フリー・ファイヤー
ホーム > 作品情報 > 映画「フリー・ファイヤー」
メニュー

フリー・ファイヤー

劇場公開日

解説

マーティン・スコセッシ製作総指揮の下、「ルーム」のブリー・ラーソン、「コードネーム U.N.C.L.E.」のアーミー・ハマー、「チャッピー」のシャルト・コプリー、「インセプション」のキリアン・マーフィら豪華キャストが集結したクライムアクション。1970年代、ボストン。銃の取引のため、寂れた倉庫に2組のギャングがやって来る。しかし交渉はこじれ、口論の末に壮絶な銃撃戦が幕を開ける。クセ者ぞろいの悪党たちが罵声を放ちながら銃を撃ちまくる姿を90分間ワンシチュエーションでハイテンションに描き、2016年・第41回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で最高賞にあたる観客賞を受賞した。監督は「ハイライズ」のベン・ウィートリー。

作品データ

原題 Free Fire
製作年 2016年
製作国 フランス・イギリス合作
配給 REGENTS
上映時間 90分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

特集

これぞ“映画フリークのためのGW激オシ”作品!!スコセッシ×ギャングによる《90分ノンストップ銃撃バトルロイヤル》最高にエッジの効いたこのクレイジー・アクションを紹介させてくれ!
クセ者、キワ者が勢ぞろい! 90分間ノンストップの大銃撃戦がいよいよスタート!

「沈黙 サイレンス」の巨匠マーティン・スコセッシが製作総指揮を務め、トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門の観客賞を受賞した、最高にクレイジーなアクション映画を映画.comが発見! 90分間全編が壮絶な銃撃バトルロイヤル。4月...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

殺すことも死ぬこともできない男女10人の密室バトルを描いた異色の銃撃戦映画
フリー・ファイヤーの映画評論・批評

かつて銃撃戦はアクション映画の華やかな呼び物だった。洋画ファンはクリント・イーストウッドやチャールズ・ブロンソンらが渋いポーズで銃を構えるポスターに見惚れ、期待をふくらませて映画館に通った。ところが1980年代以降にSFXやらCGやら...フリー・ファイヤーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全57件)
  • エキセントリックな監督が放つ渾身のアクション快作 英国でいま最もエキセントリックな監督として注目を集めているのがベン・ウィートリー。人によって好き嫌いが分かれるところだが、それでも常人には決して成し得ない唯一無二の個性を持った作品を作り出すこと... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年4月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 2回は見ないけど印象的 贅沢な箱庭映画でした。ニヤニヤしながら登場人物のキャラとセリフを見れなかったら厳しい映画ですね。混沌とした映像を見せつけられてアホらしくなってきますが。 ...続きを読む

    ほんげ ほんげさん  2018年8月22日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • いまいち 内容は無い。ぼーっと見るには良いかな。 ...続きを読む

    フィル フィルさん  2018年6月20日  評価:1.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「フリー・ファイヤー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi