劇場公開日 2018年5月12日

「白石和彌監督が現代の“実録”に挑む」孤狼の血 AuVisさんの映画レビュー(感想・評価)

3.8324
27%
55%
13%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0白石和彌監督が現代の“実録”に挑む

AuVisさん
2018年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

往年の“実録”物で一時代を築いた東映は、「日本で一番悪い奴ら」を配給して、白石和彌監督なら“実録”の現代版を作れると確信したのか。「仁義なき戦い」の影響を公言する柚月裕子の原作の映画化権を獲得し、白石監督、役所広司主演で完成させたのが本作だ。

内容だけでなく、レトロ感あふれるナレーションやタイポグラフィには懐かしさを覚える人も多いはず。一方で“実録”を知らない若い世代には、北野武監督の「アウトレイジ」や、白石監督のバイオレンスに満ちた諸作を連想するかも。実際、石橋蓮司やピエール瀧ら北野組と白石組の常連も若干既視感を誘う。

映画を牽引するのは「渇き。」のアウトローな元刑事役を彷彿とさせる過激なキャラクターを体現した役所の圧倒的な存在感と入魂の演技。還暦を越えてなお男の色気と暴力性をムンムンと発散する役所のエネルギーが、共演陣の熱演とぶつかり合い、スクリーンからあふれ出てくるかのようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 21 件)
AuVis
「孤狼の血」のレビューを書く 「孤狼の血」のレビュー一覧へ(全324件)
「孤狼の血」の作品トップへ