すばらしき映画音楽たち

劇場公開日

すばらしき映画音楽たち
26%
56%
14%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「スター・ウォーズ」「007」「ロッキー」など数々の名作映画を彩ってきた映画音楽にスポットを当てたドキュメンタリー。「ハリー・ポッター」シリーズのジョン・ウィリアムズ、「ダークナイト」3部作などのハンス・ジマー、ティム・バートン監督作品でおなじみのダニー・エルフマンら、ハリウッドを代表する約40人の作曲家たちのインタビュー映像を収録。名曲の創作秘話がヒット作の映像とともに明かされるほか、想像を絶するプレッシャーに悩まされる作曲家たちの本音も聞き出していく。さらに、イメージを伝える側である監督へのインタビューも交え、映画の中で音楽が果たす役割を多角的に考察。無声映画の時代から映画を支えてきた映画音楽が、長い歴史の中でどのように進化を遂げてきたのかも描かれる。WOWOWでのプレミア放送後、新宿シネマカリテの特集「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(17年7月15日~8月18日)で上映。

2016年製作/93分/アメリカ
原題:Score: A Film Music Documentary
配給:アンプラグド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 Epicleff Media. All rights reserved.

映画レビュー

3.5アメリカ映画における映画音楽の歴史

2020年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画の名シーン、あるいは映画全体を音楽で記憶している人というのは相当に多いんじゃないかと思う。映画音楽は、映画そのもののイメージを決定づける大きな存在だ。このドキュメンタリー映画は、そんな映画音楽の歴史に迫る作品だ。アメリカで作られた作品だから、スポットが当たるのはアメリカ映画だけなので、ゴジラなど日本の作品などは紹介されないという点は留意してほしい。各国で同じコンセプトのドキュメンタリーを作ったら、それぞれの国の映画音楽の特色などが比較できて楽しいのではないかと思う。
映画はサイレントの時代から、劇場内で生演奏つきで上映されていたので音楽との付き合いは台詞よりも古いと言える。そんな映画音楽がどうやって発展してきたのかをわかりやすく見せてくれる。ジョン・ウィリアムズやハンス・ジマー、ダニー・エルフマン、トレンド・れずなーや、バーナード・ハーマンやマックス・スタイナー、エンリオ・モリコーネなど、歴史的に重要な作家はだいたい網羅されている。こうして網羅的に見せてくれると映画音楽にも時代ごとにトレンドがあり、先代のものにどう影響を受け、また乗り越えようとしてきたのかがよくわかる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.5Behind the Scenes Celebration of Film Music

2020年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

幸せ

It's inspiring to see some of the most successful composers and producers in Hollywood work and discuss the highs and lows of the OST job. There are many films covered that are already irrelevant, but it's worthwhile entering the workflow. It's not quite as fascinating as what Visions of Light was for cinematography, but there is plenty here to learn. Glazes through film history to the modern era.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Dan Knighton

3.5映画って、総合芸術なんだな、という事を しみじみ感じました

Ririenさん
2021年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

今まで映画を観る時、あまり音楽を意識して
いなかったけれど、このドキュメンタリー映画を
観ていて、馴染みのある曲が多くて、意外と
耳に残っていたんだなと思う

効果音的な音響とは別の意味で
映画音楽の、作品を印象付ける効果というのは
大きなものなんですね

スタジオミュージシャンが楽譜を初見で
オーケストレーション出来るというのは幾らか
誇張があると思うけど、それ位時間をかけずに
プロの仕事をしているということなのだろう

高名な作曲家が、大きな仕事を
任されると逃げたくなるとか〇〇に頼んでと
言いたくなるとかいうのはカメラを意識した
リップサービスだと感じた

でも
映画って、総合芸術なんだな、という事を
しみじみ感じました

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Ririen

5.0こ、これは!

fukui42さん
2021年9月19日
iPhoneアプリから投稿

「映画音楽」というジャンルも確立されている昨今。
映画には音楽があるその当たり前の凄さを感じました。

その始まりは「映写機の“カタカタ“音を消すためって、なるほどなあ。
音楽があることで、作品に力がみなぎり、恐怖感を増し、感動する。
例えば。
ロッキーのテーマ曲。ジョーズの迫り来る音、E・Tで少年たちが自転車で空を飛ぶ音楽。
音を聞くだけでそのシーンを想像できる。

このドキュメンタリーでは、実にたくさんの作品が取り上げられ。
ハリウッド映画100選って言うくらい、いろんな作品の「シーン」を味わえます。

音作りも譜面があってそれを弾くだけじゃなく。
「ミニオンズ」では、弦楽器に爪をたたて。ウクレレのように弾く。
するとその不協和音っぽい響きが、個性的になったり。

ある作編曲者は、実際に映画館に足を運んで、観客の反応を見たり。
トイレに入って、客が映画の曲を「鼻歌」で歌ってたら大ヒットする。
そんな経験談もありました。

たまたま録画した私、グッジョブ。
1時間半ほどなので、ぜひ機会があったら見て聴いて。オススメです。

⭐️今日のマーカーワード⭐️
「音楽は映画の魂」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る