孤狼の血のレビュー・感想・評価

メニュー

孤狼の血

劇場公開日 2018年5月12日
142件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

白石和彌監督が現代の“実録”に挑む

往年の“実録”物で一時代を築いた東映は、「日本で一番悪い奴ら」を配給して、白石和彌監督なら“実録”の現代版を作れると確信したのか。「仁義なき戦い」の影響を公言する柚月裕子の原作の映画化権を獲得し、白石監督、役所広司主演で完成させたのが本作だ。

内容だけでなく、レトロ感あふれるナレーションやタイポグラフィには懐かしさを覚える人も多いはず。一方で“実録”を知らない若い世代には、北野武監督の「アウトレイジ」や、白石監督のバイオレンスに満ちた諸作を連想するかも。実際、石橋蓮司やピエール瀧ら北野組と白石組の常連も若干既視感を誘う。

映画を牽引するのは「渇き。」のアウトローな元刑事役を彷彿とさせる過激なキャラクターを体現した役所の圧倒的な存在感と入魂の演技。還暦を越えてなお男の色気と暴力性をムンムンと発散する役所のエネルギーが、共演陣の熱演とぶつかり合い、スクリーンからあふれ出てくるかのようだ。

AuVis
AuVisさん / 2018年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

血がビュンビュン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バイオレンス映画・ヤクザ映画は苦手ですが、本作は大変評価が高いため、もしや楽しめるかもしれない、とダメ元で観に行きました。

結果、案の定ダメ。とにかく、血がビュンビュン出るのでゲンナリしました。
血がビュンビュン出るのは鑑賞後も結構堪えて、身体がちょいとしんどかったりしました。

あと、ホントにヤーさんは喧嘩っ早いね。ヤクザ同士の殺し合いはまぁいいんですが、やはりカタギが嬲り殺されるのは気分が悪い。フロント企業の金庫番が…って設定は知人の体験とオーバーラップして、ゲーとなってしまった。ここは嫌にリアル。

1ミリも楽しめなかった映画でしたが、その理由は、バイオレンス描写ではなく、本作がヒーロー映画だったからかな、と思いました。
主人公のガミさんが、実はすごく優しくてカッコ良すぎる。なんというか、あそこまでカッコよくいかれちゃうとウソ臭くて。ヤクザも警察も悪いやつらばかりで、ガミさんだけ実は正義の味方、みたいな設定には乗れなかったです。

ヤクザ映画は嫌いですが、初期北野映画は大好きで、小林勇貴の全員死刑も好きです。これらの映画には、虚しさや無意味さが描かれているように思えます。暴力がカタルシス化しない、というか。ある意味、リアルな暴力性が描かれているように思えるのです。
本作はそうではなくて、血がビュンビュンのカタルシスと、ガミさんの庶民を愛する熱いヒーロー魂がメインになっているのかな、と思います。

本作を鑑賞したことで、個人的にはバイオレンス映画が苦手なのではなく、ヒーロー物が苦手なんだなぁ、なんて感じ、新たな発見があり収穫でした。

しかし、苦手な人がゲンナリするほどの迫力はあったと思います。高評価も頷けます。血がビュンビュン出るし。
単に、個人的嗜好に合わない映画でした。今後は高評価でも、バイオレンス娯楽作はスルーしようと決意した次第です。やはり、血がビュンビュンはしんどい。

kkmx
kkmxさん / 2018年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やくざ対警察映画

色は東映ヤクザ映画でした。役所がその雰囲気を別の方向に、引っ張る感じ
松坂桃李はいい俳優ですね

Daikokumai
Daikokumaiさん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昭和と共に終わるヤクザの時代

面白かったなぁ
私的には、世間知らずの少年が上司とヤクザにもまれて成長していく話だった

昭和の最後の夏。
広島で対立する2組のヤクザを監視していた所轄のマル暴に入ってきた新人刑事 日岡。
彼は マル暴でもきっての腕利き刑事 大上の監視役となるが。
この大上は、ワイロ、暴行、なんでもありの刑事で…。

我が家の周りにも組関係の人たちが住んでいて、それなりに新聞ネタになるような抗争があったけど
「カタギの人には迷惑をかけない」
という暗黙の了解のもと、何の問題もなく共存していた。

そんな掟が守られていたのも、裏で大上のような人が均衡を保っていたからで
それも、昭和までの話だったんだなぁと
この映画を観ながら思った。

古き良き昭和のヤクザの時代を終えると
「アウトレイジ」のようなインターナショナルの時代がやってきて
警察も、より高いレベルの賢さが求められていく。

その昭和から平成への切り替わりの混乱期に登場するのが、広大出身の新人 日岡で、
彼は大上の遺伝子を受け継ぎつつ
様々な経験をしていきながら
彼なりの狡猾さを身につけていく。

はじめこそはキレイゴトばかりで、
トンチンカンなことばかり言っていた日岡も
その「勘違い加減」を大上から思い知らされていく。

その日岡が成長していくくだりの後半は尻上がりに面白かった

それにしても、広島はケンカがよく似合う。
どこかから、吉川晃司がフラッと登場するんじゃないかと思いながら観てた

そして、白石和彌監督のスピードの速さに驚かされる作品でもあった

とえ
とえさん / 2018年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動作

 昭和色の強い刑事とヤクザもので、組の派閥とか構成が難しいのかと思ってたら、案外すんなりと内容も入ってくるし、途中ナレーションのお陰で更に流れが掴みやすかったです。客層は年齢の高い人が多かった印象です。しかし自分自身、年齢は若めなのですが全体的に若い人にも観やすい作品なのではないかなと思いました。
 暴力描写の激しい単なる血みどろ映画ではなくて、人間同士の駆け引きであったり、また人情色が目立った映画でした。最後、叩き上げ刑事役の役所広司さんが、後輩刑事に残す言葉に泣きそうになりました。

大輔
大輔さん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人の心の変遷、松坂桃李、

ミイラ取りがミイラになる、なるほど、諺は、「言葉の師匠」勝ち組、負け組、昭和より、より鮮明に、なっている、いや、なって行くと言う方がいいのか⁈
ヤクザ的には、しのぎの削り合い、弱肉強食、格差拡大、人の心は、制御出来ないのである、役所は、見抜いてる、松坂を、送られてきた理由を、だから、松坂の、心理を上手く利用して、「ミイラに変えたのかも、知れない、」自分の命を懸けて、後釜にするため⁈
まぁ、色々な見方が、あるが、人生色々❣️
先ずは、その人の心理を上手く利用して、その人が、乗れる仕組みを作らなければならない、その点において、役所の方が、滝藤よりも、上手だったのだと、感じる!

Taka
Takaさん / 2018年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった。

テンポがあって退屈しなかった。無駄な場面もなかったです。

俳優もみんなよかった。

昔の仁義なき戦いを思い出しました。

最後のラ〇〇ーの音で終わるシーンも、懐かしい、かっこいい。

51
51さん / 2018年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヤクザ映画として観なければ酷評はないかも

広島を舞台に、ヤクザ同士の抗争に立ち向かう刑事たちを描いた警察映画。
時代の再現力や役所広司の演技はよかった。原作が素晴らしいので、脚本のベースはいい。映画ならでは脚色も寛大に受け入れるつもり。でも、展開に違和感が残った。省略したエピソードがキャラの行動の必然性を薄めてしまったのかも。それでもノートのシーンは原作になかったところだがとてもよかった。
最大のマイナス点はヤクザの迫力不足。凄惨なシーンはがんばっていたと思うが、ミスキャストを補うには至らなかった。

kenshuchu
kenshuchuさん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういう映画初めて映画館で観たけど圧倒された 役所広司も江口洋介も...

こういう映画初めて映画館で観たけど圧倒された
役所広司も江口洋介もかっこよすぎ
真木よう子もなかなかよかった
自分も最初は大上のこと、日岡と同じ目線でしかみれなかったけど大上は誰よりも警察官だった

個人的には中村倫也が最高にかっこよかったと思う
最初の耳かじるシーン、銃持って乗り込むシーン、電話ボックスのシーン、どれもやばい
江口洋介のタバコに火つけるだけでもかっこいい

あと、タカシもなかなかよかったなぁ

ぱん
ぱんさん / 2018年5月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジュース販売機も昭和、役所広司が最高、 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

暴力シーンは、私には、度が過ぎていた。
もすこし、首とか、死体、血、直接 撮さず表現出来ないのか。
昭和63年って、もう時代劇になってきたかと感慨深い。
当時のジュース販売機良かった。ベンツなら当時は500SELとか、もっとデティール出して欲しい。
全体的にはクオリティ高く、テンポもダレない。
役所広司の存在感、雰囲気が、この映画の見所。
役所広司が殺されたのは、残念。身をかわして、東南アジアで結婚してたらしい、とかが良かった。

寅
さん / 2018年5月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松坂桃李がよかった

往年の東映実録路線とはまたちょっと違って
群像劇というよりは、
役所広司カッコいいだろ映画なのか、と
そういう気分でぼんやり観ていたら、
松坂桃李が転機になるシーン以降カッコよく
終盤はかなり燃えた。松坂桃李が好きになった。

竹野内豊も、往年の千葉ちゃんライクな雰囲気を出さんと努めてたし、江口洋介もなかなかハマっていた
(名前がモリタカは軽い嫌がらせなのか)。

石橋蓮司と瀧は
どこにいても石橋蓮司と瀧だなあ。

とまあ、役者を観るのが非常に楽しい映画だった。

にわか
にわかさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クラシックラガームービー

苦味たっぷりキレッキレの爽快さで、
まるでビールのような映画。

豚のクソから始まる容赦ない描きこみと、
警察モノと任侠モノの良いとこ取りな展開、
出演者がみんなおいしいキャラクター造形。

近年は、見たこともない映像、予想を裏切る展開がもてはやされているが、
フレッシュなだけが映画の面白みではないことを、改めて感じさせてくれる。

「このような作品が、一大ロードショー公開できる環境になった日本映画界は、未来が明るいかもな」
と感じながら、苦いビールを流し込む。

show
showさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コワモテ映画好きになってきた(*´艸`)

先日、韓国映画『犯罪都市』でヤクザもの映画の観賞デビューしたら思いの外面白かったため、こちらも劇場鑑賞してみることに♬

30〜40年前のマル暴対策刑事の相手と渡り歩くための傍若無人さが(実際は知らないけど)とてもリアルに描かれていて楽しめた。舞台が広島・呉っていうのもまたいい。広島好きにはたまらない(´∀`艸)♡♡
正義のためのチカラとただの暴力の違いが途中からとっても明確。警察と暴力団はもちろんのこと、暴力団の中でもカラーは違う。そしてなによりも歯痒いのは「正義が勝つ」は毎度の方程式ではないということ。本当に面白かったなー (๑>◡<๑)

役所広司、松坂桃李、江口洋介、竹野内豊とフレッシュから燻し銀なイケメソが大集結✩⃛✩⃛✩⃛こーゆー映画は女性の1人鑑賞には向かないかな?と思ったけどオラオラ系男子が好きな女子たちにとって
目の保養としては良き作品なのかも(*´艸`)

一緒に観た子いわく北野作品へのオマージュ的な部分があるとか。白石監督は北野監督をリスペクトしてるのかしら??『アウトレイジ』未観賞だから今度挑戦してみよ✩⃛✩⃛✩⃛

らま+たん
らま+たんさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見たばっかりなのに続編が楽しみ❗

綱渡りの綱に乗ったら、もう前に進むしかない❗
ヤクザ同士の抗争がこれ以上悪化しないように、警察の権力を最大限に利用して、丸くおさめようとする役所演じるヤサグレ刑事の考え方に共感してしまった❗

というか、生き様に惚れたな😆✋

綱から落ちれば死が待っていると分かっていても敢えて綱に乗り続ける❗

それを分からず、表面だけを見て憤る若手刑事が松坂桃李😆✋
その生き様が分かったときには、時すでに遅し😢

それでも、大学を出たエリート刑事の松坂もだんだん目覚めて逞しくなっていく課程を上手く演じている❗

目付きが変わり、真の正義に目覚めていくのはとても痛快で面白かった😆✋

えげつない場面もあるが、ヒューマンドラマとしては最高じゃないか❗

続編もあるとの事なので、是非見たいと思うよ⤴️⤴️

シェルマン
シェルマンさん / 2018年5月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

東映ヤクザ映画では無い

映画が始まった時は、おやっ!仁義なき戦い?と感じたが、本当最初だけ。警察側目線の、サスペンスフルな意外としっかりとした作品だった。
今や定番と言える、役所広司のヤサグレドヤ感がやはり光る。松坂桃李はまんまの役柄。江口洋介は少しミスキャストに感じた。
グロシーンも多少あるが、笑いと紙一重。
昔観て、その展開が衝撃的だった『L.A.大捜査線/狼たちの街』に近いものを感じた。
名作である事は変わりない。

映画鑑賞1000作
映画鑑賞1000作さん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

昭和やなぁー

こんな雰囲気も わりと好きやなぁー

映画観てるって感じ!
最後まで引き込まれました。
おもしろかったです。

役所広司 渋い!

コンブ
コンブさん / 2018年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすが東映

最後まで圧巻でした。内容こそ暴力的ですが、とても丁寧な作りで息を呑む展開、今年のベスト決定です。

mahiro
mahiroさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ザ・東映 仁義なき戦いをオマージュした作品 女性の原作とは思えない...

ザ・東映
仁義なき戦いをオマージュした作品
女性の原作とは思えないハードボイルド
役所広司と松坂桃李のバディ
やはり、続編が決定
他の役者陣も超豪華
小道具の凝り具合も素晴らしい
残念だったのは、松坂桃李のスーツとワイシャツ、なぜそのだけ昔のものでなかったのか

アップル
アップルさん / 2018年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後まで圧巻です。

昭和63年が舞台。昭和らしいスナックや町並み、車。
暴対法が確立してない時代だからこそのストーリーです。

騙したり騙されたり裏切ったり。
アウトレイジも好きですが、こちらは人間味がある。
愛もあれば、優しさも、悲しみみ、憎しみも。
映画自体は暴力的だが、全てがストーリーに滲み出てます。
行方不明から水死体のシーンまでの流れは涙腺もゆるみます。

出だしから激しい描写で目が離せません。
ラスト30分はどんでん返し!
松坂桃李の豹変していく演技も見ものでした。

続編も決定したようで、いまから楽しみです。

Riri
Ririさん / 2018年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヤクザ映画の皮を被った大手TV局が作りそうな刑事ドラマ

期待ハズレでした。
まあそこそこ面白いので2.5。

リアルさが無い。
全てはそこに尽きる。
作りもの感が半端ない。

t
tさん / 2018年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

142件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi