劇場公開日 2017年7月15日

  • 予告編を見る

彼女の人生は間違いじゃないのレビュー・感想・評価

3.352
12%
40%
37%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全52件中、1~20件目を表示

3.0光に手をのばす

2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年7月14日

彼女の人生は間違いじゃない 鑑賞

光に手をのばす
震災後の福島で暮らす女性が主人公。公務員をしながら週末は東京でデリヘル嬢をする主人公。その父親は田んぼが汚染されてパチンコの日々。公務員の男性は東京から来た女子大生から屈託のない質問を受けとまどう。何かを求めて生きる。
#瀧内公美#光石研#柄本時生#高良健吾#蓮佛美沙子#趣里

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

3.0こういう邦画の〝雰囲気的な映画”、好きな時期もあったけど、多すぎて...

2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿

こういう邦画の〝雰囲気的な映画”、好きな時期もあったけど、多すぎて飽きてきた

瀧内公美の演技はとても魅力的。
火口のふたりに抜擢も納得

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コーヒー

3.0正解のない生き方の中で

2020年2月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

誰もがその生き方に自信なんてない。彼女たちはその中でも、「震災」から立ち直らなければならない使命のようなものを背負って生きている。
だからこそ、その生き方に常に問いを求め、光を見つけ出そうともがく姿が印象的だった。震災がテーマの、"日常"を描いたヒューマンドラマだからこそ、日常の音、ひとつひとつが丁寧に拾われていく。
豪華なキャストで紡がれる日常も素晴らしいが、なにより体当たりで演技を魅せ、心の動きを細やかに演じた瀧内公美の演技が光っている。まだまだたくさんの表情を見せてくれそうな彼女に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かわちゃん

2.5取り残されて

ミカさん
2020年2月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

登場する人達が皆んなどこか取り残された感じがして、日本を覆う言葉で表現できないどんよりした重さを感じました。震災後の福島もですが、他の地方も今はこんな感じなのかと思いました。それが、淡々と伝わってきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

4.0瀧内公美さんの凄さを知った作品。廣木隆一監督はメジャー青春映画だけではなく、優れた社会派作品も撮る方なのだなあ。

NOBUさん
2019年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 この映画は、瀧内公美という最近の邦画では稀有な立ち位置にいる素晴らしい女優さんなしには、成立しなかったのは観れば分かる。
 福島で起きた怖ろしい出来事を背景に、物語は描かれる。
 漁が出来なくなり、保証金で生活する覇気の無くなった父との二人暮らしの中、瀧内さん演じるみゆきは週日は市役所で働き、週末は”バスで”東京に行く。この対比が凄い。
 彼女は何ゆえに週末、東京に行くのか?
 色々な解釈が出来ると思うが、私は福島の市役所で働いているとどうしてもあの忌まわしく、怖ろしい出来事が付いて回る。敢えて、前を向くきっかけを掴むために東京に3時間かけて福島との温度差を断ち切るために”バスで”行くのだと思った。
 みゆきの周囲の人間を邦画界、熟達の役者さんたち(高良健吾さん 光石研さん 蓮佛美沙子さん 安藤玉恵さん 浪岡一喜さん・・・ 滔滔たる布陣である)が演じているのも、この作品を一層趣深いものにしている。

 廣木監督が自ら原作を執筆されている。才人である。

<2017年8月17日 旅行先のミニシアターにて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.5ほんとに

いつこさん
2018年12月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

こんな風に震災にあった人で風俗に出稼ぎに来ていた人はいたのだろうか。震災を忘れないために見る映画。家族を亡くした人、家をなくして未だプレハブに住んでいる人にとっては、一生忘れられるわけがないのだから。もう6年経つのに‥町の風景に衝撃。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

2.0残念

2018年11月18日
iPhoneアプリから投稿

おもんない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

3.5無名のヒロインが存在感半端無い

2018年11月10日
PCから投稿

福島の被災避難所で父と暮らすヒロイン。
平日は市役所で働き、土日は夜行バスで渋谷に行きデリヘル。
なぜ、デリヘルなのか、最後までわからない。
彼女のなんとゆうか透明感、清楚とか素朴なとか例えようの無い、体当たりとゆうか、言葉が見つからない。
例えでゆうと、出過ぎない二階堂ふみ、親しみやすい橋本愛、表現しにくいが滲む魅力が素晴らしい。
また、福島の現状を等身大で描く映画初めてではないか。
痒いところに手が届かない訳が分からない所が多いが、真摯に取り組む姿勢には好感が持てる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシン

3.0福島

2018年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

福島で父親(光石研)と仮設住宅で暮らす主人公(瀧内公美)は市役所に勤めているが、週末はバスで東京・渋谷に行きデリヘル嬢をしている。
父親は補償金をパチンコにつぎ込む毎日で、妻を失った日から再スタート出来ないでいた。
簡単には立ち直れないけど時間が解決するかも。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

5.0心をえぐられる作品でした

あべ2さん
2018年7月22日
iPhoneアプリから投稿

心をえぐられるような作品を観たのは久しぶりでした。
震災から5年後、半ば忘れられたような現地の人たちのリアルをきっちり表現してると思います。
仮設住宅、なくした家族、放射能とか、大きな悲しみを持ちながらも生き続けている人たちがたくさんいるのを忘れてはいけないと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あべ2

3.0福島訛りがない・・・・

ヘイさん
2018年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

私自身が栃木の出身で、隣県の福島にも知り合いはたくさんいますが、福島の方は、上京されている方でも南東北独特のイントネーションが根強く残っている方が多いです。監督は福島出身と聞きましたが、そこは目をつぶったのでしょうか?私はそこが気になって仕方ありませんでした。麿赤児の奥さん役の方いましたよね。あれがネイティブです。関西が舞台の映画を標準語のイントネーションでやりますか?それと同じです。
光石さんが好演されてました。あれが被災の現実に近いのだと思います。主人公のイライラはイマイチ伝わりませんでした。地元を離れたくても離れられない人のジレンマがイマイチ描けてなかった。
「子供心配だよね」とデリヘル友達から言われる場面がありましたけど(辛い現実ですが)そういったものをもう少し滲ませるとかすると、奥行きが出たと思いますが、ちょっともったいないですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ヘイ

久しぶりの日本映画、だけど・・・

そんぼさん
2018年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

初からつまらない
映像がTV。映画のカメラじゃない。すこしは「ダンケルク」の映像のちがいを観てほしい。
内容は分かるけど、なんだろ。物語が情緒的でだらだらと進展している。
たぶんね、震災をテーマにしても日本人作家がつくると。
途中とばしとばしでも、やっと半分観た。
でもやめた。

映画って、俳優を含めてキャスティングと、カメラと編集の絞り込みだろうと想像している。
日本映画って、どうしてなんだろうね。
情緒って、くだらない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
そんぼ

4.0やりきれない人の気持ちが詰まっている。

2018年2月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

主人公の彼女が何故デルヘルをやり始めたか?なんて分かった所で意味がない。
彼女にとって窮屈でやりきれない地元から抜け出させてくれるには簡単で都合の良い職業だと最初思っていたのかも知れない。ただそれだけだと思う。

福島では無いが東日本大震災を味わった身としては真面目に捉えて観れる映画だった。
今でも更地化されているが茫々と草木が生えている所もあるし、海なんて大きい堤防で見えやしない。道なんて面影も無く変わってしまった。
震災前の豊かな大地を蘇らせてくれなんて今更思わない。人口も増えず田舎化が進む昨今、そんな所にお金を掛けても叶わぬ夢なのだから。

窮屈過ぎるやりきれない実情。震災から7年経とうとしているが、今でも亡霊の様に被災場所にはそれがある。
それを若手俳優陣をメインにし、映画化してくれた監督には感謝を言いたい。

震災の実情を知らなくても良い映画だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
巫女雷男

3.0良い映画

stoneageさん
2017年11月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

震災被災者を扱った映画は沢山ある。こうした映画は、実際のところ、どのように受け止められているのだろうか?フィクションはどこまで行ってもフィクションでしかあり得ない。観終わった後の、変なもやもや感だけが残る。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

3.0震災の爪痕

隣組さん
2017年10月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

被災者の現状が伝わってきましたし当時の悲惨な状況が蘇ってきました。ただ最後があっけない幕切れで残念。風俗業で働いたことに関しては被災したことが理由にはならないが震災の爪痕は大きい。
2017-129

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
隣組

4.5是非、劇場で!!

2017年10月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

出だしは、淡々では?と。半ばジワジワ。あとシットリな味わいでした。震災のヤミカタがスクリーンサイズに焼かれたと思いました。台詞が少なくとも映像と想像から浮かび上がってくる。見方によっては変哲無いかも知れないが、映像に音楽と良い仕上がりに感じとれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかナナ

4.0やっとはじまる

すみれさん
2017年9月24日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
すみれ

4.0その時どうするか

くりさん
2017年9月19日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
くり

3.0脱ぐスタイルではないが 実際は あんなもんでしょ 顔も綺麗で 痩せ...

snowballさん
2017年9月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

脱ぐスタイルではないが
実際は
あんなもんでしょ

顔も綺麗で
痩せてて胸もあるって
そんな作り物みたいな
スタイルの子は中々いないよね

光石研いいね‼︎
結構ウルウルきました...

高良健吾久々かな?
役柄が
偏ってきたね(笑)
でも
やっぱかっけ〜‼︎

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 0 件)
snowball

3.5鍵盤

2017年9月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

性風俗業で働くということは、もちろんお金のためでもあるだろうけど、それ以上に究極の承認欲求の果てだとも思う。
この映画の彼女に限らずそういう業界で働いている人の人生が間違いか間違いじゃないかなんて、僕には何も言えないし判断する立場にも無いが、境遇を想像すると辛くなる事だけは確かだから、きっと僕の心の中では「間違いじゃない」とは言えない気持ちの方が比重が大きいんだと思う。
ただ元カレと壺売ってきたヤツ、あいつらの人生は間違いだと胸を張って言わせていただきたい。

80

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ヨッシー
「彼女の人生は間違いじゃない」の作品トップへ