“小野寺姉弟”再び!向井理&片桐はいりが関ジャニ丸山主演「泥棒役者」にカメオ出演

2017年11月13日 12:00

約3年ぶりに銀幕に登場!
約3年ぶりに銀幕に登場!

[映画.com ニュース] 「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独主演を飾った西田征史監督作「泥棒役者」に、向井理片桐はいりがカメオ出演していることがわかった。西田監督のデビュー作「小野寺の弟・小野寺の姉」(2014)で不器用な姉弟に扮した向井&片桐が、同じ役どころで参戦を果たした。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本などでも知られる西田監督が演出した同名舞台を、自身のメガホンで映画化。元金庫破りの泥棒・大貫はじめ(丸山)が忍び込んだ豪邸で人に見つかり続け、捕まりたくない一心で「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」を必死に演じる様子をコミカルに描いた。

向井演じる弟・進と、片桐扮する姉・より子が、約3年ぶりにスクリーンに帰ってくる。劇中の重要シーンで登場し、ゆるゆるとしたやり取りを繰り広げるという。また、2人からのコメント映像も披露された。「タマとミキ」の絵本を片手に、進が「『泥棒役者』見に行こうよ」と誘うと、より子は「泥棒役者? いやだ、そんなの。私、怖いやつダメだもん」と拒否。さらに「怖くないよ。ラブコメ」「ふふっ。私がラブコメ好きだから言ってるでしょ」と押し問答を繰り返す。2人の芝居はアドリブであり、独特の空気感が笑いを誘う仕上がりだ。

泥棒役者」は、ほか市村正親ユースケ・サンタマリア石橋杏奈宮川大輔片桐仁高畑充希峯村リエらが共演。11月18日から公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース