レッド・スパロー

劇場公開日

レッド・スパロー
13%
57%
26%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アカデミー賞女優のジェニファー・ローレンスが、「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督と再タッグを組んだスパイサスペンス。元CIA局員という経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説が原作で、捜査対象を美貌で誘惑する「スパロー」と呼ばれる女スパイの活躍を描く。事故でバレリーナになる道を絶たれたドミニカは、ロシア政府が極秘裏に組織した諜報機関の一員となり、自らの肉体を使った誘惑や心理操作などを駆使して情報を盗み出す女スパイ「スパロー」になるための訓練を受ける。やがて組織の中で頭角を現したドミニカは、ロシアの機密情報を探っていたCIA捜査官ナッシュに近づくというミッションを与えられる。接近したドミニカとナッシュは互いに惹かれあいながらも、それぞれのキャリアや忠誠心、国家の安全をかけてだまし合いを繰り広げていく。

2017年製作/140分/R15+/アメリカ
原題:Red Sparrow
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画レビュー

3.0大作ではある

2022年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

スパイにならざる得ないまでの約30分の前半は正直退屈だった。母親がどんな病気かわかりにくかったが、訳アリ恵まれない育ちをした感じのジェニファー・ローレンス。

 「人々は買い物とSNSに浮かれ、人種間の憎しみで世界は分裂し、この世は混沌に支配されています。ロシアだけが犠牲をいとわず勝利だけを目指しているのです」--- 女性教官のセリフが生々しい講習シーンは見応えあった。
 風俗嬢を上手く活用する、大人が仕組んだシステムとでも言えばいいのでしょうか...私のような凡人ではなかなか考えにくいし、日本はどうか不明ですが、上記のセリフから恵まれてる国なんだなってことはわかる。

 観ていると、美人は何かあると思っちゃいそうです・・・。

メインは男と女、スパイ同士の (恋愛も含めた)駆け引きだと思う。前半はアクション・シーンやハラハラドキドキ、といったスリルは少なく会話ばかり。お色気スパイなので苦手な人も居ると思うし、そういうノリならB級でもありそうだと私は思った・・・が、 それを補っているのが製作費かかってそうだな、というメジャー映画ならではのスケール感ある大作だってこと。

ジワジワとエグイ展開になり、恋愛関係や拷問までも、本気なのかどうか観ててわからなくなると思います。
 途中、プリペイド携帯?が自動販売機で売ってた! 無知だったらごめんなさい。

 だんだん話が複雑になったとき、私は我慢して観て最後は結局わからなくなることがある。そんな時は間違ってても無理矢理答えを出して、その映画にケリを付ける。この映画の場合は...

 「おじさん、何で私にこんな仕事させるのよ!バカヤロー! 」そんな感じの結末に思えた。

足を踏み入れると、どんな手を使っても安泰な日は来ないのであった。そんな含みを感じる電話は無くていいですよ。。。

ジェニファー・ローレンスはほとんどの時間出ているので、彼女が好きな人はエロも含め満喫できることでしょう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
はむちん

4.0ジェニファーローレンスが美しい

Surfaceさん
2022年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

フロイト的な考え方の古典的なスパイ養成所でこれを今映画のなかで描く必要があったのか謎だけど主演女優の水着姿がめちゃくちゃ好きだった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Surface

3.0いいんですけど

marさん
2021年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

原作もアメリカ制作ってことでいいんですよね?っていうのが率直な感想。
ロシアといえばKGB、KGBといえばスパイ、スパイといえば色仕掛け…みたいな
割とステレオタイプな設定と言うか、よその国の、しかも極秘な部分をですね
なんか本当っぽく描いちゃうってところがモヤモヤするというかなんというか。

似た感じでいくと「アトミックブロンド」よりアクション要素すくなめのミステリー要素つよめ。
たまたま最近みた、こちらもロシアが舞台の「ANNA」より苦味が効いてるって感じ。

たぶん時間が過ぎるほどに古くなっていく類の作品だと思うので
見るなら早めが良いだろうと思いますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
mar

2.5ジェニファー・ローレンスをこんな映画に出演させちゃいけない

2021年7月6日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ジョニーデブ
すべての映画レビューを見る(全201件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る