蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」(彩の国シェイクスピア・シリーズ)

劇場公開日

蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」(彩の国シェイクスピア・シリーズ)
0%
80%
20%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本を代表する演出家・蜷川幸雄の一周忌追悼企画として、厳選された名舞台をスクリーンで上映する「蜷川幸雄シアター」の第1弾。高潔なローマ人ブルータスが友人である英雄シーザーを倒すまでの葛藤とその後の運命を描いたシェイクスピア悲劇「ジュリアス・シーザー」を収録。ポンペイを破った英雄シーザーの権力が強大化することに恐れをなしたキャシアスは、市民からの信望が厚いブルータスを仲間に引き入れて暗殺を決行する。市民たちはブルータスの演説を聞き一度は英雄の死を受け入れたかに見えたが、シーザーの腹心アントニーの弔辞によって状況は一転。市民たちの心は反ブルータスに翻り、ブルータスとキャシアスは追い詰められていく。阿部寛がブルータス役で主演をつとめ、藤原竜也がアントニー役、横田栄司がシーザー役、吉田鋼太郎がキャシアス役をそれぞれ演じた。

2014年製作/175分/G/日本
配給:東急レクリエーション、ホリプロ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0藤原竜也と吉田鋼太郎、上手いね。

ニョロさん
2017年5月18日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ニョロ

4.0アントニーの演説、圧巻

Rinkoさん
2017年5月17日
iPhoneアプリから投稿

え??藤原竜也さん、主演のシーザーなんじゃないの??アントニーって誰だよ??ってくらい、前知識も何もなく見に行ったんですが、途中から、納得。
シーザーが死んでからが本筋だったんですね。

アントニーの弔辞のシーン、「しかしブルータスは公明正大・・・」って、この四字熟語、高校受験の時くらいしか聞いたことないけど、この演説シーンの中だけで、私は一生分聞いたぞ(笑)この難しくて長い台詞、さすがにこれは鳥肌もんで、アントニーがブルータスより、一枚も二枚も上手だったということが、よく伝わりました。このための藤原竜也さんだったんですね。

でも、ローマ人に似せるために、藤原竜也さんがメイクバリバリなのに、阿部寛さんの方は素っぽくて、顔の濃さだけは、ブルータスの方が上手だなって、内心思いながら見てました(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rinko
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「蜷川幸雄シアター」シリーズ関連作品

他のユーザーは「蜷川幸雄シアター「ジュリアス・シーザー」(彩の国シェイクスピア・シリーズ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。