人種差別に暗殺…激動の米国現代史に迫るドキュメンタリー「私はあなたのニグロではない」予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月21日 > 人種差別に暗殺…激動の米国現代史に迫るドキュメンタリー「私はあなたのニグロではない」予告
メニュー

人種差別に暗殺…激動の米国現代史に迫るドキュメンタリー「私はあなたのニグロではない」予告

2018年3月21日 10:00

「私はあなたのニグロではない」ポスタービジュアル「私はあなたのニグロではない」

「私はあなたのニグロではない」ポスタービジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース]黒人公民権運動の活動家で、いずれも暗殺されたメドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの3人の軌跡を通して、アフリカ系アメリカ人の激動の現代史に迫るドキュメンタリー「私はあなたのニグロではない」の公開日が5月12日に決定、このほど完成したポスタービジュアルと予告編を映画.comが入手した。

第89回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた本作は、アメリカの作家で公民権運動家であるジェームズ・ボールドウィンの未完の原稿をもとに、ボールドウィンのテレビでの発言や講義などの映像、映画や音楽の記録映像を交えながら、60年代の公民権運動から現在のブラック・ライブズ・マターに至るまで、連綿と続くアメリカの人種差別と暗殺の歴史をラウル・ペック監督が浮き彫りにする。ナレーションはサミュエル・L・ジャクソン。日本では山形国際ドキュメンタリー映画祭201のインターナショナル・コンペティション部門で上映され、優秀賞を受賞。米文学研究者で翻訳家の柴田元幸氏が字幕監修を担当している。

予告編では、黒人が奴隷として扱われていた20世紀初頭から、キング牧師やマルコムXらが登場し、公民権を獲得する60年代、そして未だ差別が終わらない現代の映像を交え、かつて差別が当たり前だった時代から、人々はどのように声を上げ、世界を変えていったのかを切り取った。なお、ボールドウィンが「差別の終わらせ方」を語った言葉は、オバマ前大統領のマドンナがスピーチで引用されている。

私はあなたのニグロではない」は、5月12日からヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi