に戻るように、答えを求め続けるしかないのだ。

ワンコ
ワンコさん / 2019年2月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

作品の意図は面白かったのですが...

自殺した父親の秘密を探るうちに、昼は孤児を世話する善行、夜は自動車泥棒の悪業を重ねる闇のグループに深く関わることになってしまう主人公(明石幸次)に纏わる社会派ドラマ。善行を施すにはお金が必要ですが、そのお金を得るためには何をしても良いのか?と言う重たい問題を問いかける矛先はなかなか鋭いものがあると感じました。「清濁併せ呑む」と言えば、度量の広さを褒める様な肯定的なニュアンスがありますが、一人の人間が右手で善行を、左手で悪業を行うとなると話は別。やはりそれを正当化するには無理があります。しかし、大なり小なり私達は似たようなジレンマを抱えながら、何とかその中間を掻い潜ろうとあくせくしているのが現実ではないでしょうか?その意味で本作のテーマは、少し直球過ぎて扱いに困ってしまうのですが、私達の日常の本質を突いているような気がしました。ところでこの作品では幾つか不自然に感じられる演出が気になりました。地方の小都市(おそらく東北)が舞台の筈なのに、毎夜毎夜自動車泥棒をしてもばれなかったり、盛り場がやけに大きくて盛況だったりする点は兎も角としても、闇のグループを率いる北村亡き後も孤児院が何の変りも無く運営し続けられるのは何故でしょうか?資金に余裕があったのなら自動車泥棒など続ける必要も無かった筈ですし。作品の狙いはとても面白かっただけに、偉そうなことを言うようですが、もう少しリアリティがあれば文句なしだと思いました。

ホワイトベア
ホワイトベアさん / 2019年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

山田孝之としては大人しいかな

映画としてのまとまりはしっかりしていた。テーマも善と悪の境目は何か、何が悪で何が善か、など、色々な形で問いかける。最後はしみじみとできて面白かったと言える。役者も、タイトルを体現するように昼と夜の顔を持つ安藤政信が超カッコイイ。主役の阿部進之介の演技も繊細さが際立ってあまり知らなかったけれど良い役者だ。
ただ、欲を言えば、普通に面白かったのだ。山田孝之プロデュースとくると、良くも悪くもある種の先入観が入ってしまう。その点ではもうひと暴れしてほしい気がした。

ニョロ
ニョロさん / 2019年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像が格好良かったからいいかな

正直、導入部分を全く集中して見切れていないので、終始話半分で見ていたような気がする。
話にあまり現実味がなくて、上手い具合に割愛されていた感があって、ストーリーに対して面白味を感じなかったけれど、映像そのものが自分には合っていたので、全体としては良い印象。

SH
SHさん / 2019年2月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

守るために法を破れるか ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

父の自殺で東京から戻った明石は
孤児院を運営する北村と出会い北村の元で
働くことになる

明石の父は内部告発によって逆に追い詰められ自殺を
してしまう
いけないことをいけないと言ったがために
まわりから総スカンされ 白い目で見られ
いったい何が正義なのだろうかと ここで考えさせられる

明石と北村を中心に物語が進む

孤児院を運営する北村も施設を運営する資金として
車を盗みそれで資金を稼ぐ裏稼業をしていた
他にもやばいが人助けのような仕事も描かれる

北村と施設にいる奈々の関係も重要なポイントな気がする
多分この彼女のために施設を作ったのではないのか
北村も表では生きられない理由もわかってくる

社会学者の宮台真司さんがよく言う言葉で
仲間のために法を破れるかとよく言われるのだが

この映画を観てまさにこのことが頭に浮かんだ

奈々を演じる清原果耶の演技が光る

内容は重い重いと聞かされていたので
どんなに重くつらい話かと覚悟を決めて観たのだが
思ったよりは気が楽に観れる作品だった

ともちん
ともちんさん / 2019年2月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不条理な世の中

光の使い方というか、所々の儚くて柔らかい雰囲気がよかった。

この世界の理不尽さや矛盾、救いようのなさに、何とも言えないモヤモヤを抱えたまま、百々のつまり善悪はそれぞれが持つもので誰にもはかれないものなんだと思わされた。

本質そのものよりも、局面だけで判断され、一方から見ればそれは善でもう一方から見れば悪で。答えなんて自分にしか出せないし、正しいか間違ってるかなんて結局のところ不透明なんだと思う。

ただ、誰のための何のための正義なのか、守るものがあるなら守りきれる方法でないとそれって自己満足なだけじゃないかと見てて思った。

賢く生きなきゃ生き抜けない。清く正しくなんてのはいまのこの世の中やっていけない。

lily.a
lily.aさん / 2019年2月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思っていたよりも良い♬

山田孝之がプロデュースに専念した…ということくらいで、あめり前情報なく観に行きました。結論から言うと、思っていたよりも、良かったです。ストーリーは、ありがちなのかもしれません。デイアンドナイト → Day & Night → 昼と夜 → 善と悪 という対照的なものに例えてるんだと思います。自殺をしたお父さんを正義だと思いつつ、お父さんが関わっている悪の部分に戸惑いながら、自分も関わっていく…。安藤政信さんも、結局は、そういう人でしたね。本当に、何が正義で、何が悪なのか、考えさせられますね。
個人的に、久しぶりに 小西真奈美さん観られて嬉しかったです。あと、エンディングの曲は、清原果耶さんが、役名で歌っているのでしょうか?気になりました。もっと、違う人が歌った方が良かったのかな…と。ま、好みの問題ですね。
壮大な風車の景色、とても良かったです♬

らぶにゃん
らぶにゃんさん / 2019年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

善と悪は混濁する。

この世で善と悪は混濁しており、何が善であり、何が悪であるかに答など無い。全ての人にとって常に「善」であるものなど存在せず、逆に「悪」は「善」になり得るから。
愛するもの、大切なものを守ることは正しい。それだけは、間違いが無い。

と言う映画だけど、脚本、カビ臭、青臭。リコール隠しとか「またかよ」って思う。社会派気取りに見えるネタ満載で、少し萎えます。勿体ない。

主題のナビゲーターは18歳の少女ですが、この清原果耶パートは良かった。逆に父親との関係が今ひとつの感がして。

企画・原案は主演の阿部進之介とのことですが、期待してます。盛りだくさん過ぎで整理が悪いだけで、基本、良かった。感動とまでは行かないけれど。

bloodtrail
bloodtrailさん / 2019年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

心に響きました!

ストーリーを頭に入れないで鑑賞しましたので、最初戸惑いましたが、いい作品でした。
清原果那さんの演技が素晴らしいです。

かん
かんさん / 2019年2月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

善と悪。あなたはどちら側にいますか?

善と悪、真実と嘘、優しさと凶暴さ、希望と絶望、表と裏、一般社会と闇の社会、昼間と夜・・・。人はどちらかの側に完全にいるわけではない。完全に「悪」に見えていも、「善人の混じった悪人」もいる。流行りの言葉「あり寄りのあり」風に解釈すればいい。
「空飛ぶタイヤ」的な導入部から、サスペンス、バイオレンスの要素で観客を翻弄し、結末を読ませない。骨太のメッセージを込めた、筋書き的には「鬼平犯科帳」にでてきそうなストーリーだ。設定にやや納得のいかない部分(田舎町でそこまで世間に知られずに窃盗団が暗躍できるものか?とか)はあるものの、それを横に置いておいて十分味わえる見ごたえはあった。画面の作りに強いこだわりも感じ、役者の気合の入りようも大したもの。

栗太郎
栗太郎さん / 2019年2月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

力こそパワー

久々に、観終わった後に伸びをした映画。
緊張感をもって観られた。

昼は児童養護施設で働き、夜は施設を守るため組織的に自動車泥棒を繰り返す。
そんな生活を送りながら、自殺した父親の無念を晴らすため地元の大手自動車メーカーの不正を告発しようとする。

何が善で何が悪かというテーマはもちろん作中で描かれているが、それ以上に力こそがパワーなのだ、ということを感じる映画だった。
力があればどんな不正を行っていても信頼され人を幸せにできる。
力のないものはたとえ勝つことができたとしても、不幸しか生まない。

そんな無念さが漂う。

「善か悪か」を何度も言葉で投げかけたり、序盤の作品背景の説明を登場人物のセリフにキーワードとして入れ込むなど、ちょっとセリフの使い方があからさまな感じがした。
主人公に「正義とは?」と疑問を投げかけるシーンもインタビューにしか見えなくて苦笑した。

そういう部分はあるものの、
バイオレンスな表現があるため、誰でも楽しめる作品ではないが、良い映画だと思う。

やぶうちへび
やぶうちへびさん / 2019年2月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良い意味で後味が悪い

空飛ぶタイヤ、七つの会議も合わせて観ると、より深くこの映画を理解できそう。

nia
niaさん / 2019年2月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

光が美しい。風力発電の風車が印象的なオリジナル作品

ここでも清原果耶が光ってる
善と悪は、どこからやってくるのか。
自分は今どこに立っているのか
秋田県鹿角市と山本郡三種町がロケ地
1ヶ月の間、3つの町で撮影
秋田県立十和田高校
風車は由利本荘海岸
三種町の風力発電の風車が並ぶ釜谷浜海水浴場も
光と闇の映像がきれい。昼と夜、善と悪の対比映像
寒さを感じる季節の映像も
「失ったものに対してどう折り合いを付けますか?」
血の繋がらない家族の愛
最近ニュースでみたスマートキーのリレーアタックがもう出てきていて、報道される前からもうある盗難技術なのかと感心。
清原果耶が作中の役柄・大野奈々名義でRADWIMPSの野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュースする「気まぐれ雲」を歌う。これが良かった。素で大野奈々って新人歌手かと思ってググったがな。
佐津川愛美が珍しく?終始可愛いキャラで癒される。

個人的下書き
個人的下書きさん / 2019年2月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

答えはない。風に吹かれているからね。

素朴で単純な疑問を投げかける。
そんな人に、少しは大人になれよ!
と、答えにならない応え方しかできぬ大人たち。
で、全ては不寛容になってしまったこの世の中の所為にしてしまう。
久しぶりにいい映画に巡り会えた。
答えを出してくれるよりは問題を出してくれる。
そんな映画が好きなんだ。

人が死ぬと言うことは大変なことなんだし
なぜ死んだのかを探るのは当たり前のこと。

そこに、寛容も不寛容もなく事実があるだけだし
それをどう受け止めるかは本人次第だ。

疑問符を投続けた少女がバスで旅立つシーンでエンドマークなのがいい。

少しは希望を見せてくれたからね。

Haru
Haruさん / 2019年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

59件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報