彼女の人生は間違いじゃない

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
彼女の人生は間違いじゃない
彼女の人生は間違いじゃない
12%
39%
37%
9%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「さよなら歌舞伎町」「ヴァイブレータ」の廣木隆一監督が、出身地の福島に暮らす人びとを描いた処女小説を自身のメガホンにより映画化。仮設住宅で父と2人で暮らすみゆきは市役所に勤務しながら、週末は高速バスで渋谷に向かい、デリヘルのアルバイトをしている。父には東京の英会話教室に通っていると嘘をついている彼女は、月曜になるとまたいつもの市役所勤めの日常へと戻っていく。福島と渋谷、ふたつの都市を行き来する日々の繰り返しから何かを求め続けるみゆき、彼女を取り巻く未来の見えない日々を送る者たちが、もがきながらも光を探し続ける姿が描かれる。主人公みゆき役に「グレイトフルデッド」「日本で一番悪い奴ら」の瀧内公美。父親役の光石研のほか、高良健吾、柄本時生、篠原篤らが脇を固める。

2017年製作/119分/R15+/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会

映画レビュー

3.0桐谷美玲だったらきっと大々的にイオンシネマ

2020年8月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

『火口のふたり』で瀧内公美の名前を知り興味がわく
昔の麻生久美子もバンバン脱いでいた
そんなふうになればいい
デリヘルの面接で採用されたくて裸になり泣きじゃくり怒り出すシーンが特に良かった

またまた東日本大震災がらみの映画しかも福島しかも浜通り
岩手や宮城と違い原発が事故った福島はより深刻な終わりが見えない重苦しい雰囲気を醸し出す
女川原発も爆発していたら僕の人生もだいぶ変わったものになっていただろう

東北出身者なら必ず観てくれるだろうという勝ち組東京人のいやらしい打算を感じる
食傷気味
正直うんざりだ
東北出身者以外のプロデューサー脚本家監督は自粛してほしい

東北って暗いよね過疎だねと西日本の低レベルな田舎者は見下すだろうが五十歩百歩だ
甲子園で優勝したぞと威張ってもそんな誇り意味がない

どう見ても小劇場系の映画である
実際東北地区ではフォーラム系のみで上映したようだ
いかにも仙台駅東口の映画館が好んで上映しそうな作品である
こういう作品こそ映画館で観るべきである
本当につまらない映画は映画館で観てもつまらないがなかには小さい画面よりスクリーンで観てこそというものはある
観れなかったのが残念だ
主役は当時無名に近くしかも地味な美人さんだが商業映画だけあって脇を固める役者たちは実力者が多く豪華だ

福島の方言は省略しているがそれは別にいい
そこまでしなくてい
フェラもお国の言葉もリアルじゃなくていい

瀧内公美の胸はそんなに大きくない
それがいい
むしろあれくらいあれば十分だ
巨乳だと「hay!Guys」的なポルノ映画っぽくなり芸術性と知性に欠け下品になる
『超能力学園Z』のようなエロティックコメディならいいが

瀧内公美以外では柄本時生の印象が強い
特に演技力が高いわけではないが顔ぢからで独特の雰囲気を醸し出せるので得をしている
弟がブスすぎるせいかなぜか兄貴がイケメン扱いになりつつあるので疎外感を感じるが僕はどちらかというと時生派だ

あと風俗嬢だからと見縊ってお客様は神様だと勘違いし暴力を振るう男は最低だ
風俗で紳士的態度もどうかと思うが
自分にも正義感はあるんだなと再確認

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.5間違いじゃない

トタ助さん
2020年6月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

皆が前を向いて生きていけると良いなー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トタ助

3.0光に手をのばす

としさん
2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年7月14日

彼女の人生は間違いじゃない 鑑賞

光に手をのばす
震災後の福島で暮らす女性が主人公。公務員をしながら週末は東京でデリヘル嬢をする主人公。その父親は田んぼが汚染されてパチンコの日々。公務員の男性は東京から来た女子大生から屈託のない質問を受けとまどう。何かを求めて生きる。
#瀧内公美#光石研#柄本時生#高良健吾#蓮佛美沙子#趣里

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.0こういう邦画の〝雰囲気的な映画”、好きな時期もあったけど、多すぎて...

2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿

こういう邦画の〝雰囲気的な映画”、好きな時期もあったけど、多すぎて飽きてきた

瀧内公美の演技はとても魅力的。
火口のふたりに抜擢も納得

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コーヒー
すべての映画レビューを見る(全54件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「彼女の人生は間違いじゃない」以外にこんな作品をCheck-inしています。