私はあなたのニグロではない

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
私はあなたのニグロではない
私はあなたのニグロではない
18%
52%
24%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

黒人公民権運動の活動家で、いずれも暗殺されたメドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの3人の軌跡を通して、アフリカ系アメリカ人の激動の現代史を描き出したドキュメンタリー。アメリカの作家で公民権運動家であるジェームズ・ボールドウィンの未完の原稿をもとに、ボールドウィンのテレビでの発言や講義などの映像、映画や音楽の記録映像を交えながら、公民権を得てもなお差別の本質が変わっていない現実を浮き彫りにする。監督は「ムルンバの叫び」のラウル・ペック。ナレーションはサミュエル・L・ジャクソン。第89回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。日本では山形国際ドキュメンタリー映画祭201のインターナショナル・コンペティション部門で上映され、優秀賞を受賞。

2016年製作/93分/アメリカ・フランス・ベルギー・スイス合作
原題:I Am Not Your Negro
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0黒人差別の構造問題

2018年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

公民権運動時代に活躍した黒人作家、ジェームズ・ボールドウィンの原稿を通してアメリカ黒人差別の歴史を紐解く作品だ。ただのニュース映像をつないだドキュメンタリーではない、ボールドウィンの文章を再構成し、彼の精神性に現代まで続く差別の構造問題に焦点を当てるような作品だ。

この映画には、黒人の出演するアメリカ映画の断片がいくつも挿入されている。白人の観客のための黒人のキャラクターはどんなものか、そこからアメリカのリベラルの潜在的な欺瞞を暴き出すために映画の引用は実に有効に作用している。

招かれざる客のような人種間の融和を訴えたとされる映画にさえ、そうした欺瞞が隠れていることをボールドウィンは示唆している。ニガーという役割を必要としていたのは白人だった、それはなぜなのか。この映画はそれを問う。

差別をテーマにした映画で最も考察の深い作品の一つと言っていいと思う。映画と合わせてボールドウィンの「悪魔が映画を作った」を読むとさらに理解が深まるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

5.0差別

M hobbyさん
2020年10月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

世の中にはいろいろな差別が悲しいかな存在するが、
"自由の国アメリカ"ではそれはそれは、長く悲しい差別の歴史がある事をこの映画を通してより詳しくその内容を知ることができた。

私自身、親しい人間の中に黒人がいないので、どこか遠い存在のように感じてしまうのだけれど、アメリカやヨーロッパには当たり前のように黒人も白人もいて、日本よりもずっといろんな肌の色が存在する。

そんな環境の中で、黒人が自分たちに対する差別に対して闘う様がこの映画では幾度となく紹介された。

差別そのものが、何のために存在するのか。

そんなそもそもの、とてもシンプルな質問が本作ではでてくる。
心の弱い人間が自分達に都合の良くなる社会を作るために、わざわざ、作ったものなんだということをこの映画では教えてくれる。

本当にこれが同じ国に住む人間に対して、人間がすることなのかと目を覆いたくなるような暴力。
若くして命を奪われた少年、少女。

自分たちの尊厳と権利を正しい形で訴えて、命をある日突然奪われたリーダー達。

いろんな人の命の犠牲がアメリカの歴史にはある。

にもかかわらず、未だアメリカでは黒人差別が根強く残っている。本当に悲しい事実ですね。

何となーく、人々の気を逸らすように、メディアを使って人間達は問題に目を向けさせぬよう、社会へうまく誘導します。

それはアメリカだけではなく、現在の日本もまさにそれ。結局何も解決することなく、同じ悲しい事件が繰り返される。

この映画には、黒人達の強い意志と、高い誇りと、純粋な想いがたくさん詰まっていると感じた。
同じくらい、悲しみや憤りも感じた。

正直、このような題材の作品を観たのは初めてだったので、内容についていけない部分もあった。
またもう一度鑑賞して、この世の中にある悲しい歴史から、未来を変えていける一員に自分がなれるように、考える時間が欲しいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M hobby

3.5人種差別はアメリカだけの話だけではない。欧州においても今なお、移民...

2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
supersilent

4.0人が作りしシステムの醜さ

あしたさん
2020年9月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人が作ったシステムが人を殺す。
脳みそに叩きつけて刻み込む力強い映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あした
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る