高良健吾、ベッドの下で女性監視する“異常者”に… 新境地開拓の主演作が今夏公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月8日 > 高良健吾、ベッドの下で女性監視する“異常者”に… 新境地開拓の主演作が今夏公開
メニュー

高良健吾、ベッドの下で女性監視する“異常者”に… 新境地開拓の主演作が今夏公開

2019年3月8日 06:00

愛か、それとも狂気か「アンダー・ユア・ベッド」

愛か、それとも狂気か
(C)2019映画「アンダー・ユア・ベッド」
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高良健吾の主演最新作「アンダー・ユア・ベッド」が、今夏に公開されることがわかった。高良は11年前に恋した女性を監視・盗撮するため、彼女のベッドの下に潜り込み生活する“異常者”の男に扮している。

「リミッターを外せ!」を合言葉にKADOKAWAとハピネットがタッグを組み、タブー視される題材にあえて切り込んでいく「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第2弾。「殺人鬼を飼う女」で知られる大石圭氏の小説を原作とし、「バイロケーション」「劇場版 零 ゼロ」「氷菓」などの安里麻里監督がメガホンをとっている。

人生の全ての局面で誰からも必要とされず、存在を無視されてきた三井直人(高良)は、学生時代に初めて“名前を呼んでくれた”女性との11年ぶりの再会を夢見ていた。しかし、ついに遭遇した彼女は別人のように変わっていた。三井は女を監視するようになり、自宅に潜入しベッドの下で暮し始める。愛か、それとも狂気か、三井は加速度的に暴走していく。

シン・ゴジラ」「彼女の人生は間違いじゃない」「万引き家族」「多十郎殉愛記」など話題作に途切れることなく出演する高良が、存在論的な孤独ゆえに異常な行動を起こす男の心情を、切なく繊細に体現する。「いつもより個人的な思いが多くある現場だった気がします」と切り出し、「続けてこられたからこそご褒美が多かったというか。若い現場だったのでエネルギーもあって気持ちがいい組でした。この作品は心から痛々しくて不気味ですから、ご褒美、気持ちがいいという思いは現場中にはゼロ、むしろマイナスになるのですが、それでも、確かにあったと今でも思える日々、現場でした」と充実感たっぷりに明かす。

そして、「見る人をなんともいえない気持ちにさせる作品なのかもしれませんし、R指定がついているので見る人を選んでいますが、笑えるか笑えないかは気分次第の不気味な愛と緊張がある作品だと思います」とコメントを寄せた。さらに安里監督は、「三井は高良健吾さんに演じてもらった。繊細な役どころで、同じシーンでもニュアンスを変えていくつか芝居をしてもらう事があった。こちらが一言投げかけるだけで、まるで別人のような顔つきに変わっていて、よく驚かされた。『目を離してる間に何か塗りました?』とメイク部に聞いたほど。とんでもない役者と出会ってしまったと思う」と脱帽の様子で振り返り、「暴力描写はかなり激し目だ。でも、だからこそ裏腹に、大きな癒しがこの映画にはある。このカタルシスを、多くの人に味わって欲しい」とメッセージを込めた。

アンダー・ユア・ベッド」は今夏に東京・テアトル新宿ほか全国で公開。なおハイテンション・ムービー・プロジェクト第1弾「殺人鬼を飼う女」が、4月12日から封切られる。

(映画.com速報)
シン・ゴジラ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] シン・ゴジラ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,910 「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。
バイロケーション DVD スタンダード・エディション[DVD] バイロケーション DVD スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,252 水川あさみが1人2役で主演を務め、第17回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した若手ホラー作家・法条遥の同名小説を映画化したサスペンスホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報