私はあなたのニグロではない

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
私はあなたのニグロではない
16%
50%
27%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

黒人公民権運動の活動家で、いずれも暗殺されたメドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの3人の軌跡を通して、アフリカ系アメリカ人の激動の現代史を描き出したドキュメンタリー。アメリカの作家で公民権運動家であるジェームズ・ボールドウィンの未完の原稿をもとに、ボールドウィンのテレビでの発言や講義などの映像、映画や音楽の記録映像を交えながら、公民権を得てもなお差別の本質が変わっていない現実を浮き彫りにする。監督は「ムルンバの叫び」のラウル・ペック。ナレーションはサミュエル・L・ジャクソン。第89回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた。日本では山形国際ドキュメンタリー映画祭201のインターナショナル・コンペティション部門で上映され、優秀賞を受賞。

2016年製作/93分/アメリカ・フランス・ベルギー・スイス合作
原題:I Am Not Your Negro
配給:マジックアワー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第89回 アカデミー賞(2017年)

ノミネート

長編ドキュメンタリー賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

映画レビュー

5.0黒人差別の構造問題

ローチさん
2018年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

公民権運動時代に活躍した黒人作家、ジェームズ・ボールドウィンの原稿を通してアメリカ黒人差別の歴史を紐解く作品だ。ただのニュース映像をつないだドキュメンタリーではない、ボールドウィンの文章を再構成し、彼の精神性に現代まで続く差別の構造問題に焦点を当てるような作品だ。

この映画には、黒人の出演するアメリカ映画の断片がいくつも挿入されている。白人の観客のための黒人のキャラクターはどんなものか、そこからアメリカのリベラルの潜在的な欺瞞を暴き出すために映画の引用は実に有効に作用している。

招かれざる客のような人種間の融和を訴えたとされる映画にさえ、そうした欺瞞が隠れていることをボールドウィンは示唆している。ニガーという役割を必要としていたのは白人だった、それはなぜなのか。この映画はそれを問う。

差別をテーマにした映画で最も考察の深い作品の一つと言っていいと思う。映画と合わせてボールドウィンの「悪魔が映画を作った」を読むとさらに理解が深まるだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ローチ

3.5 J Bawldwinに共感してしまう。 もう30年前かスパイク...

U-TAさん
2019年6月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-TA

4.5アメリカを解き明かす深層心理の証言

2019年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

ドキュメンタリー映画の製作は、より難しい。紡ぎ、繋ぎ合わせ、個性を色付かせた編集過程は妙技だ。本作は、主題を貫徹する太い軸があることは勿論、ナレーション、音使いも含め、練り上げられた工程の果て校了したであろう、素晴らしい完成度で飽きさせない。故に、圧力一辺倒な訴えとは違い、冷静に粛々と、根底に根深く息衝く「アメリカ社会の弱点」を、過去と現代とをクロスオーバーしながら紐解く構成で、納得を植え付ける。核となる三者の唱え方を改めて再考するきっかけにもなるが、後世に伝える歴史映像としても秀逸な作品だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
POWER_OF_UNITY

4.0蝕まれた他在における自己認識

2019年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

I am not your Negros

一人称と二人称は交換可能ではない。代替不可能であるにもかかわらず、ひとは自己の狭隘な視点にのみ留まるから、二人称を一人称の代替物として、それも自らの「内にある」もっとも嫌悪すべき表象として、それを自らの「外に」投影させてしまう。

他者をつくりあげることは、いとも簡単だ。
自らの「自在」を、つまりはアイデンティティを、そんなものは自分ではどうしようもないものでもあるはずなのに、それに固執しようとして自らとは異なる「外在」を必要としてしまう。わざわざ外部を構成してしまうのだ。そしてその外在が、自らの内在を反映したことに気づかない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
critique_0102
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る