Death Note デスノート

Death Note デスノート
0%
16%
47%
21%
16%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大場つぐみ(原作)×小畑健(作画)による日本の人気漫画「デスノート」のNetflixによる実写映画化。Netflixで2017年8月25日から配信。

2017年製作/100分/アメリカ
原題:Death Note

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0海外版は海外版で。

2020年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

原作知ってたり日本版知ってると
どうしても比べちゃうから
やっぱ天才と天才のバチバチを
期待しちゃうし、
結果違うと不満が生まれる。

エルは黒人だからなのもあって
アグレッシブに見えた。

キラは普通すぎるな?!って思ったけど
ラストにかけて
どんどん進んでくのは良かった。

私も原作大好きだったから
評価低い意味はわかるけど
海外版は海外版で面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねん

0.5原作を知らなくても酷いw

2020年8月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

当作品が好きで原作を始め、ドラマ、スピンオフ、舞台などもチェックしている者です。
ネガティブな発信は好きではありませんが、あまりにも酷かった…
ノートとリューク、ライトとLの名前くらいしか同じでない別物で
タイトルすら変更して欲しい程の駄作。監督は続編はあると
インタビューでありましたが、日本で、いや世界中の原作ファンから
抗議デモが起きてもおかしくないんではないでしょうか?
デスノートは各国で社会問題を引き起こした程の凄い作品です。
公開直後と、数年後に2度鑑賞しましたが、評価は同じです。
ヒロインのマーガレット・クアリーさんはアンディ・マクダウェルさんの娘で
若いのに母親ゆずりの演技力もあり、とてもキュートですが…
こんな無駄遣いがあっていいのでしょうかw
見るのは時間のムダかな…気に入ってる人には申し訳ないですが
どれだけ酷いか確かめたい人は、おススメしませんが、どうぞご自由にw

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ブロリー

3.0アメリカ仕様のデスノート

Minaさん
2019年8月22日
Androidアプリから投稿

漫画は「イニシャルD」しかきちんと読んだことがなかった私ですらハマった「デスノート」。日本の実写版でもなかなか原作に沿った展開であり、ヒットもした。
そしてネットフリックス配信で公開されたのが、ハリウッドリメイク版である本作だ。監督は「サプライズ」などのアダム・ウィンガード。

強面のリューク見たさで観賞したが、確かに、リュークの死神感は半端ない。フルCGになると雰囲気抜群なのはやはりハリウッド製だからだろう。私が熱い原作ファンではないからなのか、なかなか楽しめる作品ではあった。本当にアメリカでリメイクしましたよ感が凄まじいが、アメリカ人の解釈でテンポ良く描かれる。

原作では心臓マヒで絶命するケースがほとんどだが、ユーモア溢れるアメリカ人はどうやらお汁を好むようだ。前半から頭部切断、頭部破裂、などなどスプラッタ描写満載で描く。流石ハリウッドだ。

それにアダム・ウィンガード監督らしい演出やカメラワーク、音楽などで楽しませてくれる。ところが、本作の要はキラである主人公、月(ライト)と変わり者の天才、L(エル)の頭脳戦だ。それが一番の見所なのだが、ライトは普通過ぎる高校生。Lも捜査網は凄いが、とくに天才的能力を見せることの無い風変わりな探偵。

…この条件下で激しい頭脳戦は全く期待できないが、製作サイドもそれは視野に入れていなかった様だ。原作の展開を踏まえつつ、オリジナルのストーリーを築いている。これはこれでありだが、Lが暴走する辺りも正直見たくなかった。

大風呂敷を広げて公開する作品では無いため、日本ではそれほどの注目度は無いかもしれないが、もし公開されていたら不満続出だったかも知れない。
そのようなところもザ・ハリウッドであり、ひっそりと配信されている作品だからこそ、成り立つのだろう思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Mina

2.5Lが残念

銀色☆さん
2019年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
銀色☆
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「デスノート」シリーズ関連作品