泥棒役者

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
泥棒役者
22%
49%
23%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独初主演を務めたコメディ。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、人気アニメ「TIGER & BUNNY」などで知られる脚本家の西田征史が2006年に作・演出を手がけた同名作品を映画用にリライトし、自身の2作目となる監督作品としてメガホンを取った。かつて金庫破りとして泥棒稼業に足を踏み込んでいた大貫はじめ。今では足を洗い小さな町工場で真面目に働き、恋人の美沙と幸せな同棲生活を送っていた。しかし、刑務所から出所したばかりのかつての泥棒仲間だった畠山則男に「美沙に泥棒だった過去をバラす」と脅されたはじめは、則男とともに泣く泣くある豪邸に泥棒に入る。忍び込んだ豪邸で「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」と次々と別人に間違えられるはじめは、泥棒であることがバレたくない一心で間違えられた役柄を必死に演じることとなるが……。はじめ役を丸山、恋人の美沙役を高畑充希が演じるほか、市村正親、ユースケ・サンタマリアらが顔をそろえる。

2017年製作/114分/G/日本
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2017「泥棒役者」製作委員会

映画レビュー

3.5舞台劇が原作ゆえの閉塞感とわざとらしさを楽しめるかどうか

2017年11月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

西田征史監督が作・演出の舞台劇を自ら映画化したとのことで、物語の9割は絵本作家が住む一軒家の中で展開する。さらにそのほとんどは一階の居間か二階の作業部屋で進行するので、ある種の息苦しさ、閉塞感は否めない。映画的な美しい引きの絵、心を打たれる構図に乏しいのだ。だがこうした演劇的な空間を好ましく思う人もきっといるはずで、好き嫌いが分かれるところだろう。

出自が舞台劇ということでもう一つ、笑いのネタが大ぶりで分かりやすい。言い換えると大仰でわざとらしい。泥棒に入った主人公が別人に間違われてその人物を演じることになるというパターンの反復なので、この演劇的な笑いにうまく乗れたらずっと楽しめるだろうし、普通そんな勘違いしないでしょうと鼻白むと結構つらい。主人公のやむにやまれぬ〈演技〉を含め、俳優たちがそれぞれ無理して張り切っている感じも演出意図だとは思うが、居心地の悪さが残り続けるのも確かだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高森 郁哉

3.0話が何故か噛み合う

ケイトさん
2020年7月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

その内、噛み合わなくなってからが面白い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

3.5タイトルは『たまとみき』が良かったな…。

ガーコさん
2020年1月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

幸せ

萌える

タイトルがなんか嫌。
どうせなら、『たまとみき』にすれば可愛い感じでよかったのにね。

丸山くんの演技初めて観たのでとても新鮮。
こういうダサ真面目くん役が似合っていて、母性本能をくすぐられる感じ!
最後まで、観る人を裏切らない優しい雰囲気に好感度アップですね。

個人的には高畑充希ちゃん観たかったのですが、思ったより出番少なくてショック…!
でも、ファッションは可愛い(o^^o)
白いホワホワの服と短パンが若さを感じてとてもグッド!
癒されキャラをバッチリ演じていたので良かったです。

映画の内容は、三谷幸喜さんとかこういう映画好きそうって思いました(笑)
よく舞台とかでこういう演出がありそう。
食い違いの会話が偶然繋がって、別の世界を作り出してしまうというような…。

市村正親さんとか、ユースケサンタマリアさんなど、キャラの濃ゆい人を集めたことで、なんだか独特な世界が出来上がってました!

相変わらず宮川大輔さんは、犯人役が似合う(笑)
関西弁が余計に胡散臭くて面白かったです(^^)
片桐仁さんと片桐はいりさんのコラボ共演も面白かった!

強いていうならば面白いけど、面白かったで終わってしまったこと。
何かもう一捻りあると物語が盛り上がってもっとよかったのに、惜しい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

3.0市村正親でもっていた

asicaさん
2019年12月25日
iPhoneアプリから投稿

機嫌が悪い時に見たら、許せないのかもしれないが
比較的気分が良い時に見たのでまあまあ楽しんだ。

勘違いエピソードはユースケサンタマリア登場前までは あり。
絵本作家の家らしい室内の色彩感覚も良かった。
勘違いがバレるタイミングもギリ遅すぎず、その後の展開も大円団で童話チックだが 市村正親の演技にかなり救われていた。

主演の彼は 「泣くなハラちゃん」で見て以来の俳優姿だったが彼もまた市村の演技に救われていた。

総じて悪くない印象だが、多分その要因は市村正親さんの演技力によるものが大きい。

エンドロールの途中の「あれ」は映画館でなら見逃すのは間違いないなー!

小野寺の弟 小野寺の姉 とリンク?

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
asica
すべての映画レビューを見る(全125件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る