フリー・ファイヤー

劇場公開日:

解説

マーティン・スコセッシ製作総指揮の下、「ルーム」のブリー・ラーソン、「コードネーム U.N.C.L.E.」のアーミー・ハマー、「チャッピー」のシャルト・コプリー、「インセプション」のキリアン・マーフィら豪華キャストが集結したクライムアクション。1970年代、ボストン。銃の取引のため、寂れた倉庫に2組のギャングがやって来る。しかし交渉はこじれ、口論の末に壮絶な銃撃戦が幕を開ける。クセ者ぞろいの悪党たちが罵声を放ちながら銃を撃ちまくる姿を90分間ワンシチュエーションでハイテンションに描き、2016年・第41回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で最高賞にあたる観客賞を受賞した。監督は「ハイライズ」のベン・ウィートリー。

2016年製作/90分/PG12/フランス・イギリス合作
原題:Free Fire
配給:REGENTS

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown

映画レビュー

4.0エキセントリックな監督が放つ渾身のアクション快作

2017年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

英国でいま最もエキセントリックな監督として注目を集めているのがベン・ウィートリー。人によって好き嫌いが分かれるところだが、それでも常人には決して成し得ない唯一無二の個性を持った作品を作り出すことで知られる。とはいえこの新作はいつもに比べてかなりメジャー寄りというか、エンタテインメントを追究した作品に仕上がっていることに驚いた。「この奇才と組みたい」と集まった実力派俳優たちの顔ぶれも豪華なら、その期待に応えるべく彼らを倉庫内に這いつくばらせ「限定状況下」へと叩きおとしたウィートリーの度胸も見上げたもの。その甲斐あって、無駄のないセリフとアクション、緊迫感と緩さが絶妙に溶け合った快作が誕生した。銃弾一発で急所を撃ち抜かれて死ぬ者もいれば、足や肩をちょっとずつ負傷して動けなくなってしまう者もいる。そんな彼らが織り成す、スピード勝負ではなく、足引きずりつつの超スローな攻防戦もアイディア満載で楽しい。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
牛津厚信

4.0観やすい👍

2022年6月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

ワンシチュエーション、楽しい👏
ブリー・ラーソン、良い意味で普通🙌

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ヒックス伍長

3.0ガン・バイオレンスの超絶版

2021年6月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
odeonza

3.0ちょっとくどいかなー。

2021年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

銃撃戦を期待し、スッキリ楽しもうとしたがなんとも。

確かに銃撃戦ではあるが、自動小銃ではなくほぼピストルでのやりとり。

緊迫感等は開始直後にはあったが、どんどんと同じシチュエーションなので中だるみ。

しかも撃たれてもしぶといこと(笑)

ストーリーも特に目を引くものはなかった。

キャストは豪華であり、演技も秀逸ではあるが、それぞれの設定やドラマが微妙なのも残念。

しかしカメラワークや展開は楽しめた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ポップコーン男
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る