私はあなたのニグロではない

劇場公開日

私はあなたのニグロではない
18%
54%
22%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

黒人公民権運動の活動家で、いずれも暗殺されたメドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの3人の軌跡を通して、アフリカ系アメリカ人の激動の現代史を描き出したドキュメンタリー。アメリカの作家で公民権運動家であるジェームズ・ボールドウィンの未完の原稿をもとに、ボールドウィンのテレビでの発言や講義などの映像、映画や音楽の記録映像を交えながら、公民権を得てもなお差別の本質が変わっていない現実を浮き彫りにする。監督は「ムルンバの叫び」のラウル・ペック。ナレーションはサミュエル・L・ジャクソン。第89回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。日本では山形国際ドキュメンタリー映画祭201のインターナショナル・コンペティション部門で上映され、優秀賞を受賞。

2016年製作/93分/アメリカ・フランス・ベルギー・スイス合作
原題:I Am Not Your Negro
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0黒人差別の構造問題

2018年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

公民権運動時代に活躍した黒人作家、ジェームズ・ボールドウィンの原稿を通してアメリカ黒人差別の歴史を紐解く作品だ。ただのニュース映像をつないだドキュメンタリーではない、ボールドウィンの文章を再構成し、彼の精神性に現代まで続く差別の構造問題に焦点を当てるような作品だ。

この映画には、黒人の出演するアメリカ映画の断片がいくつも挿入されている。白人の観客のための黒人のキャラクターはどんなものか、そこからアメリカのリベラルの潜在的な欺瞞を暴き出すために映画の引用は実に有効に作用している。

招かれざる客のような人種間の融和を訴えたとされる映画にさえ、そうした欺瞞が隠れていることをボールドウィンは示唆している。ニガーという役割を必要としていたのは白人だった、それはなぜなのか。この映画はそれを問う。

差別をテーマにした映画で最も考察の深い作品の一つと言っていいと思う。映画と合わせてボールドウィンの「悪魔が映画を作った」を読むとさらに理解が深まるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

4.0【”自由と正義の国”で400年もの間、行われてきた差別と暗殺の歴史を、ハリウッド映画シーンを絡ませながら描いたドキュメンタリー作品。】

NOBUさん
2021年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

ー サミュエル・L・ジャクソンの、抑制した語りで、”自由と正義の国”で400年もの間、行われてきた差別と暗殺の歴史が語られていく。
  軸は、黒人の人権を手法は違えど、訴え、1960年代に次々に暗殺されてしまった、
  ・メドガー・エヴァース
  ・マルコムX
  ・キング牧師
  の生き様を、この映画の原作を記したジェームズ・ボールドウィンの視点から語っている所である。ー

 ・そして、語りの中で1920-1970年代のハリウッド映画
  『キング・コング』
  『駅馬車』
  『昼下がりの情事』etc.で描かれる、公開当時は普通だった、黒人や原住民の描き方を通して、”自由と正義の国”では、白人の幸せ、勝利がメインとされてきたことが、語られる。

<ラスト近くで流れる、ジェームズ・ボールドウィンが記した
”向き合っても、変わらない事もある。だが、向き合わずに変える事は出来ない”と言う言葉は金言であり、この現代日本でも十分通用するものであると、私は思う。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

2.0途中で断念

asaさん
2021年4月24日
PCから投稿

テーマではなく、映像表現として少し魅せる力が弱いように感じた。
かなり淡々としているので、クールスタイリッキュな一方でエンタメ要素はほぼない。退屈に感じてしまったのは否定できない。資料館のドキュメンタリーの勢いで見るときっとハマるのだろうと感じた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

4.5心が痛い

UNEmiさん
2021年1月28日
PCから投稿

アメリカの人種問題の根深さを再認識させられた。
50年経っても、何も変わってないじゃないか。

ジェームズ・J・ボールドウィンがあの当時に、あれだけ問題の本質を見抜いて、しかも発信してたことに驚いた。
著作も読んでみようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る