パーソナル・ショッパー
ホーム > 作品情報 > 映画「パーソナル・ショッパー」
メニュー

パーソナル・ショッパー

劇場公開日

解説

「アクトレス 女たちの舞台」のオリビエ・アサイヤス監督が、同作に続いてクリステン・スチュワートと再びコンビを組み、第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞を受賞した心理ミステリー。忙しいセレブのために服やアクセサリーの買い物を代行する「パーソナル・ショッパー」としてパリで働くモウリーン。私生活では数カ月前に双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れない一方で、仕事で鍵を預かり他人の家に出入りし、時にはプライベートをものぞき見ることに、欲望をふくらませていた。そんな彼女の隠された欲望が不可解な出来事を引き寄せ、彼女に謎のメールが届き始める。シャネルが衣装協力として参加し、劇中にではカルティエなど実在するブランドショップが登場する。

作品データ

原題 Personal Shopper
製作年 2016年
製作国 フランス
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 105分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
監督賞 オリビエ・アサイヤス
出品
コンペティション部門
出品作品 オリビエ・アサイヤス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

孤独の淵をこそ逞しさへの起点とする、アサイヤスならではの闘うヒロイン映画
パーソナル・ショッパーの映画評論・批評

「あの最後のショット、あれは彼女が初めて自分と仲直りできた瞬間だと思っています。あそこで彼女は漸く自分自身になれたのだと」ベイルートで「カルロス」を撮影中の監督オリヴィエ・アサイヤスが電話インタビューに応じて「クリーン」の幕切れを語っ...パーソナル・ショッパーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全31件)
  • 霊に頬を撫でられたかのような、ジャンル分け不能の異色映画 アサイヤス監督の描く作品はどれも飛び抜けた個性を持ったものばかりだ。今回はジャンルさえも飛び越え、心霊、セレブ、サスペンス、ヒューマンドラマといった要素を行きつ戻りつしながら、艶めかしい風が観る... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年5月30日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • あなたは誰?ではなく、私は誰? 死んだ兄の亡霊に脅え、携帯に届く脅迫メールに操られ、まるで別人に豹変したかのような行為に耽るヒロインの職業は、パーソナル・ショッパー。多忙なセレブに代わって買い物を請け負う彼女は、本来なら手の届... ...続きを読む

    MP MPさん  2017年5月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/3
  • 個人的佳作 ●2018年43本目(DVD鑑賞38本目) セレブの買い物代行をクリステンスチュワートが演じているが、演じるのにヌードもいとわない演技が素晴らしい。色々問題もある彼女だけどトワイライト以降インデ... ...続きを読む

    しゅんすけ13 しゅんすけ13さん  2018年5月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「パーソナル・ショッパー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi