すばらしき映画音楽たちのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち

劇場公開日 2017年8月5日
14件を表示 映画レビューを書く

名作映画に良い音楽はつきもの。その映画音楽の奥深さを教えてくれます...

名作映画に良い音楽はつきもの。その映画音楽の奥深さを教えてくれます。ドキュメンタリーなのであんまり面白くはない。
冒頭のロッキーのテーマとジョン・ウィリアムスに興奮。名作映画のダイジェストとしていいかも。
二本立て一本目。ちょうど良い長さ。

はむひろみ
はむひろみさん / 2018年12月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画がさらに好きになる

映画音楽の中でも、いわゆるテーマ曲を主に扱っています。
歴史、作曲、楽器、奏法や奏者、ミックスまで、いろんな側面を見せてくれます。

膨大な資料をコンパクトにまとめたため、それぞれについては断片化されているのが残念。
さらに登場者の名前と代表作(数タイトル)が、字幕とともに表示されるので、情報量が多くて落ち着きません。

それでも名画名曲が続き、映画的に幸せな気分になりました。
縁がなくて観ないままの名画や、あまり好みでないタイプの作品ですら、なんだか観たくなってきました。

映画好きなら充分楽しめると思います。
音楽好きなら、さらに楽しいです。
いろんな小ネタがありました。

凪
さん / 2018年4月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作に名曲あり

まさに名作に名曲あり。映画における音楽の重要さを改めて実感した。今後は音楽にも気を配り映画の見方も変わるように感じます。
2018-47

隣組
隣組さん / 2018年3月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画音楽って最高だね。

TSUTAYAで借りて観たのだが、こうやって映画音楽は生まれるのか…。と思った。この映画はドキュメンタリーというより長編のメイキング映像を観ている感じだった。私は、メイキング映像を観るのが一番好きなので、この映画みたいなのが増えてくれると嬉しい!
やはり、映画製作者にも期限に追われ、葛藤もある。それは、音楽業界でも同様。映画一本にこれだけの人数が関わっているということを改めて感じさせられた。
これは、映画好きな人には必ず一回は観てほしいと思う。

あー、皆のコメント見てたら、またこの映画借りたくなってきたなぁ笑

パンナコッタ
パンナコッタさん / 2018年2月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

是非!!!

天才達が更に努力して凄い物を届けてくれてる、ということが良くわかりました。天才達の他の才能に対するリスペクトも素晴らしいです。確かに、映画作品としは色々あるかもしれないけど、映画好きなら見ておくと映画を見るときに更に楽しくなるよね。
こういう映画は学校の授業で見たかったな。

森永ひろひろ
森永ひろひろさん / 2018年1月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画作品とは全く別物&映画の根本?

大概の鑑賞した人は皆,評価は高いに決まっているんではないかい⁈と,私的な感想。 1つの名作と呼ばれる作品が,生まれるまでの過程?ベース?根源?(どの言葉が当て嵌まるのかは分からないが…)を映像で教えてくれる? 映画好きには,観る事は『義務』なんて言葉にすれば、言いたい事が分かりやすいような気がする処・・・

サクちゃん
サクちゃんさん / 2017年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶大‼️

いや~我ながらアホだった
音ないと成り立たないよね~
音楽のクレジットもチェックしてたがっ!

いや~動くハンス・ジマー初めて観た。写真しか知らないよねー。クインシー・ジョーンズは映画だけに限らず。

バイオリン、ミュート。おもちゃのピアノ。オーケストラ。いくら音の専門家逹と言えど「おみそれ」どころじゃないよね。ちょっと涙ぐんだ。

この映画作ったことも basicだしgreat。
みんな観るべきだし内緒にしたい映画。この映画自体面白い。監督に感謝、映画音楽家に絶大なる感謝🎼

asphalt-light-moment
asphalt-light-momentさん / 2017年11月2日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映画音楽はやっぱり素敵

とてつもない名曲たちが一堂に会していました。
こんな贅沢あってもいいものかと…。
インタビューはとても綺麗にまとまっていて、裏事情とかリアルなものは見えてこなかったと思いますが、もう色んな名曲を良いとこ取りしてまとめて流してくれるだけで有難いです。

アラン・シルヴェストリが好きなので
彼が出て来なかったのはとても残念ですが、それでも最高の映画だったと思います。これを機にもっと沢山の映画音楽に触れたいと思いました。

はっか
はっかさん / 2017年11月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

音楽の力を感じた

素晴らしい映画には素晴らしい映画音楽がある。
音、旋律、リズム、音楽の大きな力を感じた。
音楽家の人達が、大きなプレッシャーの元で仕事をしていることは、少しショックでもある。

Momoko
Momokoさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ハリウッドの映画音楽を礼賛したもの

映画音楽の歴史的なものを期待していったけれど、そこら辺はさらりとしたもの─というよりほぼ無しで、しかもあくまで現代ハリウッドの映画音楽のみの内容で、クラシック音楽などは盛り込まれていなし、オールドフィールドもヴァンゲリスもモリコーネもロータも、全く出てこない。物凄い肩すかしではあったけれど、逆にアメリカ映画の大きさも感じてしまう結果となった。
予想以上にインタビュー映像が多くて、語っている内容も、素晴らしい!とか映像を盛り上げる!とか至極当たり前のことを大げさに語っているものが多くて、正直眠気を催した。とはいえ、所々で流される音楽や映像は間違いなく素晴らしくて、いいところばかり切り取られて集められているので、映画好きにはたまらないものだった。
制作上の小話や制作過程・風景など、なかなか興味深い映像もたくさんあった。特にエピローグ的なキャメロン監督の小話などは秀逸で、こういう話をもっと盛り込めよー、と突っ込みたくなってしまうのだけれど、これほどまでにうまくできた話も少ないんだろう。だからこそ最後の最後に持ってきているんだろうし、見てよかったと思えるくらいの小話となっているんだろうけれど…

SH
SHさん / 2017年10月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すばらしき芸術世界

映画音楽好きなので行って来ました。
普段は裏方の作曲家たちのドキュメンタリーで、とても楽しかったです。
音楽と脳の働きの解説も良かった。

腕を組んで頷きながら、
「ジョン・ウィリアムズってやっぱり凄えや…」と思ったり、
「ハンス・ジマーすすす凄ぇ!!!」と度肝を抜かれたりで本当に観て良かったです。
もっとたくさんの映画音楽に触れたいなと改めて思いました。

顔るんるん
顔るんるんさん / 2017年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すごいぞコレ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画会社関係なく、いろんな映画出でくるので面白いです。

E.Tのラストシーンの音楽、別れを表現してからの希望やミッション達成を表す感じとか、
インセプションのラストシーン、家に帰ってきた安堵感からの大きな疑問符の表現とかすごかった。
なるほど。これは鳥肌が立つわけだ。作曲家も自分で鳥肌が立つ音でないと世に出せない訳だから。

心理学者の考察も面白くて、カールおじさんの映画での目線の話はなるほどと思った。音楽によって我々の目線まで操ってるって相当音楽って重要だよね。ロードオブザリングの同じメロディーの繰り返しで、クライマックスでは当然のように観客の中に馴染んでるっていうのも興味深かった。

作曲家の苦悩も描かれてて、依頼されるのが恐怖だとかポスター見るのも嫌だとか、プレッシャー感じるよなあ、と。実際に劇場に足運んで観客の表情見たりしてんだもんね。トイレこもって観終わった客がその歌口ずさんでたら喜ぶって本当に凄い世界だよ。それでも死後も映画は残るから続けるんだよなあ。

欲を言えばデイミアンチャゼル見たかったっていうのと、ジョンカーニーとか詩も含む音楽の部分も見てみたいです。

JYARI
JYARIさん / 2017年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映画音楽は永遠に

映画に欠かせない“映画音楽”についてのドキュメンタリー。
自分は映画音楽が大好きで、スタッフをチェックする時監督の次に作曲家は誰かと気になるくらいなので、本作はもう興味津々!
彼ら作曲家や映画製作関係者が語る映画音楽の魅力、映画音楽の歴史、作曲風景、さらには神経学者が映画音楽が人体にどんな反応を与えるかまでをも証言。
とことんディープに映画音楽に迫る。

とにかく出るわ出るわの著名な作曲家たち。
その人数50名近く、映画好きなら興奮してしまうほど。
アレクサンドル・デスプラ、マルコ・ベルトラミ、ジャンキー・XLら売れっ子、新進気鋭。
エンニオ・モリコーネ、ハンス・ジマー、ランディ・ニューマン、ダニー・エルフマン、トーマス・ニューマンらベテラン。
アルフレッド・ニューマン、アレックス・ノース、ジョン・バリー、バーナード・ハーマン、ジェリー・ゴールドスミスらレジェンドたち。
名作の名シーンと共に数々の名曲も。
「キング・コング」「めまい」「サイコ」「007」「猿の惑星」「続・夕陽のガンマン」「ロッキー」、「タイタニック」「ロード・オブ・ザ・リング」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「マッドマックス 怒りのデス・ロード」…。
これらを一本の映画で聞けるのだから、何とも贅沢!

中でもやはり、ジョン・ウィリアムズは特別ピックアップされている。
「JAWS」「スター・ウォーズ」「未知との遭遇」「スーパーマン」「インディ・ジョーンズ」「E.T.」「ジュラシック・パーク」…。
オーケストラによる映画音楽を復活させ、いかに彼が尊敬されているか。

監督や映画関係者、映画音楽評論家は言う。
映画音楽が無ければ、映画はこれほど見る者の心に響かないと。
演出・演技・映像・脚本では表現しきれない部分を音楽でより効果的に高める、映画の代弁者。
しかし、当の作曲家たちは違う。常に、プレッシャーに押し潰される日々だと言う。
まだ作曲中なのに、自分が音楽を手掛ける作品のポスターを見るとゾッとする。
スケジュールも限られてるのに、何のアイデアも浮かばず楽譜が真っ白だと自分の無能さを呪う。
ハンス・ジマー曰く、「ジョン・ウィリアムズに変わってくれと断りたいくらい」。あのハンス・ジマーほどのベテランが!

そうやって死ぬほど悩んで産み出される数々の名曲。
だからこそ、我々の心に響く。
ワクワクするような高揚感満点の音楽も、スリルいっぱいの音楽も、ハートフルな優しい音楽も、涙を誘う悲しくも美しい音楽も。
時代ごとに映画音楽は変化していく。
トレント・レズナー&アッティカス・ロスといった映画音楽を専門としない外部の作曲家たちも近年は躍進。楽器も作曲方法も様々。
かつてのオーケストラによる映画音楽だけを誉め称えるのではなく、新たな才能による映画音楽の可能性を謳っているのもいい。

誰だって一曲や二曲、好きな映画音楽はある筈。
と言うより、映画好きに映画音楽嫌いはまず絶対居ない!

見てたら、日本の映画音楽ドキュメンタリーも作ったら面白くなると思った。
日本にも天才的な映画音楽家たちは星の数ほど居る。
伊福部昭、武満徹、早坂文雄、芥川也寸志、佐藤勝…。
現在も活躍中の久石譲、坂本龍一、岩代太郎、佐藤直紀、加古隆、安川午朗、川井憲次、服部隆之、遠藤浩二、大島ミチル、菅野よう子、富貴晴美…。
名前を挙げるだけでもう曲が浮かぶ!

カリコレ上映作。
WOWOWにて先行放映。

近大
近大さん / 2017年7月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

テーマがすべて

映画音楽の流れと、今の映画音楽のつけ方を丁寧に説明してくれる。
過去のビッグネームでヘンリー・マンシーニやニーノ・ロータが抜けていたのが残念。
昔のテーマが使われないスーパーマンとバットマンはもったいないと思う。
個人的に大好きなのはジョン・バリー。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

14件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi