孤狼の血のレビュー・感想・評価

メニュー

孤狼の血

劇場公開日 2018年5月12日
259件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

白石和彌監督が現代の“実録”に挑む

往年の“実録”物で一時代を築いた東映は、「日本で一番悪い奴ら」を配給して、白石和彌監督なら“実録”の現代版を作れると確信したのか。「仁義なき戦い」の影響を公言する柚月裕子の原作の映画化権を獲得し、白石監督、役所広司主演で完成させたのが本作だ。

内容だけでなく、レトロ感あふれるナレーションやタイポグラフィには懐かしさを覚える人も多いはず。一方で“実録”を知らない若い世代には、北野武監督の「アウトレイジ」や、白石監督のバイオレンスに満ちた諸作を連想するかも。実際、石橋蓮司やピエール瀧ら北野組と白石組の常連も若干既視感を誘う。

映画を牽引するのは「渇き。」のアウトローな元刑事役を彷彿とさせる過激なキャラクターを体現した役所の圧倒的な存在感と入魂の演技。還暦を越えてなお男の色気と暴力性をムンムンと発散する役所のエネルギーが、共演陣の熱演とぶつかり合い、スクリーンからあふれ出てくるかのようだ。

AuVis
AuVisさん / 2018年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 13 件)

往年のヤクザ映画も一蹴する傑作

「ロストパラダイス・イン・トーキョー」、「凶悪」の白石和彌監督作。

もはや風格さえ感じられ、往年のヤクザ映画や北野武監督作にも劣ることのない傑作。

「警察じゃけん、何やってもいいんじゃ」と役所広司が久々にはじけた!

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

昭和のヤクザ

最初からグロくて、目を背けたくなる場面から入り、一気に裏社会の世界に、自分も引きずりこまれた感じでした。

役所さんは、『渇き』の時の狂気に満ちた元警官役も迫力がありましたが、本作では人間臭さも加わり存在感のある演技でした。

この原作が女性というのも驚き。柚月裕子氏は先日の本屋大賞にも『盤上の向日葵』がノミネートされた人気推理作家さんです。

白石監督は、原作となるレトロな昭和の世界観を見事に描いてました。観ているだけで痛さまで伝わる演出でした。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待はずれ

ポスターと予告編と役所さんに惹かれて観たけど、ダメダメでした。原作が面白くないのかなあ?面白くなかった原因はストーリーだったのですが、ある映画プロデューサーに「ホンがダメだったのかな」と言ったら「それは監督の腕が悪いからだ」といわれました。

haluka
halukaさん / 2018年9月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

超力作

シナリオが完璧。
無駄がまったくない力作で、楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。

小道具の使い方も俊逸。
非の打ち所がない力作。

よしお
よしおさん / 2018年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かなり攻めている作品だと思います。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・豪華キャストが弾けた演技をされていて、楽しめました。
・ラストの展開にはビックリしました。

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

ラストの展開がすきでした。
続編がみたい!

ゼクス先生
ゼクス先生さん / 2018年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

続編あり ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

土左衛門が凄かった
桃李もすばらしい

hiro
hiroさん / 2018年7月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実録ヤクザと較べるなよ

最初の豚小屋のシーンにはビックリでした。役所広司の見事な悪徳刑事ぶりと松坂桃李の後半の豹変ぶりは見応えがあり、とても楽しめました。もちろん物足りない点もありますが現在の実録物としては充分です。本作を往年の実録ヤクザものと比較して不平不満を述べるのは酷です。今作は警察が主ですし。仁義なき戦いシリーズが公開されたのは私が高校生の頃で実際に映画館で鑑賞したのは大学時代、その1970年代の中頃と今とでは時代が違います。私が子供の頃、育った1960年代の別府の温泉街では銭湯に行くと普通に背中に絵を付けたおじさんが、いつも二人くらいはいたものです。それは菅原文太さんも演じた夜桜銀次が実際に生きていた街とその時代。ヤクザの抗争や揉め事は日常で私の父もヤクザを一人ムショ送りに。触れてはいけない緊張感や暗黙の了解が大人の世界にはあるのだと子供心でも身震いをしたものです。日本の高度成長期、ヤクザや暴力団が生活の身近にあった時代を知っていたり、作品の舞台となる土地の事情や言葉使いを知っている者からすれば納得出来ない部分があるのは当然です。しかし映画は事実も虚構も膨らませたり縮めたりと工夫をしてリアリティを追求し2時間程度にまとめる難しさからは逃れられません。作品の出来栄えを他の何かと比較したくなる気持ちが起きるのは基準とする比較対象への思い入れが強すぎるからでしょう。純粋に映画を楽しむことより評価することに価値を置き、事細かに見過ぎて知ったつもりになると近視眼で大切な事を見失うという視点の貧しさに溺れてしまいかねない。そんな無知な誤ちだけには是非、注意したいものです。

ロンロン
ロンロンさん / 2018年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

東映ならでは

ヤクザ映画撮影させたら、東映の右に出る会社はありませんね!ストーリーもしっかりしていて、俳優陣も名演技でした。

aki007
aki007さん / 2018年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初めてのヤクザ映画。

ヤクザ映画を初めて映画館で見ました!
R15もあって暴力シーンもそうですが、放送禁止用語が多数あって、あぁこういうのが地上波にはでは無理なんだな…なんて本編とズレた事をチラッと思い浮かべて見たり。

とにかく出演してる方が豪華俳優だらけでしたしその中で中村倫也さんや松坂桃李さんなど若手の中でも経験を積んでらっしゃる方がベテラン俳優さんと肩を並べてヤクザ映画に出てることがまたこれからを担う方になっていくんだなと思うと同時に映画内容的にあまり客足の少ないであろう若い女性ファンの方にもヤクザ映画を知ってもらうキッカケになるような作品なのではないか?と、実際私もそんなところあるし。
コアな映画ファンの方はこぞって絶賛されていたので興味を持ちましたが、まだ私にはすこし早かったようです。笑
でも次回作も楽しみにしてます。

YURI
YURIさん / 2018年7月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スカッとさせられる作品👍

邦画では外せないジャンル、それこそがヤクザ映画。
久々の本物、本気のヤクザ映画作品に出会えたと、
私は感じた。
確かに本物の日本の所轄もヤクザみたいなものだが、
それ以上に、この作品は凄い‼︎
ズルくなく
真っ直ぐで、どストレートで、キャスティングも
実に素晴らしい。
この泥臭さが、日本独特の風習や文化として、
いまだ薄っすらと残る、男色(男の友情や義兄弟と言った、強い絆で結ばれた友愛に美徳を見いだすことですよ。)に結びつくのでしょう。
作品全体のイカレタ激しさに、
互いの正義感のライティング違いが、
互いに気付かず、ますます衝突が激しくなる。
そこが私にはたまらない!
久々に、泥臭く人間臭い、イカレタ、
スカッとする作品に巡り会えました。

リン
リンさん / 2018年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストの関西3文字に敬礼

公務員さん
あなたのお役目何ですか?
この映画みて確認するように❗
カバチこいたった❗

としさん
としさんさん / 2018年7月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役所広司の演技は満点だったが...

やはり仁義なき戦いなどの当時の東映実録路線と比べてしまうと、どうしても物足りなさを感じてしまう。

当時のやくざ映画の監督や俳優陣の熱量を少しだけ再現した感じ。

あの頃のやくざ映画は現代では作れないと再確認し、切ない気持ちに襲われた。

ただ役所さんの演技は素晴らしく、当時の俳優陣にも負けてなかった。

アントニオバンデラス
アントニオバンデラスさん / 2018年7月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

#孤狼の血 北野がヤクザ #映画 から抜いた粘り気を昭和体臭男 #...

#孤狼の血
北野がヤクザ #映画 から抜いた粘り気を昭和体臭男 #役所広司 (小日向の逆)が平成無臭男 #松坂桃李 に輸血する試み。コンビニ携帯無き昭和のLARK自販機、下ネタ親父ギャグ、ナレーション音声に泣く。 #竹野内豊 綺麗なだけの馬鹿は儲け役。不作の今年では上位。
@Korounochi_2018 #eiga

きねまっきー
きねまっきーさん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

荒波に波

荒磯に波から東映のロゴマーク…やっぱりこの手の作品にはこれですね(^^)この監督の作品、最近お気に入りです!現代版“実録”が如く、熱のこもった作品でした!

Shige12
Shige12さん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通

人情味あふれる感じが、裏目に出ています。
ここまで御涙頂戴なストーリーだと、逆にもっとエンターテイメントに振っても良かったのではないかと思いました。

しかし、自分の思う改善点をどんどん押し付けたら、それこそ「アウトレイジ」まんまになってしまうと気付きました。

娯楽任侠映画です。
気楽に楽しむという点では悪くないと思います。

演技も良かったです。しかし広島弁が、作為的に感じました。(イントネーションではなく、演出として。)

主人公の時計がかっこよかったです。オメガのシーマスター200 通称「プレボンド」
とても似合っていて、キャラクターにもマッチしていると思いました。

Rewind That
Rewind Thatさん / 2018年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作読破済みです

原作がとても面白かったので、映像化していると知って慌てて見に行きました。
監督が「原作にない下品さ、えぐさ、グロさを足しました」と仰っていましたが、まさにその通りでした。序盤のリンチがまあえげつないこと…(ヤクザ映画初心者の為、そう感じるだけかもしれませんが…)
主人公二人の関係性を初め、色々と関係性や人物が違ったりオリジナルキャラクターがいたりと、映像化するに当たってかなり改変があり、多々戸惑いがありましたが、原作とは違う別物の作品として見れば、これはこれでありかなあという感じ。
ただ事件や人物紹介そのものはかなり端折られ急いで回収されるので、原作を読んでないとわからないのでは?と思う部分もありました。
映画での日岡とガミさんの関係が後半、ある大事件をきっかけに日岡の気持ちの中で本当の師弟関係になってからの、日岡の立ち回りがとてもよかったです。原作には描かれない後半のシーンは見ていてスッキリしました。

ただ、一つどうしても大声で言いたいのですが、原作の日岡は日岡とかいて「ひおかし」と読むのです。映画で「ひおか」と呼ばれるたびに、なぜ「ひおかし」ではなく「ひおか」になったのか、最後まで違和感で気になって仕方ありませんでした。
脚本、ちゃんと原作読んでたのかなあ。うーん…

msn
msnさん / 2018年6月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本日最終日 レイトショー

役所さん最高!
松坂も良い!
配役も抜群
すごく楽しめた
続編に期待

horike
horikeさん / 2018年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後は首取り ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バイオレンスさとかカッコ良さとかで比較すると、アウトレイジ(1作目)>本作>アウトレイジ(2・3作目)っていうところかな。

アウトレイジ(1作目)の最後も首が飛ぶシーンがあったけど、今作もやっぱり首が。。。怒りを買いすぎると首取りになるのかな。。。

冒頭から痛いシーンだったので、ちょっと構えて観たけど、その後はそれほどでもなかったので、バイオレンス苦手な人でも観やすいと言えば観やすいのかも。

役所さんの演技はさすが!
次回作も既に決まっているが、役所さんの役は亡くなってしまっているので、桃李君の演技の更なる成長に期待かな。

ぽんぱる
ぽんぱるさん / 2018年6月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

259件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi